UTAの輪の中でともに学ぼう・索引

(※番号をクリックしていただくと、その項目の頭が出ます。
また右端の音声の項目ですが、ここにはセミナー会場や瞑想会の機会等に、塩川香世さんが朗読されたものをできるだけ抜き出し「宇宙を思って瞑想しましょう」という音声ブログに収録していっています。ポッドキャスト「ともに瞑想を」で朗読されたものについては従来通りです。)
UTAの輪の中でともに学ぼう


UTAの輪の中でともに学ぼう

No

書き出し

年月日
音声
1918 肉からの脱却。難しいことだけど、そうできる道筋を伝えてもらい、学ばせていただいてきました。 2020.02.29  
1917 愚か過ぎる肉はもうどうでもいいというのではないけれど、周りと無用なトラブルさえ引き起こさなければ、ある程度許されていると思っています。 2020.02.28  
1916 母なる宇宙へ帰る、温もりの喜びの中にひとつに溶け合っていく喜びと幸せ、それを私達は切望してきました。 2020.02.27  
1915 肉を持って生活をしていく中には、それこそ色々とあります。形の上で、肉の思いとして、これはいいこれはだめと振り分けて、自分の思い通りになっていけばそれでよかった、嬉しい、幸せだと単純に生きてきたのが私達だと思います。 2020.02.26  
1914 よかった、嬉しかったです、そう笑顔で言って帰っていかれるのが嬉しいです。色々と学びの友のご協力をいただくから、「ともに瞑想会」が開催できます。全部お膳立てをしていただいて、本当にありがとうございます。 2020.02.25  
1913 ともに行こう、ともに生きていこう、そんな力強い呼び掛け、いざないに心で応えていける喜びと幸せを存分に味わっていきましょう。 2020.02.24  
1912 今世をラストチャンスととらえてください。今世の学びを通して自分の心に感じたものを足掛かりにして、それぞれにこれからの転生を迎えます。 2020.02.23 第3回ともに瞑想会で収録
1911 「宇宙を呼びたかった。宇宙を思いたかった。」どうでしょうか、あなたの心にこの思いが響いてきていますか。 2020.02.22  
1910 愚かな自分を知っていくことが嬉しい、そういうふうに心が広がっていますか。 2020.02.21  
1909 学びに触れさせていただいたこと、繋がったこと、これが何よりも何よりも幸せなことでした。自分が計画してきたことですが、本当に見事に的中したありがたさを感じずにはいられません。 2020.02.20  
1908 一回でも多くともに瞑想をする時間と空間を共有したいという思いで、2月志摩セミナーも終了しました。セミナーの時間と空間を本当に大切にしていこうと思います。 2020.02.19  
1907 志摩セミナー巻頭メッセージ/ただ一点を思い、その一点と共に肉を流していく生き方をはじめましょう。 2020.02.19 2020.02
志摩セミナー
で収録
1906 頭がいいと思っている人は、頭が納得しない限り、学びの中で伝えていただいていることは半信半疑だと思います。半信半疑というのは、半分信じて半分疑っているということでしょうが、学びについては全部疑っているということになります。 2020.02.16  
1905 どんな自分でも許されてきました。受け入れてもらってきました。けれど、愚かな肉は許さない、受け入れない、認めないと叫び続けてきました。 2020.02.15 2020.02
志摩セミナー
で収録
1904 苦しみながらもがきながら、自分の中で必死になって答えを見つけ出していく、あっちにぶつかりこっちにぶつかり、絶望を幾度も味わいながら、それでも自分の中の思いに応えていこうとする、粘り強くそれを遂行していこうと転んでは立ち上がる、あなたもそんな学びの過程を経てきましたか。私は、そういうことを繰り返してきました。 2020.02.14  
1903 次の反省文を一読ください。
徹底的に膿を出す。心の底から膿を吐き出す。
2020.02.13 2020.02
志摩セミナー
で収録
1902 今世、始まったばかりだと伝えました。愛、心のふるさとへ帰る道筋を今世の肉を通して、初めて示されたのでした。 2020.02.12 2020.02
志摩セミナー
で収録
1901 真剣に、真摯に、素直に、ただひたすらに、という表現しか出てきません。愛、心のふるさと愛へ帰る道は険しくて厳しくて、けれど喜びです。いいえ、喜びだけなんです。険しい、厳しいと感じるのは、それだけ私達が本来の軌道から遠くに外れたところにあるということでした。 2020.02.11  
1900 肉から意識への転回。250年、300年の時間を必要とするでしょう。激動の時間。肉の思いをきっちりと転回していく喜びの時間でもあります。 2020.02.10  
1899 あなたの周りの人達、世の中の人達が何を語り、どんな思いで日々生活をしようとも、あなたの心の向け先は自分の中です。自分の中の自分、本当の自分をしっかりと知って、そしてその本当の自分と向き合う時間を過ごしましょう。 2020.02.09  
1898 心を向ける、向けられる喜びをどんどん感じていますか。瞑想をする時間を生活の中で確保してくださいとお伝えしています。そういう生活習慣の中に身を置くということは、学びをしていくについて絶対に必要なことです。そして、瞑想をするのが当たり前ということになっていけば、あと何をしていても、ふっと瞬間思うというのも当たり前となってきます。 2020.02.08  
1897 2020年4月以降の「ともに瞑想会」についてです。 2020.02.07  
1896 真実に目覚めていこう、本当の自分に帰っていこう、そう思いを決めた意識とともに歩みを進めていく、私の中はそうです。 2020.02.07  
1895 あなたにはあなたの、私には私の愛へ帰る予定のコースがあります。ともに今世、肉をもらって学びに集わせていただきました。どうぞ、自分の予定のコースを遂行してください。 2020.02.06  
1894 本当のことを知ってその道をしっかりと生きていこうとしているのか、それとも、まだまだ肉、形ある世界に思いの比重を傾けている、いいえ、やはり形あるものから抜け出せないでいるのか、見た目は同じようであっても、全く違う世界に別れていきます。 2020.02.05  
1893 学びをしていけば形が整ってくるということを、自分はどのようにとらえているか、それもまた自分の中の他力のエネルギーを確認するのにいい問いかけだと思います。 2020.02.04 英訳あり
1892 かけがえのない時間、空間、そして肉、環境です。本当の自分と出会うために、すべて自分で用意してきた今です。 2020.02.03  
1891 自分の決めてきた予定通りの道を歩いている今か、それぞれに検証が必要です。自己判断のもと、これからの生きていく方向がきちんと定まっていれば、それでいいです。 2020.02.02  
1890 自分に用意してきた肉、環境、その他本当の自分に帰る道を確立するために用意してきたもの、それらを今世こそしっかりとその目的に沿って最大限に活用して、予定通り、望み通り、250年後の三次元最終のお勉強に備えましょう。 2020.01.31  
1889 肉の繋がりがあってもなくても、ともに思うは田池留吉一筋の道を歩いていこう、肉はよたよたしながらも、ともに自分達のふるさと、愛、母なる宇宙へ帰る道をともに歩いていこう、そんな仲間の輪が広がっていけば、こんな幸せなことはありません。 2020.01.30  
1888 ようやくここまで辿り着いた、率直な私自身の思いです。 2020.01.29 1月27日志摩セミナーで収録
  塩川香世さんから「ともに瞑想会」について、お話がありました。 2020.01.27 1月27日志摩セミナーで収録
1887 思うは田池留吉です。これしかないんです。どんな理屈、思いを語ろうとも、「あなた、田池留吉の世界を知っていますか、信じていますか。」のメッセージにどのような返答ができるかだけです。 2020.01.26 1月26日志摩セミナーで収録
1886 数え切れない真っ暗な転生を重ねてきて、三次元最終時期をもう間近に迎える段階となっています。肉としてどんな人生を描いていくかということだけに心を砕くことは、私としてはもう卒業です。どんな人生であっても、間違いだらけの人生に喜びも幸せも何もなかったことを学習しました。 2020.01.25  
1885 どんなに苦しくてもいい、もがきながら苦しみながら、それでも私はここに今肉を持って学びの時間と空間の中にあるんだと思うならば、苦しみながらも、もがきながらも、嬉しい、ありがとうの思いが、涙とともに出てくるはずです。 2020.01.24 1月28日志摩セミナーで収録
1884 ただ真っ直ぐに自分の決めてきた道、約束してきた道を突き進んでいく喜びと幸せを感じていますか。自分が決めてきたんです。自分と約束してきたんです。ふるさとの歌詞に思い出してくださいとあります。思い出せましたか。 2020.01.23 1月27日志摩セミナーで収録
1883 今世、始まったばかりの学びです。真実の波動の世界を知っていく学びです。それは今世始まりました。そしてあと300年です。地球時間で言うと、この間に自分にしっかりと結果を出さなければなりません。 2020.01.22  
1882 300年なんて本当にあっという間です。学びをしてどのくらい年月が流れていますか。あっという間に20年、30年、40年ではないでしょうか。 2020.01.21  
1881 自分の中に思いを向ける。宇宙にはたったひとつの自分の世界が存在することを感じ、ああ、ここだこの世界だったんだと思えるようになっていけば、もうそれだけでいいと分かってきます。 2020.01.20  
1880 学びを進めていてどうでしょうか。自分の物の見方、とらえ方、価値基準変わってきたと感じておられますか。それともその変化をまだまだ実感できませんか。 2020.01.19  
1879 「ともに瞑想会」、参加希望の方全員参加していただくことがベストですが、現実はなかなかそうはいきません。昨日、クレオ大阪中央の会場近くの物件をあたりましたが、音漏れが壁となってダメでした。 UTAブックさんのほうでは、参加ご希望に100%添えないというのは申し訳ないと思っておられるようですが、私は「ともに瞑想会」が継続できればそれでいいと思うだけで、あとのことはあまり考えていません。 2020.01.18  
1878 漆黒の闇が広がっていることを感じていますか。それでも臆せずに真実の自分と出会っていく道を行きましょう。 2020.01.17  
1877 2月の「ともに瞑想会」にも、たくさんの方が申込みしてくれました。ありがとうございます。収容人数の関係で全員とはいきませんが、またともに瞑想をする機会をいただいて嬉しいです。 2020.01.16  
1876 12、3年前に母と同居を始め、1年前に仕事を辞め母と接する時間が長くなりました。 2020.01.15  
1875 宇宙。大きな課題でした。今の肉を通してようやく、その大きな課題に向けて自分を進めていける確信を持てたこと、それは真実の波動との出会いがあったからでした。 2020.01.14  
1874 「ともに瞑想会」、ありがとうございました。開催にあたり多くの方にお世話していただいて感謝です。 2020.01.13  
1873 ともに学んでいこうと、ともに同じ方向を向いてしっかりと学んでいこうとする輪が広がっていけばいいし、固くなっていけばいいと思います。 2020.01.13 第2回ともに瞑想会で収録
1872 正しいものなんて何もありませんでした。何もありませんでした。ここはここだけは、これだけはと頼みの綱がそれぞれにあるのではないでしょうか。

