HOME

はじめに

目次・内容

著者紹介

お求め方法


初版「ありがとう」から十年の歳月を経て

このたび、絶版となっていた「ありがとう」が、十年の時を経て再び息 を吹き返す運びとなりました。私は、初版(二〇〇六年)当時、そしてそ こからもう少し遡って二〇〇〇年辺りを、懐かしく思い起こすいい機会を いただき喜んでいます。

復刻版「ありがとう」発刊に際し、初版本を久々に手に取り読みました。 『私は、今、「私の人生は幸せです」と胸を張って言えます。自分自身に言 えるのです。だから私は幸せだと思います。誰がいるからとか、何がある からではなくて、私は自分の存在そのものが嬉しいと、今本当に心から思っ ています。』という箇所があります。 この思いを、私は今日まで大切に自分の中で育んできました。二〇年余 り前に、自分の心を見るという学びを始めた私が、最初に田池留吉という 方に言われたことは、「あなたは、喜びが少ないですね」ということでした。

そうでした。それまでの私は何でも当たり前として生きてきました。あっ て当たり前、してくれて当たり前だった私に、初対面の方にズバリ言われ たその言葉は本当に衝撃的でした。 今思えば、田池留吉氏は真っ直ぐに「あなた、間違っていますよ」と限 りない優しさと温もりで伝えてくれていたのでした。 その田池留吉氏との出会いからすでに、二〇年余りの歳月が流れました。 学びは人生だと言われ、セミナーに心血を注いでくれた田池留吉氏も、去 年二〇一五年(平成二七年) 十二月に九十歳でその生涯を閉じられました。 私は、一九九三年(平成五年)四月から宿泊を伴うセミナーに参加させて いただき、波動の世界の真実を学ばせていただいてきましたが、まさにこ れからが正念場だと思っています。「人間は肉ではなく、意識であって永遠 に存在するものである」と伝えてくれて、セミナーにすべてを注いでくれた田池留吉氏の思いを熱く受け取っていこう、いかなければと心新たにし ています。 (中略)

先に申しました通り、二〇〇六年に書き上げた「ありがとう」は、私にとっ て学びの原点です。「ありがとう」復刻版発刊を機に、さらなる一歩をと思っています。
それでは、十年前に時を戻してまいります。

出版社から未知の読者へ

「ありがとう」を読まれていかがでしたか? まだでしたら、まず読んでみて、ここに書いてあることを思いだしてください。人生の転機がここに潜んでいるかも知れません。(以下、読まれたことを前提に話を進めます。)
 もし、あなたがこの本を読まれて、「自分は何のために生まれてきたのだろう?」……あなたの中に古くから眠っている、そんな疑問を少しでも呼び覚ませたのなら、この本が生まれてきた目的は達せられたのかなあと思います。
 でも、せっかく呼び覚まされた思いも、そのままでは、あなたの心の奥深くへ、またまた沈み込んでしまい、次に呼び覚まされるのはいつのことか分かりません。あなたが、この疑問と出会い、「自分自身と向き合ってみよう」「本当の自分に出会ってみたい」、そう感じておられるなら、「意識の世界」への入り口を、少しでも体験してみてください。
 UTA ブックでは、そんな方のために、随時「意識の世界への架け橋」として体験型のセミナーを用意いたします。関心のある方は、このハガキで、ご連絡ください。直近の日程を連絡させていただきます。