UTAブック図書館基金規約
 

 

 「UTAブック図書館基金」は、「UTAブック」から発行する出版物および関係団体から発行する「意識の世界」に関する啓蒙書を、全国の公共図書館、 大学図書館に配備し、多くの人たちに「人間の本質」を知ってもらいたいと願う全国の有志の方々の思いを形にしていきます。

平和を目指し、「戦争反対」とかけ声をかけ運動する多くの人たちがいます。でも、それら多くの人たちは、外にある「戦争」をなくそうとするばかりで、自分の中に抱えた「戦争」を見ようとはしていません。「職場」で、「家庭」で、同僚、上司、舅、姑、夫、妻……それらの人たちと心の中で戦っていないでしょうか?  自分のなかにある「戦争」に気付かず、外にある「戦争」をやめさせようと必死になっている。これが「意識の世界」の真実に気付かない私達の実態です。私達は、自分が映写機であることに気付かず、壁に映し出された虚像を変えようと必死になっているのです。フィルムを変えれば、映し出される影像も変わっていくはずです。この簡単な真実を伝えていく「本」を、全国の図書館に寄贈し、多くの人たちが、「自分たちのやっていることはおかしい、これでいいのだろうか」と気付くきっかけになればと思っています。

このため、UTAブックから全国図書館に寄贈するに相応しい新刊が発行された時、全国の有志から図書館寄贈を募り、日本図書館協会の資料発送サービスを利用したり、あるいは融資の方の協力で、その集まった金額に応じて寄贈図書館数を決定し、該当する新刊を寄贈していくものです。