2020.0112

第2回ともに瞑想会で収録
1871 学びの友からのメールです。一読ください。 2020.01.11  
1870 学びを進めていくひとつの好条件に、若いということがあります。意識の世界には年齢など何も関係しませんが、肉を持って学ぶという設定の中においては、若いというのはやはりひとつの大きな条件です。 2020.01.10  
1869 今、肉を持っているから、その肉を通して色々なことを見て聞いて瞬間出るエネルギーを学ぶことができます。 2020.01.10  
1868 学んでいるならば、決断すれば真っ直ぐに突き進む、ただそれだけです。 2020.01.09  
1867 ともに歩いていく、ともに生きていく喜びと幸せを確かなものとしてください。肉の自分を自分だとしていては、そんな喜びと幸せは絶対に分かりません。 2020.01.08  
1866 自分に用意してきた肉、環境、時間です。形ある中で、自分もまた形を持っているというその本当の意味、訳を心で知るということは、大変難しいことでした。 2020.01.07  
1865 今日からまた世の中は動き出します。東奔西走、泣き笑いのうちに、あっという間に時間が過ぎ去り年齢を重ねていきます。 2020.01.06  
1864 寝ても覚めても田池留吉一筋の道。それでもまだまだ不十分でしょう。それほど肉に塗れてきた私達です。 2020.01.05  
1863 思うは田池留吉です。思うは田池留吉一筋の生き方を自分は本当にしているか、確認、確認の日々をお過ごしください。 2020.01.04  
1862 2020年、年明け早々、学びの友とともに瞑想をする時間空間を用意していただき、感謝です。 2020.01.03  
1861 学びに触れて思う喜びと思える喜びを心で知ったから、それぞれの心に係っているとはいえ、やはりともに学んでいこう、ともに歩みをと呼び掛けます。他力の道を歩き続け、真っ黒を垂れ流してきたのはみんな同じです。 2020.01.01  
1860 数日前の瞑想で、唐突に「私は核です。」と上がってきました。 2019.12.31  
1859 男も女もそして年齢に関係はありません。ただ自分の生まれてきた意味、訳を心で知り、本当の自分が指し示す方向に心の針を向けて合わせて、間違ってきたたくさんの自分とともに生きていくことが喜びだと知っているか、心で分かっているか、それだけです。 2019.12.30  
1858 今日、第一回の「ともに瞑想会」が無事終了しました。UTAブックさんそして多くの方のご協力に感謝です。ともに学ぶ友がいる、最高に幸せだと思いました。 2019.12.28  
1857 自分にとって何が一番大切なのか、それぞれの時間の中で起こってくる色々な現象から自分に問いかけてくるでしょう。 2019.12.28  
1856 みんなとともに、たったひとつの方向を目指して生きていける、そんな嬉しい楽しい喜びの中にいます。もちろんそこに至るまで、それぞれに厳しい険しい道のりがあります。心を外に向けていては脱落していきます。自らを苦しみの奥底に落としていく危険性はまだまだ多々あります。 2019.12.27  
1855 アメリカに在住の方達と少々瞑想をする時間を持たせていただきました。距離的、経済的その他の理由で日本でのセミナー参加は難しいけれど、お互い定期的にZOOMを使って瞑想をされているということなので、ぜひ継続してください。 2019.12.27  
1854 「ともに瞑想会」、肩に力を入れてよしやろうという思いはありませんが、何かやはり嬉しいです。慣れ親しんだ場所ということもあると思います。 2019.12.26  
1853 学びの友からのメールです。一読ください。 2019.12.25  
1852 時来たれりをゆっくりと待つ。思うは田池留吉一筋の道を着実に喜んで歩みを進め、時来たれば、一気に心から喜びの雄叫びを放つ。 2019.12.25  
1851 形ある中に、私達は肉というひとつの形を持って生活をしています。 2019.12.24  
1850 ゆるりとゆったりとした中に身を任せ、思う喜びと思える喜びを味わう、特に何をするでもなく、ただその喜びの時を重ねていく、幸せな人生の終わり方だと思います。 2019.12.23  
1849 本当のことを心で知って生きていく人生と、そうでない人生、一人の人間としてそれぞれ同じように時間と空間を共有しているかのように見えても、実際は全く違います。 2019.12.22  
1848 250年後の来世のキーワード、ニュージャージー、ハドソン川、黒人、貧困、そしてアルバート。反響が大きいと感じています。 2019.12.21  
1847 学びの友からのメールです。一読ください。 2019.12.21  
1846 難しいことなんて何もありません。むしろ、肉の世界は複雑怪奇でややこしくて難しい。非常に重たい。幸せと喜びを感じるのに、こんな重たい中を生きてきたのかと思います。 2019.12.20  
1845 どんなに愚劣な自分がここにあっても、今ここにあることが嬉しい。ここにあることが幸せです。思えるからです。 2019.12.19  
1844 この世にはいい人など存在しません。肉的には確かにいい人はいるでしょう。けれど、心、意識の世界は真っ暗闇です。肉を持ってくるということはそういうことです。例外はただの一人もありません。 2019.12.18  
1843 UTAブックさんのホームページの中、あずけーる、読者投稿のコーナーに、Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん、Gさんのそれぞれの反省文が掲載されています。読んでいただいていますか。 2019.12.17  
1842 学び一本に自分の肉を持つ時間、つまり人生をそこに集中させる、ある程度の年齢になれば、そういう方向に自分を進めていきましょう。 2019.12.17  
1841 全く予定通りとはいえ、今世学びに繋がったことを本当に嬉しく思います。次元移行という意識の流れを心に感じて、本当に宇宙に母なる宇宙へ帰れるんだという喜びと幸せを知りました。 2019.12.16  
1840 今世、学びに触れた人達、一人でも多くの方と250年後の最終時期に出会いたい、そして、ともに喜びを共有したい、そう思います。 2019.12.15  
1839 意識の流れを思うともう嬉しくてありがたくて、本当に何と幸せなことかと思います。こうして、今肉を持って宇宙を思える、宇宙に思いを馳せる時間がある、それはそれはすごいことでした。 2019.12.14  
1838 喜んで楽しんで、今、自分を学べる時を過ごしていきましょう。どんなむごたらしい自分の世界であってもいいんです。それをはっきりと心に感じられることが喜びです。 2019.12.13  
1837 私は恵まれています。物質的に何の不自由もなく、そして私の周りにいる学びの友にも恵まれています。学びの環境は申し分なく整えられています。 2019.12.12  
1836 またひとつ、セミナー、学びの友とともに学ぶ時間と空間を通過しました。 2019.12.12  
1835 ふるさとへ帰る、母なる宇宙へ帰る、その道筋をしっかりと心に見極めた今、どんなに間違った世界を広げてきたかを感じられることがただただ喜びです。 2019.12.11  
  第17回UTAの輪セミナー巻頭言 2019.12.08 第17回UTAの輪
セミナーで収録
1834 今日からセミナーです。また嬉しい学びの時間と空間を共有できます。ただただ幸せだと思います。 2019.12.08  
1833 自分が肉を持って生活をしている場所が仮に沈んでいっても、自分の心、意識の世界は沈み込むことのないように、日々、学んでいきましょう。 2019.12.07  
1832 日本列島、揺れています。今の揺れなど大したことはありません。  2019.12.06  
1831 生き方は単純でいい、シンプルが一番です。複雑怪奇は御免です。学びについて、はい、いいえの意思表示も明確に。 2019.12.05  
1830 頑張らなくても気張らなくても、淡々と学んでいけばいい。ただし、自己流は効果なしで、やはりそこに素直さというか、真摯さというか、真っ直ぐというか、そういうことは絶対条件でしょう。 2019.12.04  
1829 学びに上も下もありません。学びはいわゆるピラミッドではありません。頂点など存在しません。ただ、UTAの輪、輪があります。輪の中心は愛です。 2019.12.03  
1828 それぞれが自分で決めてきた真実への道のルートがあります。真っ暗闇の中から這い上がってきたという事実は共通しています。ただし、本当にその真っ暗闇から抜け出していけるかどうかは、それぞれが決めていきます。 2019.12.02  
1827 嬉しいですよね。自分の中へ帰れることを知った心に、間違い続けてきた自分が次から次へと顔を出します。肉に塗れ肉に溺れてきたなれの果てを、心で感じられることが、それが喜びなんです。 2019.12.01  
1826 「ともに瞑想会」の復活にあたり、動いてくださる学びの友に感謝です。 2019.11.30  
1825 瞑想は喜びです。瞑想はただ嬉しいだけです。アルバートと呼べることが現実となっている今、本当に嬉しい、幸せです。 2019.11.30  
1824 心に届けてくれた波動の世界。心に届いた波動の世界。幸せな人生です。 2019.11.29  
1823 それぞれ自分の今世の閉めに向けて、時間を過ごしていきましょう。限りある肉の時間です。私達の時間は限りなく続いていきますが、肉の世界は違います。今世の肉を通して学ぶべきことは学び、肉という周辺の諸々は段々にシンプルにしていきましょう。 2019.11.28  
1822 肉の愚かさを並べ立てても仕方がないことです。切りがないからです。けれど、その愚かな肉を持っているからこそ、自分の心の叫び、心からの叫び、私は切なる思いと語らせていただいていますが、その思いを知っていくことができるんです。 2019.11.27  
1821 お互い愚かな肉を持って学びを進めていこうとする喜びの中にあります。 2019.11.26  
1820 思うは田池留吉一筋の道。喜びの合言葉です。一人ひとり様々な環境の中にありますが、それぞれに自分を学べる幸せな人生の時間を過ごされていると思います。 2019.11.25  
1819 ともにある喜びをあなたもどうぞ心に広げていってください。 2019.11.24  
1818 学びの友がいる。肉の有り無しに関わらず、私には学びの友がいる。それを心に感じられる自分自身が一番幸せだと思います。 2019.11.23  
1817 12月28日開催予定の「ともに瞑想会」の参加予定者が決定しました。 2019.11.22  
1816 生れてきた本当の意味、肉を自分に用意してきたという事実、それらが心で分かれば、こんなに幸せな自分はなかったとしみじみ思えます。 2019.11.22  
1815 限りある肉を持つ時間です。意識の私達はどこまでも、どこまでも永遠に存在していますが、肉は形あるものですから、いつまでもというわけにはいきません。自分に肉という形を用意してきたこれまでだったんだ、それはなぜだったのかと、心で感じ始めると、肉を持っている今、生き方が少しずつ変わってくるでしょう。 2019.11.21  
1814 自由に伸び伸びと喜んで喜んで学んでいきましょう。肉、形の世界には色々と制約があります。窮屈です。 2019.11.20  
1813 思う喜び、思える喜びです。どうぞ、あなたもそしてあなたも、この喜びをしっかりと自分のものにしてください。 2019.11.19  
1812 今日、学びの友との談笑の中で、確認しておく必要があると思ったことがあります。以下の文章は、NPO法人UTAの輪の会報第一号に掲載された私の原稿です。 2019.11.18  
1811 お金で繋がっている関係ほどみじめで哀れで哀しいことはありません。同様に実体のない神、仏、何とかのパワーを求める生き方もそうです。 2019.11.18  
1810 学びの友からのメールの中に、次の一文がありました。 2019.11.17  
1809 「ともに瞑想会」について、少し語らせてください。 2019.11.16  
1808 肉では色々とあるでしょう。またいつも元気でというわけにはいかないかもしれません。その中においても、やはり思うは田池留吉一筋の道です。田池留吉、もちろん人の名前ではありません。たったひとつの真実の波動の世界です。自分自身です。田池留吉は自分自身です。それが本当に心で分かったならば、もう何も言うことはないでしょう。思う喜び、思える喜びです。 2019.11.16  
1807 今日、12月から復活する「ともに瞑想会」の会場を見てきました。不都合が出るか実際にやってみないと分かりませんが、許容人数100名全部椅子席でという方向で行う予定です。その会場の隣室も50名~60名位ならば十分の広さがありました。 2019.11.15  
1806 自分の本質を知っていく学びです。無知とエゴと欲で凝り固まってきた自分を本来の自分に返していこうとする学びです。 2019.11.15  
1805 楽しく喜んで学びの時間を持つことが幸せなことです。ですが、同時に愛へ帰る道は厳しく険しいことをしっかりと感じていくことが大切です。 2019.11.14  
1804 私は本当の喜び、幸せを知っています。あなたはどうですか。そう断言できますか。断言できることが喜び、嬉しい、ありがとうのエネルギーをどんどん宇宙へ流していきます。愛へ帰るエネルギーです。 2019.11.13 2019年11月
志摩セミナー
で収録
1803 あなたは今世の閉めに向けて学びを遂行していますか。今世をどのように閉めていくか、それぞれに大きな課題です。老いも若きも関係ありません。年齢に関係なく、今元気であるかどうか関係なく、みんな死に向かっていることは確かです。肉を持っている以上、肉を置く時が来ます。 2019.11.10 2019年11月
志摩セミナー
で収録
1802 満を持して今世に臨んできたと心で感じられる、それが本当の意味で敏感な心と言えると思います。 2019.11.09  
1801 何でもそうです。物事にはポイントというものがあります。枝葉のところでごちゃごちゃやっていても効率は上がりません。 2019.11.08  
1800 250年後が待ち遠しいです。今が250年後、250年後は今、意識の世界はそうなんですけれど、けれど、やはり地球上の肉の時間を経て、互いに肉という形を用意して、そしてそこから発信していく喜びと幸せを味わい尽くしていこうというのが意識の流れの計画の一端です。 2019.11.07 2019年11月
志摩セミナー
で収録
1799 肉を持つ時間を自分に用意した、その喜びと幸せ、かけがえのない現実を、限りある肉持つ時間の中で味わって味わっていくだけです。 2019.11.06  
1798 ともに心を向ける喜びをあなたもどうぞ、しっかりと自分の中に育んでいってください。肉を持って今何をするべきなのか、心に問いかければ、もうすでに答えは出ているはずです。 2019.11.05  
1797 歩みをともにする喜びを心に広げていきましょう。心を向ける喜びと幸せを今世の肉を通して知りました。その喜びと幸せを、どんどん自分の中に広げていってください。 2019.11.04  
1796 自分のこれからが見えている、心に感じられる、その喜びをあなたも、そしてあなたも味わっていますか。 2019.11.03 11月2日の
Zoom瞑想会
から収録
1795 私には選択肢がありません。意識の私の世界はもちろんもう言うまでもありません。そして、肉の私の世界にも選択肢がないんです。 2019.11.02  
1794 想定内、想定外を問わず、色々な出来事が起こってきます。それぞれに自分の心を揺さぶる現象が用意されています。 2019.11.01 10月31日の
ライブから収録
1793 お互いに肉は愚かです。ただ、真の正しい方向へ自分をいざなっていくか否かの違いにより、互いに愚かな肉を携えてきたけれど、愚かな肉は愚かでなくなります。 2019.10.31  
1792 心の針を向ける、合わせる、このトレーニングに励みましょう。 2019.10.30  
1791 どうしようもない地に落ちた意識だから、だから、今世の肉を通して、田池留吉を呼べる、アルバートを思えることが、ただただそれだけがただただ嬉しいです。 2019.10.29  
1790 出会うべくして出会ったことを確信していますか。偶然に、何となく、幸運にも、それらの表現は、田池留吉の意識の世界との出会いに関しては、どれも不適切です。私達は出会うべくして出会ったんです。 2019.10.29  
1789 地に足をつけて、着実に自分の学びの歩みを進めていくことが大切です。 2019.10.28 第17回UTAの輪
セミナーで収録
1788 私は、田池留吉の意識の世界の証し人です。それは確かなことです。それは自分が作ってきた闇黒の宇宙を心に感じ始めたことから始まりました。 2019.10.27  
1787 長い、長い、気の遠くなるような長い時間の中で、自分を落としに落としてきたけれど、けれど、そんな地に落ちた意識も今世、千載一遇の出会いを用意して、ようやくです。 2019.10.26  
1786 アルバートの波動と出会ったこと、アルバートと心の底から奥底から喜びで、喜びで呼べること、250年後の予習を今世の肉はさせていただきました。 2019.10.25  
1785 宇宙に思いを向ける瞑想、楽しんで喜んでその肉のある限り継続してください。意識の世界は限りがありません。つまり、私達の世界はどこまでも続くどこまでも広がっていく世界です。 2019.10.24  
1784 「ブラックのエネルギーがあるから、次元移行を伝える意識の流れは達成される。私の世界がいくら真実であっても、それだけでは難しい。すべては私の世界とブラックのエネルギーとが成していくことだ。」 2019.10.23  
1783 学びの友からのメールです。少々長いですが一読ください。 2019.10.22  
1782 「私は帰ります。」「どこへ。」「私のふるさと、母なる宇宙へ。」はっきりと自分の中で確認できていますか。 2019.10.22  
1781 帰りたい、帰ろう、みんなどんな人もそんな心の叫びを抱えて肉をもらいます。 2019.10.21  
1780 あなたが幸せならばそれでいいんです。幸せ、あなたの思う幸せとは何ですか。物に溢れ金に満たされ人との繋がりがあってというそんなちっぽけなものではないことは分かっておられると思います。 2019.10.20  
1779 宇宙を思って瞑想をしていますか。自分の中に母の温もりが確立しているとはっきりと感じておられる方は、どうぞ、宇宙に思いを向けてください。 2019.10.19  
1778 先にも語りましたが、学びの灯は消え去ることなく、世代を超えて引継ぎが行われていくことに期待しますが、残念ながら、その方向は段々にずれていくという現実は確かにあります。 2019.10.19  
1777 本当の意味で賢い人になりましょう。頭がどんなに切れても、頭の回転かよくても、世間に通用する心得があっても、そんなものはほんのつかの間のものです。 2019.10.18 第17回UTAの輪
セミナーで収録
1776 肉から意識へ、私達に示された課題です。難しいけれど、そのハードルを飛び越えていくしかありません。飛び越えていって初めて見えてくる真実の世界です。 2019.10.17  
1775 長く学ばれてきた学びの友の現状が耳に入ってきます。 2019.10.16  
1774 自分の本当の姿を見失い愚かに生き続けてきた私達です。どんなに苦しい中を生きてきたか。 2019.10.15  
1773 嬉しいお話を聞かせていただきました。今学びに触れておられる方達のお子さん、若い世代ですね、そういう方達が近い将来セミナー参加ということになるかもしれません。 2019.10.14  
1772 意識の流れの顕在化。それは形の世界を崩していくことです。その勢いはスピードを増していきます。そこに働くエネルギーの大きさも私達が未体験のものになっていくでしょう。 2019.10.14  
1771 それぞれに今世、学びに触れ学び始め、学びの時間を経過してきました。その中で、何を選び何に重きを置いて自分に残された肉を持つ時間を費やしていくかは、それぞれの問題です。 2019.10.13  
1770 自分に用意した時間です。こんなありがたいことはありません。肉を用意して、自分の培ってきたエネルギーをつぶさに感じ取れる、そしてそのエネルギーの本来帰るべきところも感じている、こんな環境の中に自分を置いているなんて、本当に私達は幸せ者です。 2019.10.12  
1769 自分を学ぶために、そして、自分を地獄の奥底から救い上げたい、本当の自分の世界へ帰っていこう、そういう思いで、自分に肉という形を持たせたということです。 2019.10.11  
1768 何を選び何を本当に自分の中心に据えて生きていこうとしているのか、どうぞ、肉を持って学びに触れている間に、自分にしっかりと問いかけていってください。 2019.10.10 2018年10月
志摩セミナー
1767 またひとつ、セミナーという学びの時間、空間を体験させていただきました。250年後の本番に向けて、どなたも自分を必ず繋いでください。 2019.10.08  
1766 肉基盤と意識基盤は全く違います。瞑想をして感じる世界にその違いははっきりと表れます。 2019.10.06 2018年10月
志摩セミナー
1765 宇宙を思う瞑想。果てしなくどこまでも広がっていく意識の世界に心を向けて合わせる。思いを馳せる、馳せられる今の幸せをどなたも心に深く感じてまいりましょう。 2019.10.05  
1764 一番大切な、いいえたったひとつの大切な大切なことを心で感じ知り得る、こんな幸せな転生は初めて、本当に幸せだと思います。 2019.10.04  
1763 UTAブックさんのホームページに掲載されていますが、10月17日、9時15分から15分程度、ともに瞑想をしていただく方を待っています。 2019.10.03  
1762 田池留吉、アルバート、そして宇宙を思うことがどんなに喜びで幸せか、それは心で感じるということがなければ、到底分からないことです。 2019.10.03  
1761 自分が自分に用意した肉を持つ時間。本当の自分が偽物の自分に用意した肉を持つ時間。さて、あなたはどのようにその持ち時間を過ごしていますか。 2019.10.02  
1760 私の中では明確な線引きがあります。できています。それは田池先生の肉がある間の学び、肉がなくなってからの学び。 2019.10.01  
1759 心から叫んでいる自分自身をしっかりと受け止めて、そしてもう帰りましょう。 2019.09.30  
1758 心の体験を重ねてください。学びの場であるセミナーは、それぞれがそれぞれの心で感じ体験して、そして、そこから自分の歩みを前に進めていくということに重点を置いています。 2019.09.29  
1757 欲に塗れ、金に塗れ、神、仏の世界があると信じ、宇宙のパワーを追い求め、自分を見失ってきた結果を、これまでに嫌というほどに味わってきました。 2019.09.28  
1756 肉の世界は複雑怪奇であっても、自分の住む意識の世界、思いの世界は出来るだけシンプルにしましょう。 2019.09.27  
1755 「出会いをありがとうございます。」目を閉じて思いを向けると、そんな思いがいつも上がってきます。 2019.09.26  
1754 みんな愛に、本当の自分に帰ることを切望しています。気付いているかいないかだけのことです。 2019.09.25  
1753 学びは誰彼の境なく積極的に勧めるというものではないと私は思っています。ましてや強制するものではありません。 2019.09.24  
1752 自分の中の落ちた意識、自分を確認して、そして瞑想。それが幸せだと感じられるのは、自分のこれから先を心で知っているからです。 2019.09.23  
1751 みんな中がドロドロのまま転生を繰り返してきました。そんな意識が自らのドロドロをしっかりと確認しようと、今世、肉を用意し学びに集う計画を立ててきました。 2019.09.22  
1750 ともに行こうと呼び掛けています。ともに意識の流れからのメッセージに従って次元を超えてまいりましょうと、ただその思いでいます。 2019.09.21  
1749 肉が必要だったんです。どうしても今世生まれたかった。それまでの転生以上に肉がほしいと申し出ました。何としても肉を持ち、そして出会うんだという思いを固く持ってきました。 2019.09.20  
1748 闇に沈むのは簡単、というかまだまだ闇に沈んだ状態だというのが現実でしょう。厳しい査定で学びと取り組んでいきましょう。 2019.09.19  
1747 本気になって学びと取り組む、つまりは自分と取り組む、そんな思いを心に自ら感じてこなければ、学びを完遂することは難しいでしょう。 2019.09.18  
1746 形の世界の総崩れ。これは意識の転回に必至の出来事です。 2019.09.17  
1745 何のために生まれてきたのか、やはりいつもそこに戻ってください。そこからいつも始めてください。 2019.09.16  
1744 これまでと同じ轍を踏むことのないように、今世の肉を持って学ぶ時間を大切になさってください。自分のために大切になさってください。 2019.09.15  
1743 もう時間はありません。感じておられると思いますが、1年あっという間に過ぎ去っていきます。あなたは学びに触れて何年経ちますか。その結果、今どうですか。あなた幸せですか。向いていく方向、大丈夫ですか。 2019.09.14  
1742 肉という狭い小さな中で自分が苦しみ続けていく愚かさに、一日でも早く心で気付いてください。 2019.09.13  
1741 自分の切なる思いを絶対に今世こそ実現する。固い決意のもと肉を用意してきたんです。私もあなたも同じです。ただその自覚があるかどうか、どの程度の自覚なのか、それはみんな違います。 2019.09.12  
1740 心ここにあらず。最近特にそんな思いが心に上がってきます。肉のことについて、強く心惹かれるものは何もなし。肉については、日々やるべきことを淡々と済ませていけば、もうそれで充分。 2019.09.11  
 

第16回UTAの輪セミナー巻頭言
「あなたの次の転生、さらに次の転生を経て、250年後の再会を必ず果たしてください。あなたを繋いでいってください。今世の学びをしっかりとして、必ず250年後に繋いでいってください。」

2019.09.08 第16回UTAの輪セミナー
1739 心のふるさと、母なる宇宙へ。すべてはその思いの表れでした。苦しみ続けてきたけれど、ようやく、ようやく今世の肉を通して、自分の生きていくべき方向が定まりました。 2019.09.08  
1738 嬉しい。嬉しい。思いをキーで打ち込みます。それが嬉しい。田池留吉、アルバートとひとつの思いが嬉しい。 2019.09.07  
1737 田池留吉を思う、アルバートと呼ぶ、思える、呼べる、どんなに幸せなことなのか、どんなに喜びなのか。これはそれぞれがそれぞれの心で、体験実感しないと、到底分かるものではありません。 2019.09.06  
1736 出会いを喜んでください。喜んでいきましょう。たったひとつのふるさと、自分達のたったひとつのふるさとは、愛です。母なる宇宙です。 2019.09.05  
1735 何を求めてきたか、何を探してきたか、そして、どの方向に心を向けていけばいいのか、みんな自分の中に答えがあるから、その答えを紐解いていけるように学びなさいと伝えていただきました。 2019.09.04  
1734 私は特に何も必要としません。ゆったりとした静かな時間と空間の中で、思いを馳せる喜びと幸せを知っているからです。 2019.09.03  
1733 肉が忙し過ぎるというのは、学んでいくあなたにとって決していい環境ではないでしょう。 2019.09.02  
1732 綿密に計画を立てそれを実行に移すという強くて固い決意、思いを抱えて今世生まれてきました。その思いはいつの瞑想の時も心に響き伝わってくる私自身の思いです。 2019.09.01  
1731 肝心要の世界が自分の中で確立しているかどうなのか、まずは自己診断をして、自己判断をして、そこから自ら出した答えに沿って生きていってください。自ずと取捨選択する道が定まっていくでしょう。 2019.08.31 2019年10月
志摩セミナー
で収録
1730 自分を学ぶために生まれてきて学びに繋がったということは、どういうことだと思いますか。その前に、自分を学ぶために生まれてきたと明確な目的を確認していますか。 2019.08.30  
1729 人と話します。人の話を聞いて自分も語って、色々な話題が飛び交います。聞いているようで聞いていない自分を感じながら、言葉が流れていきます。 2019.08.29  
1728 全部整えて帰ってくれました。田池先生を思う今、そうしみじみ感じています。 2019.08.28  
1727 遅々として進まない歩みかもしれません。それでもいつも基本に戻って真摯に学んでいきましょう。 2019.08.27  
1726 肉というひとつの形を自分に用意してもらったから、だから、自分の間違いに、凄まじいエネルギーを垂れ流してきてそのまま真っ暗闇の中に沈み込んでしまった愚かな自分に出会えているんです。 2019.08.26  
1725 間違い続けてきてもやり直し、生き直すチャンスを自らに用意しました。
第12回ライブ配信予定日は、8月27日(火)、午後2時です。
2019.08.25  
1724 自分なりに精一杯、自分を学んで今世を閉じていこうという思いでいます。 2019.08.24  
1723 あなたの人生です。自分に用意した肉、環境、時間です。何のために、そしてどのように使っていくかはあなた次第です。 2019.08.23  
1722 セミナーに参加できる自分を喜んでいってください。また、今はセミナーに参加できなくても、学びに触れたということですから、それをまず喜んでいってください。 2019.08.22  
1721 橿原セミナー、ありがとうございました。セミナー最終日の最後、「いつまでもあると思うな肉の時間」、どなたも肝に銘じて学びに全力を注いでください。 2019.08.21  
1720 日々、瞑想です。正しい瞑想の純度を上げて、楽しんで喜んで今という時を生きましょう。 2019.08.18 2019年8月18日
橿原セミナー
1719 肉のことは色々と思い悩むこともあり、選択肢も多々あります。しかし、意識の世界、本当の意識の世界にはそんなもの一切ありません。 2019.08.17 2019年8月20日
橿原セミナー
1718 明確な目的を持ち、日々の生活を淡々とこなしていける、幸せな人生ではないでしょうか。明確な目的、それは言わずと知れたことです。 2019.08.16  
1717 UTAブックさんの企画の「死ぬまで瞑想会」、それぞれに活用なさってください。なかなかいいと思います。 2019.08.15  
1716 「はい」、「いいえ」をはっきりと明確に。とくに学びについては自分の思をはっきりと打ち出してください。 2019.08.15  
1715 世の中の流れとは全く違う流れを自分の中に確立して、そしてその自分の中の流れ、すなわち意識の流れに沿って過去未来とともに存在していける喜びと幸せを感じてください。 2019.08.14  
1714 思うは田池留吉です。思うは田池留吉一筋で生きていく喜びを心に広げていますか。しっかりとした足取りで自分の人生を歩んでください。 2019.08.13  
1713 あなたの心を決めてください。この道を本当に歩いていくのかどうなのか、中途半端な思いは通用しません。 2019.08.12  
1712 猛暑、酷暑の中、そして帰省ラッシュと重なる中、UTAホール志摩に約60名の学びの友が集いました。ともに瞑想をする時間と空間をいただきありがとうございました。 2019.08.11  
1711 三次元最終時期に合わせて、意識の世界の準備が着々と進んでいることを感じますか。瞑想の中で、そちらのほうに心を向けてみてください。 2019.08.11  
1710 どこまでも果てしなく広がっていく意識の世界、その中に生き続けてきたとはっきりと心で知れば、もうあとはその世界に心の針を向けていればそれでよかったんです。 2019.08.10  
1709 たっぷりの時間があります。心の向け先を知りました。思えばいい、思えば通じる喜び、安心感、ともにある幸せ、肉があってもなくても、思えばいい、思えば通じる世界、心から突き上がってくる喜びと幸せは確かな世界です。 2019.08.09  
1708 学びの友からのメールです。一読ください。 2019.08.09  
1707 心から離していくことです。心が掴んでいるものを離していくこと、それを心掛けていきましょう。さらっと肉の中で生きていければと思います。 2019.08.08 2019年8月
志摩ホール
1706 愛へ帰る道を見失うことなく、しっかりとただ一点を思い、日々生活をしていきましょう。 2019.08.07  
1705 心ひとつで生きていく、肉、形の世界を本物としてきた私達にはとてもとても難しいことです。本来の自分の姿を見失ってきた過ちを、これからそれぞれが受けていかなければなりません。 2019.08.06 2019年8月
志摩ホール
1704 本来の生きる目的を伝えていただきました。生きる方向を示してくれました。 2019.08.05  
1703 それぞれに自分に用意した肉、肉を持つ時間、環境があります。それをどのように何を目的として活用していくか、それはすなわちそれぞれの生き方に直結していきます。 2019.08.04  
1702 思う喜び、思える喜びを味わっていますか。思いの向け先はこちらですよと学習の機会をいただいています。それが今世の私達です。 2019.08.03  
1701 肉との出会いから始まりました。まず肉と肉が見える(まみえる)ことによって、意識の流れを伝えていただく準備が整いました。 2019.08.02  
1700 本当の優しさとは何か、本当の喜び、幸せとは何か、何も知らずに己という肉を掲げて生きてきたこれまでの転生でした。 2019.08.01  
1699 帰っていこう、母なる宇宙へ。 2019.08.01 2019年9月
第16回UTAの輪
2日目午後
1698 8月の橿原セミナーも、キャンセル者と追加参加希望者との入れ替えの作業も終わり最終参加者名簿をいただきました。 2019.07.31  
1697 みんな色々な事情を抱えています。様々な環境を設定しています。しかし、今世学びに触れたあなた、どうぞ、自分を大切にそしてともに歩める仲間がいることを喜んでください。 2019.07.30  
1696 一日少なくとも一回、パソコンの前に座って、UTAの輪の中でともに学ぼうのホームページを開く、スマホ等でもいい、とにかく一日一回は、必ずこのホームページにアクセスしてください。 2019.07.29  
1695 自分に用意してきた今世。もちろん、今世だけではなくこれまでの数限りない転生もまた全く同じです。ただ、今世は、自分に用意したひとつの肉を通して初めて真実の波動の世界を学ぶ計画の中にありました。 2019.07.28  
1694 今日27日の土曜日、非公開ではありますが、UTAブックさんの企画で、ZOOMを使ってともに瞑想をさせていただきました。 2019.07.27 zoom瞑想会
での朗読
1693 ともに歩める喜びを心に感じ広げ、本当の自分との約束をしっかりと果たしていけるような今世としてください。 2019.07.27  
1692 私達は生きています。波動としてエネルギーとして生き続けています。 2019.07.26  
1691 段々と段々と、少しずつ少しずつ、シンプルな生き方へ。 2019.07.25 UTAの輪橿原
2019.07.23収録
1690 今年も種水判定が昨日の橿原セミナーから始まりました。 2019.07.24  
1689 意識の転回。繰り返します。すべてはそこに係っています。肉基盤では、どんなに言葉を連ねようとも、真実の世界は分かりません。 2019.07.24 UTAの輪橿原
2019.07.22収録
1688 ホテルの部屋の窓から二上山を眺めながら、楽しい橿原セミナーも終了です。8月が待ち遠しいです。ありがとうございました。 2019.07.23  
1687 日々起こる事件、事故、そして気象の変化、身の回りの現象、自分の肉体細胞等、様々なところから間違い続けてきた私達へ、それを端的に伝えるメッセージが発信されてきます。それをどのように受け取っていくかの問題です。 2019.07.21 UTAの輪橿原
2019.07.21収録
1686 自分に用意した学びの環境を最大限に活用して、喜んで喜んで自分を次の転生に繋いでいきましょう。 2019.07.19  
1685 学びの動機を確認すること、そして学びの動機はみんなが間違っていますから、その修正を速やかに進めること、これは学びの成果を出すうえで大変大切なことです。 2019.07.18  
1684 250年後に至る転生を思い、瞑想をしていますか。それぞれに1回、2回、・・・回と転生を計画していると思います。 2019.07.17  
1683 もうすぐ橿原セミナーです。田池先生との思い出がたくさん詰まっている場所でともに学べることを思うと嬉しいです。 2019.07.16  
1682 昨日、7月UTAホール志摩セミナーを終えて帰阪しました。 2019.07.15 2019年7月14日
志摩ホールで収録
1681 本気で真剣に自分の人生を思ってください。何のために生まれてきたのか、そこにいつも戻ってください。 2019.07.14 2019年7月14日
志摩ホールで収録
1680 学びに触れるということは、偶然でもなく何となくでもなく、自分の計画してきたことです。環境、事情色々とあってその中で学びを推し進めていくのは容易いことではありませんが、自分の計画してきたことだということを知ってください。 2019.07.13 2019年7月13日
志摩ホールで収録
1679 学びを生活の中心に置いていこうとしたとき、NPO法人UTAの輪から配布されているカレンダーをきちんと活用してください。 2019.07.12  
1678 セミナー会場で、あるいはインターネットを活用し、ともに学ぶ環境にあることを喜んでいます。特にセミナー会場に出向きともに瞑想をする顔ぶれがほぼ定着していることは、いいことだと思います。 2019.07.11  
1677 ともに学んでいこうという空気、雰囲気があなたの身近にあれば、それを互いに進化させていってください。ともに学んでいこうと心から喜んで呼び掛け合ってください。 2019.07.11  
1676 学びは自分の心で学んでいく、自分の心でしか分からない、これはその通りです。だから、瞑想なんです。 2019.07.10  
1675 間違い続け狂い続けてきても、こうしてやり直す、生き直すチャンスを今世もまた自分に用意してきたことを思うと、本当にすごいことなんだ、意識の世界はすごいんだ、本当の自分に帰ろうとする思いはどこまでもすごいんだと思わざるを得ません。 2019.07.09  
1674 私は瞑想がただただ嬉しいです。瞑想とは心を向けていくことです。心を向けていけば、私の中に広がっていく田池留吉、アルバートの世界です。 2019.07.08  
1673 何を選び取っていくか、それはそれぞれの課題です。 2019.07.07  
1672 田池留吉と思えることが幸せです。頼るとか何とかという思いではなく、ただ田池留吉と思える、呼べる今世ほど幸せな転生はありません。 2019.07.06  
1671 2019年も後半の6か月を切りました。時間が飛ぶように過ぎ去っていく中で、日々淡々とご自分の学びを進めておられると思います。 2019.07.06  
1670 今世、学びに集っているのは決して偶然でもなく、そして、何となくでもありません。それぞれにその自覚がどの程度あるか知りませんが、少なくとも私は、自分の綿密な計画、今世に懸けてきた思いのもとで、自分の学びを進めてきましたし、今もそう、そしてこれからもそうです。 2019.07.05  
1669 UTAブックさん主催の「死ぬまで瞑想会」、第一回目無事終了ということです。 2019.07.04  
1668 自分に決めてきた愛へ帰る道をしっかりと歩いていくこと、いつもそのことを心に留め置いて肉の時間を流していけばいいと思っています。 2019.07.04  
1667 肉は馬鹿だから、色々なことで、それは些細なことであっても、そして些細なことかもしれないけれど、色々なことで、とにかく、へこみやすいです。 2019.07.03  
1666 学びに触れる時期はそれぞれ違います。殆どは、20年、30年と長く学んでおられますが、そうでない人もいます。大事なのは、それぞれ学び始めてから、どれだけ学びの基本に沿って学んできたか、学んでいるかでしょう。 2019.07.02  
1665 私は出来る限り一定のリズムの中で生活をするようにしています。 2019.07.01  
1664 体力、気力のある間に学んでください。学ぼうとする肉の思いはあっても、ある程度の体力、気力がなければ、その肉の思いを叶えることはできません。哀しいことですが、如何せん肉を持っている以上、それはどうしようもないことです。 2019.06.30  
1663 物質的に何不自由のない生活であっても、心が不自由であれば決して幸せであるとは言えないでしょう。 2019.06.29  
1662 どなたもこれより、自分の250年に至る転生に思いを向けて瞑想をする時間を持ってください。 2019.06.28 6/27ライブ配信
1661 ライブ配信、どうでしたでしょうか。楽しめましたか。 死後の自分と250年後の来世の自分を思ったときに私の心に上がってきた思いです。 2019.06.27  
1660 自分自身を含む身の回りで起こってくる現象に不必要なものはありません。 2019.06.27  
1659 学びの友からのメールです。一読ください。 2019.06.27  
1658 自分の世界に生きている、自分の思いの世界に生きているということを、どなたも心で知ってください。確認してください。 2019.06.26  
1657 7月の橿原セミナーの受付が早々と終了して、参加者名簿が届きました。 2019.06.24  
1656 ともに歩む、自分の中とともに歩む、そして肉体細胞の思いを感じながら、ともに歩む、簡単なようで難しいことかもしれません。 2019.06.24  
1655 学びに触れた喜びをしっかりと心に感じていますか。 2019.06.23  
1654 学びの本番は250年後です。今世はその予習段階です。とは言え、今世の学びがいかに大切であるか、それぞれの心でお分かりだと思います。 2019.06.22 2019年9月
第16回UTAの輪
2日目午後
1653 心も身体も余裕を持って学びと向き合ってください。気張らなくていいんです。リラックスして、伸び伸びと瞑想を続けてください。 2019.06.21  
1652 瞑想、正しい瞑想をしてください。正しい瞑想をしていけば、自ずとはっきりとしてきます。肉に逃げずに、肉で誤魔化さずに、しっかりと自分の歩いていく道を知ってそしてその道をひたすら真っ直ぐに歩いていくことだけが、自分の幸せ、喜びなんだということが、心にはっきりと響き伝わってくるのです。 2019.06.20 6/18ライブ配信
1651 色々な形で、学びの友が積極的にともに学んでいこうと動き出される最近を嬉しく思います。私は我関せずというところがありますので、積極的には情報収集はしていませんが、何かの折にそういう動きを感じさせていただいて、何かいいなあと思っています。 2019.06.19  
1650 大切なこと、一番大切なことを大切にしてください。決死の覚悟で生まれてきたことをどなたもお忘れなく。 2019.06.19  
1649 今世、学びに触れた方達は、これから250年、300年の間に何度かの転生があります。必ず肉という形を持ちます。 2019.06.18  
1648 思いは250年後。そして次元移行を伝える意識の流れの中にある自分をはっきりとしっかりと感じることです。 2019.06.18  
1647 学びの友、UTAブックさんが色々と企画を出してくれます。 2019.06.17  
1646 私もあなたもともに学びます。田池先生の肉を通して、真実の波動の世界を学ばせていただいた私達に残されていることは、道しるべが指し示した方向を真っ直ぐに見ていくことです。その方向だけを見ていくことです。 2019.06.17  
1645 学びに触れている私達ほど幸せ者はありません。あなたもそう思うでしょう。なぜならば、ふうっと目を閉じて思えることを知っているからです。 2019.06.16  
1644 これからさらに、想定内、想定外の出来事が起こってくる中で、心は揺れてももう自分を見失うことなく、道を間違えることなく、真っ直ぐに前を見て生きていきましょう。 信じる信が問われるこれからです。何を選び取っていくかでしょう。 2019.06.16  
1643 もう迷うことはないと思います。心は揺れるかもしれませんが、その揺れが大揺れのまま自分を見失うことはないと思います。 2019.06.15  
1642 半端な思いで学びをしていませんか。真っ直ぐに学びと向き合えているあなたでしょうか。そして、今、あなたはあなたの環境その他を通して、学びに触れている今を心から喜んでいますか。 2019.06.14  
1641 今世、アマテラスの国、日本より学びは発信されました。小さな島国日本です。250年後には海の底に消えていますが、アマテラスの目覚めにより、宇宙が大きく変わっていく仕事の場を設けていただいたことを嬉しく思います。 2019.06.13  
1640 厳しくて難しい学びだけど、ともに田池留吉を思い、母を思い、宇宙を思い、心を向けようとする時間と空間を持たせていただいて嬉しいし、ありがたいです。 2019.06.12  
 

私たちは一つ。

2019.03.17 第15回UTAの輪
巻頭言
1639 ゆったりと静かにゆっくりと流れる時間の中に身を置いています。 あなたはいつも何に思いが向きがちですか。 2019.06.09  
1638 ともに心を向けていこう。明日から琵琶湖セミナーです。参加予定の方もそうでない方も、どうぞ、ともに心を向けていきましょう。 2019.06.08  
1637 たったひとつの喜びと幸せの道を、一歩、一歩喜びながら歩いていくこと、これほどすごいことはないです。 2019.06.07  
1636 田池留吉の意識の世界が肉を持ち、その肉を通して、田池留吉の意識の世界をつぶさに学ばせていただいた、感じさせていただいた、この事実の重みをあなたの心にしっかりと感じて、そして本来歩んでいく方向に、自分の心の針を向けて合わせてください。 2019.06.06  
1635 自分の来し方を思い、行く末を思う、どうでしょうか。明るい方向に自分のいざないを感じますか。 2019.06.05  
1634 私は特別ではありません。私を特別だと思っている方は自分をないがしろにしているから、あなたの学びの歩みは滞っているはずです。 2019.06.04  
1633 心、定まっていますか。生きていく中で色々なことが起こってきますが、その中で一喜一憂せずに、しっかりと自分の生きていく方向を確認しながら、歩みを着実な歩みを前に進めてください。 2019.06.03  
1632 これからさらに心を揺さぶる大変な時間を用意していますが、どうぞ、自分の中に確立している信を、その大変な時間を活かして大きく成長させていきましょう。 2019.06.02  
1631 何をするために生まれてきたのか、これまでの転生と今世との違いを自分の中で、はっきりとくっきりと線引きをすることが大切です。 2019.06.01  
1630 私とあなた、肉も環境も抱えている課題、問題も違います。ただ、私とあなたは、今世学びに繋がりました。学びに触れて学ぶという時間と空間の中にあります。そこは共通しています。 2019.05.31 ともに瞑想を
LIVE_20190530
1629 ライブ配信、もう少し頻度を多くしてやっていけばいいだろうなあとは思いますが、定期的にというと少々堅苦しいので、ふっと思いが上がってきたときにお声掛けさせていただくということでお許しください。 2019.05.30  
1628 今世は、学びに触れている私達にとっては、大変大切なかけがえのない転生です。これは確かなことです。 2019.05.30  
1627 決死の覚悟、決して大げさではないと思います。決死の覚悟で今世生まれてきた、肉をいただいた、用意した、正しい瞑想の純度が上がってくると、それがどういうことなのか、はっきりと心で分かります。 2019.05.29 第15回UTAの輪セミナーにて収録
1626 繰り返しになります。大事なことだから、そしてここを違えば、ここが心で分からなければ、生きていく方向が全く違ってくることは明らかだからです。 2019.05.28  
1625 託する、委ねる、ただそうする、そうできる転生ではありませんでした。これまでの転生みんな、託する、委ねる喜びと幸せ、安らぎを知らなかった転生でした。 2019.05.27  
1624 今、私は足が少々不自由なので、とんとこと外に出向いていく気持ちは弱いです。これで丁度なのかもしれません。 2019.05.26  
1623 単純に、シンプルに生きていこう、そして学んでいこう。 2019.05.25  
1622 すべて田池先生、田池留吉の意識の世界が布石を打ってくれています。 2019.05.24  
1621 肉を持てる今が嬉しい、そうです、単純に肉を持って思いを向けられる今があることが嬉しいです。 2019.05.23  
1620 本当のことを自分の心で知る、その術、学びの手順を教えていただきましたので、あとはそれぞれが学びを素直に真摯に進めていくだけです。 2019.05.22  
1619 ひとつの現象を通して、自分の生き方、選択が間違っていた、頭では肉ではどうしようもないことがある、そう心で知ったから学び始めました。 2019.05.21  
1618 60歳を超えても、様々な理由付けをして、学び一本に絞って生きていくことをしていない人もいます。 2019.05.20  
1617 肩の力を抜いて、肉はリラックスしてください。学びに対する姿勢は真剣ですが、心と身体はゆったりとです。 2019.05.19  
1616 学びの友からのメールです。一読ください。 2019.05.19  
1615 学びを進めていく原動力になるのは母の温もりです。 2019.05.18  
1614 季節は初夏から真夏へ日ごとに身体に堪えていきますが、それぞれご自分の体調管理をなさって、今世の予定通りの学びの遂行に全力を注いでください。 2019.05.17 志摩セミナー
20190513収録
1613 セミナーはいいなあ、やっぱりいい。学びの友のメールを読ませていただき、それぞれがそれぞれの歩みをしっかりとしていこうという思いが伝わってきます。 2019.05.17  
1612 5月の志摩セミナーも無事終了し、思いは6月の琵琶湖セミナーです。 2019.05.16  
1611 「この道を真っ直ぐに。」心に響き伝わってくる思いを繰り返し確認できる幸せがあります。 2019.05.15  
1610 今、学べることを喜んでいこう。素直になって本気で自分を見ていきましょう。思いの世界に生きている私達です。自分の目を通し、耳を通し、様々な情報が得られます。 2019.05.12 志摩セミナー
20190512収録
1609 もう後がない。今世を逃しては私にはもう後がない。この思いは学びに繋がって心が敏感になっていけばいくほどに私の中に強く響いてくる思いでした。 2019.05.11  
1608 何が大切で、何がどうでもいいことなのか、取捨選択を誤ることのないようにする、これは当たり前のことですが、当たり前のことがとても難しいです。 2019.05.10  
1607 苦しい学びではありません。難しい学びかもしれませんが、250年に至る道筋が心に見えてきたならば、もうそれはそれは嬉しい、嬉しい学びです。 2019.05.09 志摩セミナー
20190514収録
1606 時には苦しみながら、そして時には落ち込みながら、それでも今世こうして生まれてきて学びに繋がって学んでこれたことを嬉しく思い、これからも焦らずに、真摯に学んでいきますという学びの友からのメールをちらほら頂いています。 2019.05.09  
1605 自分の来し方を思い、行く末を思い、今どんな気持ちでしょうか。 2019.05.08  
1604 みんなで歩んでいく道です。今世、私達の目の前に正しい道しるべを用意していただきました。 2019.05.07  
1603 10日間の長いGWも今日で終わりです。私は毎日が日曜日ということになりましたので、明日から仕事かという一種憂鬱な束縛から解放されて気楽です。 2019.05.06  
1602 学びの友からのメールです。一読ください。 2019.05.06  
1601 いい加減な気持ちで学んでいる人はいないと思いますが、それはどうだか分かりません。 2019.05.05  
1600 学びの歩みは一進一退ではダメです。一歩進んだかと思えば、また後戻りしている、それはおそらく一歩進んでいなかったのでしょう。 2019.05.04  
1599 今、元気な人もそうでない人も、喜んで喜んで今を思いましょう。 2019.05.03  
1598 すべては自分の心の中の出来事です。今、肉を持っているあなたが自分の心を見る、瞬間流すエネルギーを確認する、そして、心を田池留吉、アルバートの意識の世界に向けて合わせようとする、何の欲もなく、ただそうすることが、そうできることが嬉しい、ありがとうとなってくる、そういう手順通りに自分の中で学んでいますか。 2019.05.02  
1597 世の中には私達が知り得ない、また想像もつかない悲惨な事が起こっているという現実があると思います。 2019.05.01  
1596 この道、田池留吉の意識の世界が指し示す道を真っ直ぐに、ひたすら真っ直ぐに突き進むと決意して生まれ、そしてそれを確かなものとしている今があります。 2019.04.30  
1595 学びの友からのメールです。一読ください。 2019.04.29  
1594 こうして今互いに肉という形を持って学びに繋がっているという関係、それは確かです。しかしそれはそれ以上でもそれ以下の関係でもありません。 2019.04.29  
1593 今年初めての10連休明けるとまもなく志摩セミナーがあります。 2019.04.28  
1592 特に何もない時に学んでください。特に何もない時に肉に傾いていれば、肝心な時に自分を見失います。 2019.04.27  
1591 学びの友からのメールです。一読ください。死後の自分を思って瞑想しています。 2019.04.26  
1590 生活のリズムがそれぞれにあるでしょう。それは心地良いものですか。それとも乱れていますか。 2019.04.26  
1589 学びに繋がっている人達みんなそれぞれ、様々な環境の中で、様々な事情を抱えています。環境も事情も違うけれど、それぞれに用意したそれらの中で、今世ようやく学び始めたことが嬉しくて、幸せでという思いは共通していると思います。 2019.04.25  
1588 学びの友からのメールです。一読ください。 2019.04.24  
1587 堂々巡りは止めましょう。 2019.04.24  
1586 選択肢、生きていく選択肢をまだいくつも抱えていますか。 2019.04.23  
1585 桜の時期も終わり、花びらが風に乗って散っていきます。変わって木々の緑が目に鮮やか、近くの公園には鯉のぼりも泳いでいます。 2019.04.22  
1584 先程、ZOOMミーティングを使って、海外在住の方達とともに瞑想をする時間を持たせていただきました。通信は非常に安定していてスムーズでよかったと思います。 2019.04.21  
1583 伸び伸びとゆったりと静かに喜んで今という時に心を向けて、そして自分の切望してきた通りの道を歩んでいるか、検証してください。 2019.04.21  
1582 悠々自適の日々です。悠々自適と言いましても、俗世間から離れて暮らしているわけではなく、街中の雑踏の中に身を置いています。 2019.04.20  
1581 苦しい現象、辛い現実、受け入れがたいこと、みんなそれぞれ色々とあるでしょう。 2019.04.19  
1580 日々の中で、一瞬流すエネルギーがどんな凄まじい勢いで飛び出てきても、次の瞬間、向け先をふっと変えていけることを知っているから、何とも言えず嬉しいし幸せです。 2019.04.18  
1579 UTAブックさんが明日、アメリカへ行かれるそうな。
思えば、昔、昔アメリカでセミナーがあって私も何回か参加させていただいて、それが終了したから、もうアメリカへは行くことはないと思ってきました。
2019.04.17  
1578 日々の生活を楽しくゆったりと過ごせるのは、本当のことを心で知っているからです。 2019.04.17  
1577 心を見てください。真剣に自分の心を見てください。そしてもうひとつ、真剣に自分の学びの姿勢を問いただしてください。 2019.04.16  
1576 UTAホール志摩セミナー、ありがとうございました。今回も瞬間波動の勉強の時間をいただき、私は嬉しかったです。 2019.04.15  
1575 平成の時代ももう後僅かです。元号が令和に変わっていくけれども、そうして時が流れていくけれども、私達の心の世界、意識の世界はどうでしょうか。 2019.04.14  
1574 自分の生きていく方向、進む方向が定まっていますか。しっかりと定めて安らぎの喜びの人生にしましょう。 2019.04.13  
1573 大変厳しいけれど、大変優しい。真実はそういうものだと思います。 2019.04.12  
1572 昨日のライブ配信でお伝えしたメッセージです。今一度、学びに対する自分の姿勢を確認ください。 2019.04.11 第15回UTAの輪セミナーにて収録
1571 ライブ配信、リアルタイムで瞑想をしてくださる学びの友からのメール、ありがとうございます。短い時間ですが、ともにふっと思いを向けられる今がやはりありがたいと思います。 2019.04.10  
1570 一定の生活のリズムを刻みながら、刻々と過ぎ去っていく時の流れの中で、確かな喜びと幸せを感じていける今でしょうか。 2019.04.10  
1569 今年後半から始まるお水を使っての反転力確認作業に、新たに協力していただく方達が正式に決まりました。 2019.04.10  
1568 ゆったりと流れる時間の中で、目を閉じて自分の中の宇宙のリズムを感じていくことは幸せなことです。喜びです。 2019.04.09  
1567 ともに学ぶ仲間がいる、幸せなことではないですか。 2019.04.08  
1566 主として岐阜県にお住いの方達とのスカイプ瞑想会が昨日ありました。広い部屋でゆったりと現象ができる環境があるんだと思いました。 2019.04.07  
1565 昨日に引き続き、今年後半から始まるお水を使っての反転力の確認作業について、もう少し語らせていただきます。 2019.04.07  
1564 2019年も、年の後半よりお水を使って、それぞれの反転力を確認する作業が実施されます。 2019.04.06  
1563 大切な肉ある時間です。どうぞ、本当の自分の思いに沿って、どなたもその大切な肉ある時間を喜んで使っていきましょう。 2019.04.05  
1562 約1か月ぶりのライブ配信でしたが、開始が遅れて申し訳ありませんでした。今回も自分の死後に向ける瞑想をしていただきました。 2019.04.04  
1561 私は特別ではありません。私も今肉を持っています。愚かな私を自分の肉を通して見ています。学んでいます。 2019.04.04  
1560 お金を稼ぐことから解放された私の日常に立ちはだかる強者(つわもの)がいます。なかなか手ごわいアマテラスです。 2019.04.03  
1559 いつの時代も必死で生きてきた、そんな感じです。しかし、それは同時にすべての転生が暗闇の中でもだえ苦しんできた動かぬ証拠だということです。 2019.04.03  
1558 ZOOMミーティングの参加はどうでしたでしょうか。 2019.04.02  
1557 幸せだなあって思います。目を閉じて、すうっと思いを向けられる今があるからです。思うことが嬉しい。思えることが嬉しい。 2019.04.02  
1556 あなたが今、犬や猫などと暮らしているならば、どうぞ、彼らから全托するという自然を教えてもらってください。 2019.04.01  
1555 田池留吉って何だ、アルバートって何だ、意識の流れってどういうこと、学びに触れてからも、自分の中にそういう疑問があると感じたならば、学びの基本から始めてください。 2019.03.31  
1554 まだ先のこと、2020年のことです。2020年UTAホール志摩での一泊二日のセミナー、4回あります。UTAホール大宝での一日2時間のセミナー、3回あります。 2019.03.30  
1553 何をするでもないぼぉーとする時間は確かに必要であり、いいことだと実感しています。 2019.03.30  
1552 真に幸せな喜びの人生の時間を刻んでいきましょう。 2019.03.29  
1551 幸せな日々ですか。田池留吉、アルバートを思い、意識の流れに沿って生きていると実感できていますか。 2019.03.28  
1550 何らかの縁あって、夫婦、親子、その他近しい肉の繋がりを用意しました。 2019.03.27  
1549 気付き、自分で気付くということ、それが一番大切なことです。 2019.03.26  
1548 寒い日もあるけれど、段々春めいてきました。近くの公園の早咲きの桜が見頃です。時間的に余裕がある生活は贅沢な生活です。一定の生活のリズムの中で、意識の世界は宇宙を思う瞑想を継続。 2019.03.25  
1547 毎日、楽しく暮らしておられますか。時間に追われている方もそうでない方も、決して自分を見失うことなく、本当の人生を全うしていきましょう。 2019.03.24  
 

瞑想、正しい瞑想です。

2019.03.17 第14回UTAの輪巻頭言
1546 「今世をあなたの転換期にしてください。」 2019.03.23  
1545 21日の春分の日に、UTAブックさんが新しいソフトを私のパソコンに入れてくださいました。そして翌日、何組かの学びの友のご協力を得て、動作確認をさせていただきました。 2019.03.22  
1544 学びの友からのメールです。よかったなあと思いました。一読ください。 2019.03.22  
1543 私は社交性という面において劣っています。人と関わり合っていくことが、どちらかと言えば苦手です。一人でいるほうが好きなほうです。 そんな私が、今、セミナーを通してたくさんの人との接触を持たせていただいています。 2019.03.22  
1542 「大事なことは、必要なことは異語で伝えている。」そう田池先生から言われたことを、ふと思いました。 2019.03.21  
1541 すべては自分の心の中の出来事です。良いも悪いも何もなかったこと、ただあるのは、本当のことが知りたい、本当の自分に帰っていこうとする切なる思いだけです。 2019.03.21  
1540 琵琶湖グランドホテルには、田池先生との思い出がたくさんありまして、そこでともに学べることがやはり嬉しいです。 2019.03.20  
1539 それぞれの選択により、生きていく方向が決まっていきます。どこに心の針を向けて生きていくのか、そのことによって、進む方向が違ってきます。 2019.03.17  
1538 目を閉じて心に広がり感じる世界が自分なんだ、この中に自分は生き続けているんだ、瞑想を重ねていくと、自ずとそう感じてきます。 2019.03.16  
1537 嘘もなく誤魔化しもない世界に生きている、言うなれば、その世界が本当の私達だということを伝えていただいたんです。あとは、それを自分の中で解き明かしていくだけです。証明していくだけです。 2019.03.15  
1536 小さく日本の国に限定してみても、あちらこちらで頻繁に地表の揺れがあります。地震を含む自然災害の波が、じわじわこの日本の国にやってきます。 2019.03.14  
1535 それぞれに自分に用意した学びの時間です。なぜ自分は学びに触れたのかを漠然ととらえるのではなく、瞑想の中で、自分に問いかけて心の中からその答えを引き出してください。 2019.03.13  
1534 ようやく、ようやく、やっと、やっと、この言葉が繰り返し出てきます。思いを語るならば、ようやくだね、やっとだね、長かったね、そんなところです。 2019.03.12  
1533 セミナーはやっぱりいいです。何とも言えないものを感じます。ともに行こうの呼び掛けに、いざないに、一堂に会し、肉を持っている、持っていないに関わらず、思いを向けていける喜び、幸せを感じさせていただいています。 2019.03.11  
1532 UTAホール志摩セミナーも無事終了、帰阪してほっとしています。 2019.03.10  
1531 帰りたい、帰ろう、母なる宇宙へ。私達のふるさと、母なる宇宙へ。 2019.03.10 201903志摩ホール
1530 気持ちのいい朝の陽ざしを浴びて、さあ今日も一日始まる、嬉しいことです。貴重な肉を持つ時間です。どんな凄まじいエネルギーが噴き上げてきても、それは喜び以外の何ものでもないと感じていきましょう。 2019.03.09 201903志摩ホール
1529 何よりも何よりも自分の思いを叶えること、そのために肉がある、今という時がある、学びに集えてよかった、本当によかった、そんな思いをいつも感じています。 2019.03.08  
1528 落ち着いてゆっくりとゆったりと、そういう生活環境の中で、自分を感じていくことが大切なことだと思います。 2019.03.07  
1527 どんなことでも、ポイントということがあります。この学びについても、もちろんそうです。ポイントを外した学び方、ずれた、ぶれた学び方では、自分の中を変えていくことはできません。 2019.03.06  
1526 温かく優しく広々と広がっていく中で、何もかも全部託していく心の安らぎを、少しでも感じてみてください。 2019.03.05  
1525 生きる本当の目的を明確に知り、そしてそれを心で感じ分かっていく過程の中で、本当に幸せな自分と出会えるはずです。 2019.03.04  
1524 私達は、同時期に肉を持って学びに繋がった仲間です。夫婦、親子、兄弟姉妹、親友等の関係に関わらず、私達はそういう仲間です。 2019.03.03  
1523 忙しい日々を過ごされている方もあるでしょう。そういう方達は、時間に追われて、瞑想をする時間も心の余裕もないかもしれません。 様々な事情、環境があります。その中でそれらを調整して学びに繋がった成果を上げていくのは、それぞれに係っています。 2019.03.02  
1522 心はどこを向いていますか。いつも確認です。 2019.03.01  
1521 自分に肉を用意してきた喜びを、しっかりと心で味わってください。肉を用意して、学びに繋がって、どんなに幸せなことでしょうか。 2019.02.28  
1520 みんな幸せになりましょう。いいえ、元々幸せな自分達だったことを知ってきましょう。心から、心から知っていきましょう。 2019.02.27  
1519 今、何も特に思い煩うことなくゆったりとする時間があるからかもしれません。 2019.02.26  
1518 自分の瞬間出すエネルギーを確認していくチャンスは、日々の中でたくさんあるはずです。 2019.02.25  
1517 今を喜ぶということはそんなに簡単なことではないかもしれませんが、それでも喜びしかないことを学んでいける今は、やはり喜びです。 2019.02.24  
1516 若いって素晴らしいと思います。今日大宝で50歳未満の方達とともに瞑想をする時間を持たせていただきました。 2019.02.23  
1515 もう真っ直ぐに自分のあるべき方向に向いて生きていきましょう。 2019.02.23 UTAホール大宝20190229
1514 まずは思いの向け先を確認です。今まで、何を思い、どこに心を向けて生きてきたかを、しっかりと確認して、その向け先はみんな間違っていたことが心で感じられるようになっていくことが大切です。 2019.02.22  
1513 死後の自分の状態を知ることは大変大切なことです。 2019.02.21  
1512 UTAブックさんが、死について寄せられた原稿を冊子に纏めるというのを見て、今世学びに触れた仲間として、一言言いたいと思いました。 2019.02.20  
1511 私は皆さんが今、どんな生活の流れの中で学びを進めているのか、あまり知りません。だからついつい、自分のことを語ることになります。 2019.02.19  
1510 思うは田池留吉一筋。これ以外に喜びに目覚める、本当の自分に出会う道はなしと断言しています。 2019.02.18 第14回UTAの輪(滋賀)
1509 ここまでというものはありません。意識の世界、波動の世界には限りがありません。 2019.02.17  
1508 肉として、肉の中で生きていくため、こうしたらいい、ああしたらいい、こうすれば効率的、便利、賢いというノウハウには明るくても、さて、自分の行く末はどうでしょうか。自分の行く先に明るい兆しを感じておられますか。 2019.02.16  
1507 瞑想をする時間を確保してください。日々の生活で見て、聞いたとき、瞬間出る思い、エネルギーを確認して、そして瞬間、田池留吉を思う、そういう作業はもうすでにどなたも身についていると思います。 2019.02.15  
1506 学びの本質に触れてください。
次回ライブ配信予定日、2月15日午前11時。
2019.02.14  
1505 特に何が欲しい、何がしたい、どこかへ行きたい、そういう思いは弱くなっています。 2019.02.13  
1504 学びの友からのメールです。一読ください。このようなメールが私にはとても嬉しいです。 2019.02.12  
1503 来月3月の琵琶湖セミナーの参加者名簿の第一弾が届きました。 2019.02.12  
1502 今、志摩の地に月に一度は行っています。UTAホール志摩は田池先生が残してくれたものです。 2019.02.11  
1501 先日、UTAブックさんがライブ配信の設定をするのに家に来られた際、アメリカへ行くのはどうですかと聞かれました。 2019.02.10  
1500 田池先生のもと、私達は学んでまいりました。この事実をしっかりとそれぞれの中でかみしめてください。 2019.02.09  
1499 超えられないものは設定していない、どんな大変なことであっても、それらはみんな自分が自分に設定してきたものです。 2019.02.08 UTAホール志摩セミナー20190210
1498 UTAブックさんのご協力により、ライブ配信をさせていただきました。 2019.02.07  
1497 私達の心が憶えています。しっかりと心の針を合わせて向けていけば、伝わってくる波動の世界です。 2019.02.06 第14回UTAの輪(滋賀)
1496 学びに瞑想は欠かせません。ただの瞑想ではありません。正しい瞑想です。 2019.02.05  
1495 肉を持っている今、本当は何をすべきなのか、何をしたいのか、心で感じ心で分かっている人は幸せです。 2019.02.05  
1494 今を喜ぶことが基本的なことなんだとしみじみ感じます。 2019.02.04  
1493 宇宙へ帰りたい。宇宙へ帰るんだ。そんな思いを抱えて肉を自分に用意してきたことを、ようやく、今世知りました。 2019.02.03  
1492 宇宙に向ける瞑想。宇宙を思って瞑想。
素直に、素直に、喜びでしてみてください。
2019.02.02  
1491 本当の生きる喜び、生きる幸せ、生きる意味を伝えてくれました。 2019.02.01  
1490 自分が一番切望してきたことを淡々と成していける喜びと幸せ、自分との約束を果たしていける喜びと幸せを感じながら、今の肉を終えていけることに感謝です。 2019.01.31  
1489 「私達は宇宙からやってきました。」特別に目新しい文言ではありませんが、今回の志摩セミナーで、私達は宇宙からやってきた意識ですという言葉が心に響いたというメールを何通かいただきました。 2019.01.30  
1488 真実の世界は単純な世界でした。難しい言葉を連ねて分かる世界ではありませんでした。 2019.01.27 2019年1月志摩セミナー
1487 思うは田池留吉。思うは田池留吉一筋。これ以外に幸せの自分を知っていく方法はありません。 2019.01.26 2019年1月志摩セミナー
1486 駆け引き、欲得で動いてきた人生ばかりだったのではないでしょうか。過去の転生、そんな転生ばかりだったのではないでしょうか。 2019.01.26  
1485 あなたに残された肉の時間、あとどのくらいでしょうか。 2019.01.25  
1484 私は、訓練とかトレーニングという言葉をしばしば使いますが、これも巫女の時の名残でしょう。 2019.01.24  
1483 田池先生と20年余りともに学ばせていただいたことを決して無駄にしない、それが自分を大切にそして自分に誠実に生きていく喜びの道だと、私は心得ています。 2019.01.23  
1482 毎日、同じことを繰り返していく中に、今は嬉しさを感じます。 2019.01.22  
1481 予定通り学びに集うことができ、そして予定通り学びを進めていけた幸せをかみしめています。 2019.01.21  
1480 何でも当たり前の生活でした。当たり前、それって普通と気にも留めずに生活してきたことがたくさんありました、あります。 2019.01.20  
1479 机上の学びではなく、実践を通して自分の心で学び取っていく、知っていくことが肝心です。 2019.01.19  
1478 生活の一部分として学びがあるのではなく、学びをするために今ここにこうしてあることを忘れてはならないでしょう。 2019.01.18  
1477 こっちでこれからです。これからが学びをしている私達には正念場です。 2019.01.18  
1476 こっちですよと正しい道を指し示してくれました。その道しるべとなった肉は今現在はありません。あとは、指し示された方向に、それぞれが自分の心の針を向けて合わせていくことだけです。 2019.01.17  
1475 自分が自分に用意した肉を持つ時間。精一杯、可能な限り、自分を変えていく、自分の意識の世界を少しでも温かい安らぎの方向へ、本物の自分の世界へ近づけていく、そんな時間にしましょう。 2019.01.16  
1474 持たざる人も悩み多きかもしれませんが、余りある財産を持っている人も悩み深き人になるでしょう。 2019.01.15  
1473 時間に追われることなく、好きな時に瞑想ができる今をただ喜んでいます。 2019.01.14  
1472 自分の生き方、存在の仕方が真正面から問われる、そういうことになっていきます。 2019.01.14  
1471 大変な時期を迎えていきますが、今、自分のその肉を通して学んでいる意識の世界のことに、肉ではなく自分達は意識、エネルギーなんだということに、可能な限り心を向けてください。 2019.01.13  
1470 何をするべきなのか、どう生きていけばいいのか、暗中模索の中で苦しみ悩み憂えてきた過去からの転生でした。 2019.01.13  
1469 心を軽くしましょう。背負っているものをひとつ離し、ふたつ離していきましょう。 2019.01.12 2019年1月志摩セミナー
1468 肉として、肉で生きている状態からは、決して学びで言うところのことは心から受け取れないことは確かです。 2019.01.12  
1467 誤魔化して取り繕って生きてきた過去の転生があまりにも多いから、今世、学びに触れて、学びの本質を成就するには、本当に純粋な思いしか通用しないことについて、ある意味大変さを感じ難しさも感じますが、それでも純粋に、ただひたすらにというところに心が惹かれます。 2019.01.11  
1466 何を選びどう生きていくか、それはそれぞれの自由かもしれません。ただ、その結果はどなたも潔く自分で受けていく覚悟は必要です。 2019.01.10  
1465 田池先生が亡くなられて丸三年が過ぎ、どうでしょうか、皆さん、もう学びをするしかない、自分のことは自分でという思いが、段々と強くなってきているのではないでしょうか。 2019.01.09  
1464 間違いだらけの生き方しかしてこなかったけれど、ここにこうして今肉体を持ってあるということは、そんな自分に生き方の修正をしなさいと促しているんだと、ようやく今世にして初めてそう学習することができました。 2019.01.09  
1463 幸せを感じるのに何も要らなかった。何も要りませんでした。思えば呼べば通じる喜びと温もりの世界にありました。 2019.01.08  
1462 何をするでもないボォーとする時間を持つ生活はいいもんだと思っています。 2019.01.08  
1461 思いを吐き出すことが大切です。言葉にしなければ相手に分からないという考えは捨ててください。 2019.01.07  
1460 守るもの、守りたいものをたくさん抱えている人ほど不幸せな人です。それがあるから人生楽しい、人生有意義なんだ、そんな思いはもうさっさと捨ててください。 2019.01.06  
1459 心ひとつで生まれてきたのだから、心ひとつで死んでいく、自然です。 2019.01.05 skype瞑想会
1458 肉のことについて思い煩うものをどんどん少なくしてください。 2019.01.04  
1457 今世に照準を合わせてきたこと、それは全部自分で決めてきたことでした。それをこの今の肉を持ちながら完遂していくことだけを思います。 2019.01.03  
1456 年の初めに皆さん、何を心に思いましたか。これからの自分のするべきこと、進んでいく方向をしっかりと定め、しっかりとした足取りで自分の人生を歩んでいこうと思えましたか。 2019.01.02  
1455 明けて亥年です。私は今、少々身体が不自由ですが、時間はたっぷりとゆったりとあります。思う喜び、思える喜びを持つ時間を自分に用意しました。 2019.01.01

ともに瞑想を第207回

1454 ともに生きる喜びと幸せをあなたもどうぞ。あなたの心でどんどん感じていけばいいだけです。 2018.12.31  
1453 何の欲得もなく、ただひたすらに真っ直ぐに思うという難しさを感じながらも、それをしようとしている今、できる今、それが嬉しいと思いませんか。 2018.12.31  
1452 2019年、元号も変わりアマテラスがさらに動き出します。 2018.12.31  
1451 時折、思い出したように、学びについてメールをくれる友がいます。 2018.12.30  
1450 今を受け入れることが肝心です。 2018.12.29  
1449 ともに学べる喜びをいついつまでも、可能な限り味わい楽しんでいきましょう。 2018.12.28  
1448 心を見るために生まれてきました。自分の本当の世界を心で知っていくために生まれてきました。肉を持つということはそういうことでした。 2018.12.27  
1447 ホームページの宇宙を思って瞑想をしましょうという文言と、次の愛へ帰る道。云々の文章の文字の大きさを数日前に変えました。文字のポイントを大きくしました。 2018.12.26  
1446 12月のUTAホール志摩セミナーに参加された方のメールです。一読ください。 2018.12.25  
1445 今、肉を持っている今、もがきながらもしっかりと自分の思いの世界、宇宙を学んでまいりましょう。 2018.12.24 2018年12月志摩セミナー
1444 12月UTAホール志摩セミナー、無事終えて帰阪しました。 2018.12.24  
1443 そこまで言って大丈夫なのかということを今日は少々語りたいと思います。 2018.12.23 2018年12月志摩セミナー
1442 自分との約束。自分に決意してきたこと。愚かな肉を牽引していく思いです。 2018.12.22 2018年12月志摩セミナー
1441 自分を見つめること、自分の思いを知っていくこと、それが何よりも大切なことです。 2018.12.21  
1440 形ある世界、肉の世界においては、二刀流がもてはやされているご時世ですが、形なき世界、意識の世界においては、二刀流は全く通用しません。 2018.12.20  
1439 全部自分が流してきた思いの結果だということを、それぞれの今から心で学び知っていくことが大切です。 2018.12.19  
1438 私もあなたも同じです。私もあなたも道を間違えてきました。道を見失ってきました。 2018.12.18  
1437 出てくる文言は大体同じです。真実は単純だからです。言葉にすれば同じことの繰り返しでしょう。 2018.12.17  
1436 肉の世界は、不平等、不公平であっても、意識の世界はそうではありません。 2018.12.16  
1435 どこまでも己偉く、どこまでも素直でない自分があったこと、あること、今の肉を通してしっかりと学んでいきましょう。 2018.12.15  
1434 明確な目的のもとに、肉を持っている時間を過ごしていくこと、この喜びと幸せは今世が初めてでした。 2018.12.14  
1433 心の針の向け先が特定できなければ、本当の安らぎとか幸せ、喜びは決して分からないということになります。 2018.12.12  
1432 思いを向けていけば分かります。どんなに幸せな自分だったかが。 2018.12.11  
1431 すべてはあなたの心の中の出来事です。瞑想をして心に響いてくる世界はどんな世界ですか。 2018.1210  
1430 肉がある限り、ともに学べる喜びを堪能してください。 2018.1209  
1429 私は本当に恵まれているんです。まず、学びに集うタイミングがよかったです。そして、学びをする環境は学びに集ってからもずっと整っていました。 2018.1208  
1428 セミナー、嬉しかった、楽しかったと学びの友からのメールを読ませていただくと、私も嬉しくなります。 2018.1207  
1427 確かな幸せと喜びを手にしています。思えば通じる幸せと喜びです。 2018.12.06  
1426 今世の予習を経て、いよいよ250年後の本番を迎えます。 2018.12.05  
  他力のエネルギーのままでは、どんなにともに歩みをといざないを受けても、ともに進めません。 2018.12.02 第13回UTAの輪セミナー
1425 今世、私達は真実を学ぶために肉を自分に用意しました。間違い続けてきた自分達にラストチャンスと言っても言い過ぎではない今世、今という時間です。 2018.12.02  
1424 ともに学べる今を喜んでいく以外に何もありません。 2018.12.01  
1423 この世界だ。この波動の世界だ。ここを感じ知っていれば百人力だ。もう間違いなし。 2018.11.30  
1422 肉から意識へ基盤を変えていくことが唯一待たれていることです。基盤を変える、そのために250年の間に転生を用意します。 2018.11.29  
1421 目に見えない波動の世界を学んでいる私達にとって、心の針の向け先を合致させることが最大の難点です。 2018.11.28  
1420 田池先生が亡くなられて、まもなく丸三年の年月が経ちます。肉の思いとしては手探り状態でセミナーをやってまいりました。 2018.11.27  
1419 いかに生きていくべきか、何を思うべきか。一日が始まり、 一日が終わるその中で、きちんと向き合う時間を持ってください。 2018.11.27  
1418 一番大切なものは何か。一番大切で自分が一番望んできたことはどんなことか。学んでいるから正解は知っています。 2018.11.25  
1417 肉の喜び、幸せ、色々とあります。欲を満たすということで、人それぞれ肉の楽しみ方があります。 2018.11.24  
1416 肉を持って肉の中に生きていれば色々とあります。大変だ、どうしようと深刻に思い悩む時があるかもしれません。 2018.11.23  
1415 私にはたくさんの学びの友がいます。と言っても、ぴったりと心が一致というわけではありませんが、とにかく、間違い続けてきた自分の歩みを何とか正しい軌道に乗せていこうと、もがきながらも学んでいこうとする思いが感じられるから、やはり私にとっては学びの友だと思います。 2018.11.22  
1414 「あなた、田池留吉を信じていますか。」その問いかけがどなたにもこれからさらに厳しく迫ってきます。 2018.1121  
1413 それぞれ自分に用意した時間、肉の時間です。その中でどう生きていくか、何を選んでいくか、何に思いを馳せていくか、それはそれぞれの選択です。 2018.1120  
1412 どんなに間違ってきても、生き直しができることが最高に幸せなことだと思います 2018.11.19  
1411 田池留吉、そしてアルバートと心から呼べる今があることに、喜びと幸せを感じていますか。 2018.11.18  
1410 その気になりさえすれば、いくらでもやり直し、生き直しができる今です。本当のことはこうだと伝えていただいたのだから、あとは自分次第です。 2018.11.17 第13回UTAの輪
1409 何はなくとも、母なる宇宙へ帰る、愛、心のふるさとへ帰る道をひたすら歩いていくこと、そう決めてきた自分の中の思いをしっかりと思い起こしていきましょう。 2018.11.16  
1408 幸せを知っていきましょう。本物の幸せと喜びをその心で知っていきましょう。 2018.11.15  
1407 意識の世界は分かっていけば、非常に簡単です。プラスもマイナスもない、みんなプラスだからです。 2018.11.14  
1406 瞑想、瞑想といっても、暮らしていく中で、するべきことをおざなりでいいということではありません。 2018.11.13  
1405 肉は本当に愚かだと思います。愚かだから、恵まれた中にいても恵まれているということについて鈍感になります。 2018.11.12  
1404 2018年も2か月を切りました。NPO法人UTAの輪からいただいたカレンダーをふと見れば、愛、心のふるさとへ帰ろう。とあります。 2018.11.11  
1403 何よりも大切なこと、何よりも何よりも大切なもの、どうぞ、それぞれの心の中に、意識の中にしっかりと確立してください。 2018.11.10  
  愛へ帰る道。母なる宇宙を心に呼び、喜び、喜びで次元を超えていく、すべて自分が切望してきたことでした。 2018.11.09  
1402 何よりも大切なこと、何よりも何よりも大切なもの、どうぞ、それぞれの心の中に、意識の中にしっかりと確立してください。 2018.11.08  
1401 11月志摩セミナー、ありがとうございました。間違ってきた私達ですけれど、こうしてやり直せるチャンスに恵まれていることに感謝です。 2018.11.07  
1400 学びに何を求めているか、いわゆる学びをしている動機をしっかりと確認してください。 2018.11.04  
1399 私達は何度転生を繰り返しても、真実の世界が分かりませんでした。 2018.11.03 ともに瞑想を
第205回
1398 思う喜びと思える喜び。あなたの中でしっかりと育んでいますか。 2018.11.02  
1397 2019年、元号が変わります。私は、2019年3月に60歳を迎えます。2019年、亥年。私自身、またひとつ意識の流れの中で、転機の年となるように思います。 2018.11.01  
1396 何も持たずに生まれてきたのだから、何も持たずに死んでいくのです。 2018.10.31  
1395 先行き不透明な肉、形の世界です。一寸先は闇。まさにその通りです。今はもう何が起こっても不思議ではありません。 2018.10.30  
1394 それぞれみんな本当のことを自分に伝えるために、今、こうして肉を持って学ぶチャンスを用意してきました。 2018.10.29  
1393 漫然と学ぶのでなく、漠然とした喜びではなく、しっかりと学んでいきましょう。 2018.10.28  
1392 学びの友からの質問です。 2018.10.28  
1391 これまでの転生そして学びに集う前の今世の時間。それと学びに集い学び始めてから来世の転生を迎える時間。 両者は全く違うものになるはずです。 2018.10.27 ともに瞑想を
第205回
1390 私は何のために自分が今、肉という形を持っているのかを心で分かっています。だから、私は私の思いに素直に真っ直ぐに応えていくことをやります。 2018.10.26  
1389 真っ直ぐに自分の中の切なる思いとともに、本当の自分とともに歩みを続けていく、こんな幸せな人生はありませんでした。 2018.10.25  
1388 私は私の宇宙の中に生きている、存在しています。みんなそうです。あなたもあなたもみんな自分の宇宙の中に生きているんです、存在しているんです。決して形の中に生きているんではないんです。 2018.10.24  
1387 本来の自分の生き方、存在の仕方をしっかりと思い起こし、その思いとともに生きていけるようになれば、そこから新たな喜びが感じられるでしょう。 2018.10.23  
1386 私は私の決めてきた予定のコースを歩み続け真っ直ぐに自分の思いを遂行していきます 2018.10.22  
1385 10月のUTAホール志摩セミナーも喜びのうちに無事終了しました。ありがとうございました。一泊二日の4時間ですが、それぞれの心に何か響くものがあったならば幸いです。 2018.10.21  
1384 生きていれば色々とみんなあります。あっていいんです。あって当たり前です。ただ、それを掴んで苦しんで悩むということが違っているんです。 2018.10.21  
1383 幸せも喜びも温もりもみんなみんな違っていました。本物を知らないうちは、肉の幸せ、喜び、温もりがあればそれでよかったんです。しかし、知ってしまいました。次元が全く違うことを知ってしまいました。 2018.10.20  
1382 心が叫ぶ。心が求める。愛へ帰ろう。私のふるさと愛へ帰ろうと。その叫びをその思いを全部押し込めてきたのも自分でした。 2018.10.19  
1381 学びをするか止めるか、迷っている人は止めてください。そんな迷いの中で学びを進めていこうとすること自体、自分に失礼です。 2018.10.18  
1380 204回目のポッドキャストが殊の外反応がありました。 異語です。異語を聞いてそれぞれに何かを感じられているようです。 2018.10.17 ともに瞑想を
第204回
1379 田池留吉、アルバート。心から心からそう呼びたかった。そう叫びたかった。こんなにも求め出会いたかった思いの中に、今肉を持っています。 2018.10.16  
1378 総崩れの現象の中であなたは何を思うのでしょうか。何を叫ぶのでしょうか。瞬間思う、田池留吉を思う、お母さんを思う、ありがとうと言える、難しいことかもしれません。 2018.10.15  
1377 総崩れ学びの友からメールをいただきました。一読ください。 2018.10.14  
1376 肉、形の世界は複雑です。賢く立ち回っていても、決して本当の意味で賢くはないということが、頭優先の社会に生きている意識には全く分からないというのが現実だと思います。 2018.10.13  
1375 ようやく秋らしくなってきました。今年の暑さは少々身体に堪えましたが、皆さんお元気に過ごされていますか。 2018.10.13  
1374 「卑弥呼、悲哀から目覚めへ」に続き巫女を思うというテーマで近々、UTAブックさんから冊子が出ます。 2018.10.12  
1373 今世もまた肉、肉で生きてきた時間の中で、様々なルートを辿って学びと出会った私達です。 2018.10.11  
1372 どんなにしても分からなかった世界でした。真実の世界、本当のことは全部自分の中にあったことを学び、私は今世の転生で結果を出しています。 2018.10.10  
1371 自分の生き方、存在の仕方をきちんと見直していく時間はゆったりとあったほうが幸せでしょう。 2018.10.09  
1370 先日の東北スカイプ瞑想会でも言いましたが、学びは進化しています。しっかりとした学びの基盤の上で、進化していく学びを楽しんでいきましょう。 2018.10.08  
1369 異語について。思いを語るとき、日本語で語るときと異語で語るときがあります。特に使い分けをしているわけではなく、自然とそうなっています。 2018.10.07  
1368 どこにいても何をしていても、思うことを一番大切になさってください。思う思いの向け先をそれぞれが学んでいるはずです。 2018.10.05  
1367 学びの友が先日の志摩セミナーの体験を伝えてくれました。不思議な体験ととらえておられるようです。 2018.10.04  
1366 UTAの輪の中でともに学ぶ喜びと幸せ、どうぞ、あなたもご自分の心で味わってください。 2018.10.03  
1365 台ともに始まったセミナーでしたが、キャンセルの方も少なく予定通りセミナーを終え、帰阪できました。セミナーの最後に申しましたが、これから様々なことが起こってきて、セミナーに集いたくとも集えない場合も出てくると思います 2018.10.02  
1364 今日、9月30日、セミナー会場にどれだけの友が来ておられるか分かりませんが、ともに瞑想をする時間と空間が予定通りということに感謝します。 2018.09.30  
1363 台風24号が来ます。セミナー当日、近鉄電車の運行が見合わせということになるかもしれません。 2018.09.29  
1362 自分の心を見て、流すエネルギーを感じて、そこから自分の間違いに心で気付いて本来の軌道に戻していこうとする、そのための時間を肉を持って自分に用意してきました。 2018.09.28 第13回UTAの輪
1361 みんな田池留吉の方向へ向いていこう。素直に真っ直ぐにただひたすら欲も何もなく、喜びで向いていこう。 2018.09.27  
1360 肉で、肉として生きるということは、自分を裏切るということです。 2018.09.26  
1359 田池留吉、田池先生が残してくれたという思い、ありがたみを、今色々な方面から感じています。私は幸せ者です。 2018.09.25  
1358 前を向いて、喜んで喜んでこの道を真っ直ぐに歩き続けましょう。 2018.09.24  
1357 今の私の身体の状態は、肉の思いとしては想定外です。さっさと動けていた頃からすれば、スロー、スローです。足の運びがスローです。 2018.09.23  
1356 学びの友との瞑想、「ともに瞑想会」ありがとうございました。学びのいい友がたくさんいて幸せを感じています。 2018.09.22  
1355 日々、自分の心と向き合う、それだけです。それをおざなりにしては、決していい人生にはなりません。 2018.09.22 20180922
ともに瞑想会
1354 突然で申し訳ありませんが、UTAホール大宝での「ともに瞑想会」9月22日を最後にしたいと思います。 2018.09.21  
1353 みんなよかった、どんなこともみんなよかった、そのように心で受けていくことはなかなか難しいと思います。 2018.09.20  
1352 年齢を重ねている人も比較的まだお若い人も、今世こうして学びと出会った仲間です。それぞれに決めてきた予定のコースがあります。 2018.09.19  
1351 心で感じること、心で感じられる喜びと幸せ。あなたはどの程度感じていますか。どんどん自分の中へ思いを向けてください。 2018.09.18  
1350 学びの友からのメールです。一読ください。 2018.09.17  
1349 ゆったりと自分を振り返る時間、その作業がどなたにも必要です。 2018.09.17  
1348 生きていく方向を示していただきました。真っ直ぐに歩いていきましょう。それがたったひとつの喜びの道です。 2018.09.16  
1347 帰っていくところを知らずに分からずに彷徨い、苦しみの底に沈んできたこと、それぞれに自分の心で感じておられると思います。 2018.09.15  
1346 あるのは喜びの世界だけです。そうしっかりと思えない心、他力のエネルギーがそれぞれの中にまだまだ根深く残っています。言うまでもなく肉を本物とする心です。 2018.09.14  
1345 言葉は要りません。肉、形の世界では、意思疎通をするのには言葉が要るでしょう。 2018.09.13 第12回UTAの輪
1344 セミナー会場にあなたのその肉を運んでくる、そして、たくさんの学びの友とともに心を向けようとする、これって最高に幸せなことだと思いませんか。 2018.09.12  
1343 思うことが嬉しい。思えることが嬉しい。何があっても絶対に変わらない思いの向け先を知ったことが嬉しい。そしてそれが実践できる今が嬉しい。 2018.09.09  
1342 ゆっくりとゆったりと流れる自分の中の時間を心から味わえるように、そうすれば、感じるんです、分かってくるんです。 2018.09.09  
1341 ただひたすらに純粋に真実の世界を思っていくことが待たれています。 2018.09.08  
1340 台風21号。6月の大阪府北部を震源とした地震に続いて今回の台風21号。大阪市で最大瞬間風速47.4メートルを観測。1時間以上、風が唸っていました。関西空港などあちらこちらに被害の爪痕を残し去っていったと思ったら、北海道6強の地震です。 2018.09.07  
1339 思うは田池留吉です。これをしっかりと心に刻んで、いついかなるときもこのことを忘れないように。 2018.09.06  
1338 台風21号に思いを向けます。た。 2018.09.05  
1337 心から心からお母さんを呼び、優しい母の温もりの中へ帰っていくことが、たったひとつの真実でした。その真実が自分の中にありました。 2018.09.04  
1336 何ひとつ不必要なものはない、真実の道を歩くことを果たすために、肉、形の世界において起こってくることで不必要なものは何ひとつないということを、それぞれの心でしっかりと学んでください。 2018.09.03 9月スカイプ瞑想会(合同)
1335 何ひとつ不必要なものはない、真実の道を歩くことを果たすために、肉、形の世界において起こってくることで不必要なものは何ひとつないということを、それぞれの心でしっかりと学んでください。 2018.09.02  
1334 誰が何と言おうと思うと、私の人生、最高に幸せだ、そう胸を張って言い切れる人、この指とまれ。そんな思いが瞑想の中で上がってきました。 2018.09.01  
1333 離していこう、もう離していこう、そして楽になっていこう、本当の喜びと幸せの道を歩いていこう、そう心から自然に思いが上がってくれば、すでに随分心が軽くなっているはずです。 2018.08.31  
1332 心の中に沸き起こってくる思いをしっかりと見ること、そこから目を逸らさずにしっかりと確認すること、それが一番大事なことです。 2018.08.30  
1331 信じる信を養い、深めていくことに尽きます。 2018.08.29  
1330 今世の残りの肉の時間、文字通り学び一本に行くように動き始めました。 2018.08.28  
1329 瞑想をしていますか。楽しんで喜んで瞑想をしていますか。瞑想をするゆったりとした時間、気持ち、そういうものを確保すること、その方向に可能な限り、自分の生活のリズムを組み立ててください。 2018.08.27  
1328 それぞれに残されている肉の時間、思い残すことのないように自分を大切に過ごしていきましょう。月日はあっという間に過ぎ去っていきます。い。 2018.08.26  
1327 肉を持っていれば、肉を維持するためにお金は要りますが、自分の生活を見渡して、ある程度お金の目途がついているならば、今世の残りの肉を持つ時間を、できる限りゆったりとお過ごしください。 2018.08.25  
1326 思うは田池留吉です。このことをどのようにとらえているか、私は、思うは田池留吉を実践しているか、それぞれに判定してください。 2018.08.24  
1325 思う喜びと大切さを学んでください。思う喜びとそしてその大切さです。 2018.08.23 橿原セミナー(2018.08)
1324 まず自分が幸せになりましょう。幸せとは喜びとは本当にこういうものだったんだと心から分かるまで、まず自分を学んでください。 2018.08.22  
1323 田池留吉、アルバート。ふっと思う幸せ。いつもともにある喜びを感じる幸せ。それ以外に何が要るのかと思います。 2018.08.21  
1322 自分が出してきたものはみんな自分で回収していかなければなりません。 2018.08.18 橿原セミナー(2018.08)
1321 肉に流れるのは簡単です。心を見ることを疎かにすれば、流れている自覚もないまま、肉の中に沈み込んでいく生き方をまたしても選んでいってしまうということでしょう。 2018.08.17  
1320 日々間違いだらけの自分を見ています。間違い、失敗の山積みの転生を抱えての今だから、それは当然のことです。 2018.08.16 橿原セミナー(2018.08)
1319 何度生き直しても分からなかった。なぜ苦しみから自分を救い出すことができなかったのかと。 2018.08.15  
1318 特にこれがあればいい、特にこれがしたい、そういう思いが確実に弱くなっています。 2018.08.14  
1317 いつまでもどこまでも引きずっていくことは止めにしましょう。苦しい思いは出ます。肉を持っている今、苦しい暗い重い思い、そうブラックですね、そのエネルギーを確認できれば、さっさと切り替えていきましょう。 2018.08.13  
1316 ともに心を向ける、田池留吉そしてアルバートと心から呼ぶ、思える、こんな時間と空間に自分をいざなっています。 2018.08.12  
1315 こだわり、掴む心を解き放つということを書きましたが、それは本当に大事なことです。楽に生きていきましょう。何もない、どこまでも広がっていく、喜びと温もりの中にどんどん進んでいこう。 2018.08.11  
1314 母の中へ帰る、愛の中へ戻っていくとも表現しています。 最終目的、自分達の心のふるさと、愛へ帰っていく道を今世から一歩進めてください。 2018.08.10  
1313 自分を解き放つ、簡単なようで難しいです。ですが、こだわりだとか掴む心、少しでも弱めていかなければなりません。 2018.08.09  
1312 肉から心を離す、難しいトレーニングです。しかし、果敢にそして真摯にトレーニングです。ただし、このトレーニングはいわゆる修行とは全く違います。 2018.08.08  
1311 ともに学べる仲間がいるから幸せです。宇宙の覇者を目指し闘い続け闘い抜いてきた意識の世界に衝撃的な出会いを私達は今世持たせていただきました。 2018.08.07  
1310 喜びの道を生きていくんだ、本当の喜びの道を。そう大きな強い決断をして生まれてきたこと、その思いは私を力強く牽引しています。 2018.08.06  
1309 橿原セミナーまで2週間。楽しみにしています。田池先生との思い出がたくさんある場所で、ともに思いを向けそして語る、その波動を受ける。 2018.08.05  
1308 何が一番大切なのか。田池留吉とともに生きていくことです。田池留吉、アルバートの意識の世界とともに生きていくことです。 2018.08.04  
1307 何度間違い続けても、それでもやり直す、生き直すチャンスを用意してきました。帰りたいと叫んでいるからです。どうぞ、素直になりましょう。 2018.08.03  
1306 猛暑、酷暑の毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。体調管理をして、瞑想をする喜びの時間を持ってください。 2018.08.02  
1305 瞑想です。正しい瞑想です。正しい瞑想ができなければ何も分かりません。頭を回す下らないことをしても、それは下らないことだから、下らない結果しか出ません。 2018.08.01  
1304 私達は自分の思いの世界に生きていることを、しっかりと心で知ってください。 2018.07.31  
1303 どんなに足掻いても苦しみを膨らませていくだけです。肉で何とか何とか、それは苦しみの一途を辿る道です。 2018.07.30  
1302 台風12号も過ぎ去り、さて次はいかなる現象と出会えますでしょうか。 2018.07.29  
1301 人も周りの現象も気象もみんなみんな伝えてくれています。もう時間はないことを。変わっていきなさい、変わっていくんですよ、そう意識の流れをしっかりと心に感じて喜び、喜びの人生を広げていってくださいと。 2018.07.29 ともに瞑想会
1300 自分の生き方、価値観、それらがすべて全く見当違いだったことを、今世の肉を通してようやく自分に伝えることができました。大きな成果でした。 2018.07.28 ともに瞑想会
1299 田池留吉を思う、愛を思う、まずそれをしましょう。最優先にそれをしましょう。思うことが目的です。思いの先には何もありません。思うことがすべてです。 2018.07.27  
1298 いついつに、どこそこでセミナーがありますとお知らせしたら、今だったらとりあえず300名位の方は参加されると思います。大体それくらいの規模でセミナーを進めていけたらいいのではないかと私は思っています。 2018.07.26  
1297 すべてみんな田池留吉の意識の世界が残してくれています。意識の流れの計画を順調に遂行していくために必要なこと、必要なものはすでにもう、田池留吉の意識の世界が布石を打ってくれています。 2018.07.26  
1296 どんな思いで今世生まれてきたのかを思えば、私はただただ今の時間が嬉しくてありがたくてということに尽きます。間違い続けてきた自分に本当のことを伝えていける今を自分に用意してきたことを思って幸せです。 2018.07.25  
1295 淡々とやっていくだけです。淡々とやっていくことが喜びだからです。 2018.07.24  
1294 UTAホール志摩セミナー、ありがとうございました。参加された方、どうでしたでしょうか。その時、その時にふっと心に上がってきたものを通して、互いに学ばせていただきありがとうございます。 2018.07.23  
1293 私達は帰ります。約束してきた通り、今世の出会いを持たせていただきました。 2018.07.22 ともに瞑想を
1292 本当の喜びを分かち合える、共有できる友が学びの友です。 2018.07.21  
1291 自分がどんなに幸せで恵まれているか、学びを知り母の反省、他力の反省を通して、自分の流してきたエネルギーを心に感じていけばいくほどに、伝わってくるでしょう。 2018.07.20  
1290 意識、波動の世界に生きている、存在しているんだという喜びを知っていけば、肉、形の世界にとらわれる思いが段々と薄れてきます。弱くなってきます。 2018.07.19  
1289 巫女の心、巫女の思い。悲しく辛く寂しく、しかし神の声を聞けるあなたは偉い、素晴らしいと自らを奮い立たせるしか生きていく道はありませんでした。 2018.07.18  
1288 愛へ帰ろう。愛へ帰ろう。ただその呼び掛けだけがしっかりと聞こえます。 2018.07.17  
1287 自分に本当のことを伝えていける時間を私達は用意しています。今の自分の肉を通して、そして今の自分の環境の中で、様々な思いが出ます。 2018.07.16  
1286 次元移行へと意識の流れは着実に粛々として流れています。色々な現象により形の世界が崩れていきます。崩れていくんです。どんなに守ろうとしても崩れていきます。 2018.07.15  
1285 自分を見失ってきた、見誤ってきた、苦しみ悲しみの元はここです。喜び、幸せ、温もりを追い求めてきたけれど、苦しみ悲しみの元をそのままにしてきたから、それらは儚いものでした。 2018.07.14  
1284 梅雨明けして本格的に夏です。連日の暑さ、体温以上の猛暑日も続くと予報にあります。暑いことは暑いですが、たっぷりと汗を出したあとの爽快感を味わいながら、思う喜びとともに生活をしていきましょう。 2018.07.13  
1283 今学べる素晴らしい環境の中に私達はあります。学びに集わせていただき、それぞれに学んでまいりました。その時間はたっぷりとありました。 2018.07.12  
1282 今世という時に自分を繋いできた重みは、学びに触れた人であるならば、心に感じているはずです。 これまでの転生とは全く違う人生の時間にしてください、今世を自分の転換期にしてください、このメッセージがあなたの心に届いていますか。 2018.07.11  
1281 思うは田池留吉です。どんなときも忘れずにいてください。どんなときもです。生活をする中では、それぞれに様々なことがあります。受け入れがたい事も起こってくるでしょう。 2018.07.10 第12回UTAの輪セミナー
1280 今世の出会いを本当に大切にしてください。出会いです。田池留吉の肉との出会い、そして学びとの出会い、もちろん、そこからしっかりと学んでいくという大前提がありますが、とにかく、自分自身の今世の計画を心で分かってください。 2018.07.09  
1279 目を閉じて思う、ただ思う。田池留吉を思う。出会いを思う。そして、しっかりと自分に問いかけてください。 私は意識の流れを信じているかと。 2018.07.08 合同スカイプ
1278 大宝ホールで地域合同のスカイプ瞑想会がありました。参加される方の積極的な反応を期待します。とくにこうするという形はありませんので、どんどん手を挙げていただければ、それに沿った形で学んでいけるのではないかと思いました。 2018.07.08  
1277 間違ってきたことを喜んで認めそして受け入れていく、それができる今が嬉しいとなってくる、そうなってくれば、どんなにすごい凄まじいエネルギーを感じようとも、それで自分を落とし込めたり、そのエネルギーを助長したりはしません。 2018.07.07 合同スカイプ
1276 アマテラス、何が何でもアマテラスの供養に取り組んでください。愛しい、愛しいアマテラス。ともに帰れる喜びをあなたの心に深く深く広く広く感じてください。 2018.07.06  
1275 田池留吉を思っていればいい、究極はそうです。それさえきちんとできていればということです。 2018.07.05  
1274 金の力も神の力も全く通用しない。それがこれからさらに益々明らかになっていきます。 2018.07.04 橿原セミナー
1273 橿原セミナー、ありがとうございました。家に帰り、UTAブックさんのホームページで好きな言葉を見ました。大和は国のまほろば、私の大好きな言葉でした。次元移行を伝える意識の流れの計画は、日本の国を外すことはあり得ませんでした。 2018.07.03  
1272 今日から2018年後半スタートです。そして橿原セミナーです。橿原の地でこうしてみんなとともに学ぶ時間を持てることをただ喜んでいきましょう。 2018.07.01 橿原セミナー
1271 すべては自分が決めて選んでいくことです。どう生きていくか、それはもうすでにどなたの中にも伝えていただいています。 2018.06.30  
1270 ともにあることを確信できれば、こんな嬉しいことはありません。ともにあることを確信できれば、もう右往左往することなく、どっしりと落ち着いて生きていけます。 2018.06.29  
1269 私は大宝ホールで月に一度、「ともに瞑想会」というお勉強会をさせていただいています。 2018.06.28  
1268 私達のするべきことはただひとつだけです。そのひとつのことをしっかりとやり遂げて、今世の肉を終えていくだけです。 2018.06.27  
1267 思いの世界だけです。あるのは思いの世界だけです。その思いの世界に私達は生きています。 2018.06.26  
1266 喜んで喜んで生きていく、生活をしていく、何でも当たり前で欲を欲とも思わないできた私達には、それは簡単なようで難しいことです。 2018.06.25  
1265 どんな自分であってもいいじゃないですか。ただ、今、自分の出す思いを確認できる今が、ただありがたい、そうではありませんか。 2018.06.24  
1264 苦しみはどこからくるのか、悲しみはどこからくるのか、怒りはどこからくるのか、心で分かっていますか。分かってきましたか。 2018.06.23 ともに瞑想会
1263 アマテラス。ともに学ぼう、そしてともに帰ろう、そういざなっていく喜びが響きます。 2018.06.22  
1262 学びの友からのメールです。本当のことを学ぶのに、老いも若きもありません。男も女もありません。 2018.06.21  
1261 何ひとつ不必要なものはありません。どんなことも学びの機会だととらえて、自分の中に心の針を向ける訓練を重ねていきましょう。 2018.06.20  
1260 学びの友がメールをくれました。 2018.06.19  
1259 肉は厄介です。肉は複雑です。意識の世界はシンプルです。厳しいけれど、絶対に裏切らないです。肉の優しさは状況が変われば簡単に裏切っていきます。 2018.06.18 第12回UTAの輪セミナー
1258 17日の志摩セミナーを終えて帰阪した翌朝、ドーンと縦に響きました。 2018.06.18  
1257 今世は大切な大きな岐路です。自覚のあるなし、あるいは感じている程度の違いはあります。ただ、大切な大きな岐路の今世だということは間違いのないことです。 2018.06.18  
1256 田池留吉を思うことがただ喜び、アルバートと呼べることが最高に幸せ、一人でも多くの学びの友がそういうふうになって、そして喜んで喜んでともに学びを進めていけたらいい、今回のUTAホール志摩セミナーでもその思いを強く感じました。 2018.06.17  
1255 自分を学ぶために、本当の自分を知るために、今があること、今、肉持って様々な環境の中にあって、そして自分が蓄えてきた、作ってきたエネルギーを知ることができること、それが喜びでした。 2018.06.17  
1254 今世の時間がいかに大切なのか分かっていただいていますでしょうか。 2018.06.16 志摩セミナー
1253 喜び上手になりましょう。どんな些細なことでもまずはありがとうと受け取ってみましょう。こんなことくらいでという思いは禁物です。 2018.06.15
1252 今あなたがあなたにできること、してあげれること、やってください。 2018.06.14
1251 しっかりと心の指針を確立していれば、もう肉に沈み肉に溺れていくということはあり得ません。 2018.06.13
1250 ともに瞑想を。ともに思いましょう。肉を持ち、ともに思える時間を喜んでください。ゆったりとしかし心の針はきちんと合わせて向けていくことは忘れずに。 2018.06.13 ともに瞑想を 
1249 喜んで喜んでともに学びを進めていきましょう。ただそれだけです。 2018.06.12  
1248 ともに瞑想を。ともに思いましょう。肉を持ち、ともに思える時間を喜んでください。ゆったりとしかし心の針はきちんと合わせて向けていくことは忘れずに。 2018.06.11  
1247 肉として、肉を本物として、肉を掲げて生きてきた歴史があまりにも長いです。肉を基盤とする人生には、苦しいことや悲しいこと辛いこともたくさんあるかもしれないけれど、なじみがあって親しみがあって居心地がよくて、やはり古巣という感があるのが実際のところではないでしょうか。 2018.06.10  
1246 何があっても決して揺らがない、変わらない喜びと温もりの波動の世界でした。どんなに時へ経ても絶対に変わらない波動の世界がありました。 2018.06.09  
1245 田池留吉を思える喜びがあります。アルバートと心を向ける喜びがあります。そして、ともにそうできる、そうしようとする仲間がいます。 2018.06.08 ともに瞑想を
1244 この地球上に肉を持たせた思い、私自身の思い、その思いに心を向けると、私はなんて幸せ者だったんだとしみじみ感じます。 2018.06.07  
1243 自分の愚かさにどんどん涙を流してください。どんどん叫んでください。そして悔し涙から喜びの涙へ、苦しみの叫びから喜びの雄叫びへ変えていきましょう。 2018.06.06  
1242 肉の私を好ましく思わない人も、どうぞ、ともに学びをしましょう。こうして互いに肉を持って、自分を学ぶという絶好のチャンスを自分に用意してきたんです。 あなたが私に対してどんな思いを抱いているかなんて、私は眼中にありません。ただ私は私の心に響き伝わってくる波動を流しています。 2018.06.05

第11回UTAの輪/琵琶湖

1241 心を中に中に向けていけば、出会うんです。苦しみ、悲しみ、怒り、支配、妬み、不安、恐怖、寂しさ、聳え立ち等々。それは分かり切っています。 しかし、そこでウロウロしない。もっともっと中に中に心の針を向けていきましょう。 2018.06.03  
1240 意思表示ははっきりとしてください。この学びについての意思表示です。 2018.06.02 京都スカイプ瞑想会20180602
1239 250年後を思うとたまらなく嬉しい。たまらなく幸せです。私は自分に計画してきた本当の自分、愛に帰る道にただただありがとうです。 2018.06.01  
1238 同時期に肉を持ち、田池留吉の意識の世界を学ぶチャンスを得た、喜んでください。このことをまず喜んでいきましょう。 2018.06.01  
1237 瞑想は喜び。瞑想はただただ喜びです。田池留吉、アルバートを思う瞑想、そして宇宙を思う瞑想。正しい瞑想ができるように日々学んでください。 2018.05.31  
1236 ただひたすらに真っ直ぐにこの道を。私は私にいつもそのようにメーセッジを送っています。 2018.05.31 ともに瞑想を
1235 肉を持っている今、肉に関わる様々な仕事はそれぞれにあると思いますが、生きる本当の目的を心で知っていれば、それはそれなりに淡々とやっていけばいいということになります。 2018.05.30  
1234 第11回NPO法人UTAの輪セミナーに参加予定の方、どうぞ、しっかりと宇宙を思う瞑想をしてきてください。ともに宇宙を思う喜びをあなたの心で感じていただきたいと思います。 2018.05.29  
1233 肉を持っている今、自分の思いの世界を知ること、その今の自分の肉体を通して、自分の流してきたエネルギーを知ること、こんな幸せはありません。 2018.05.28  
1232 出来る限り、最大限に、自分を学んで今世を閉じていきましょう。自分に対する責任を果たしていくこと、それは過去どの方も全くできなかったことでした。 2018.05.27 ともに瞑想会
1231 選択を誤らないでください。勇気を持ってはっきりと生きる方向を定めてください。今世こそそうしましょう。今世をあなたの転換期に必ずしてください。 2018.05.26 ともに瞑想会
1230 日々の瞑想の時間。その時々によって時間の長短はありますが、至福の時です。田池留吉を思う、アルバートを思う、そして宇宙を思う。異語で語り合う。波動の中にあることを感じる。至福の時間です。 2018.05.26  
1229 UTAブックさんが、仮題でありますが、人と動物(植物)がいる風景という本の出版を予定されています。学びの友に広く募集されるようなので、条件付きですが、奮ってご参加ください。 2018.05.25  
1228 あなた幸せですか。満ち足りていますか。自分の意識の世界が段々と分かってこられましたか。そのうえで再度聞きます。今幸せですか。満ち足りていますか。 2018.05.24  
1227 肉終えるその瞬間まで、しっかりと自分を学んでいきましょう。喜んで喜びで自分を感じていきましょう。自分が流してきたエネルギーをしっかりと確認していくことです。確認すればするほどに今どんなに幸せな時を自分に用意しているか、分かります。 2018.05.23  
1226 明確な生きる目的を心で感じている人は、本当の意味で強いです。明確な生きる目的、それは言うまでもなく、肉を基盤としたものではありません。 2018.05.22  
1225 日々の生活の中で自分が発するエネルギーを確認して、日々思いを向けて、そしてホームページを読んだりその他学びの教材を活用したりして、自宅学習を淡々とこなしていく。そして何よりも大切なことは、セミナー参加を試みて波動の世界を体験する。 2018.05.21  
1224 肉を持って自分を感じる喜びです。自分を感じる、自分の流すすさまじいエネルギー、一瞬にして飛び出てくるすさまじいエネルギーを感じることは喜びなんです。苦しみではなくて喜びなんです。あなたもそのように自分の中の変化を確認していますか、楽しんでいますか。 2018.05.20  
1223 肉を持って肉を喜ばせたり楽しませたり、色々とあると思います。もちろん嬉しい楽しいことばかりではないかもしれないけれど、泣いたり怒ったりイライラする時よりも、笑って楽しく過ごす時が多いほうがいいに決まっています。ただ、心から笑っているかどうかということがありますが。 2018.05.19  
1222 アルバートとともに、ここに思いを向けて瞑想です。あなたの心に突き上がってくる叫び、雄叫び、それはそれは待ちに待った喜びの叫びです。 どうぞ、あなたもその心の中でこの体験を重ねていってください。 2018.05.18  
1221 私の人生、いったい何だったのだろうか。あなたがその肉を置いていくとき、よもやこんな思いが自分の中から出てくることはないでしょうね。 2018.05.17 ともに瞑想を
1220 瞑想の喜び、瞑想の楽しみを心で知っていますか。それを知っていたら、思いを向ける喜びと幸せを知っていたら、あと肉の雑多な用事は、それなりにぼちぼち程々にやっておけばいいのではないでしょうか。 2018.05.17  
1219 セミナー等が終われば、ともに瞑想をした学びの友からメールをいただいたりしています。そのうちのひとつです。一読してみてください。 2018.05.17  
1218 学んでいこう、心からそう真剣に思う人達だけが学んでいく、形として見ればそういうことになっていくと思います。
2018.05.16
 
1217 決して綺麗ごとでは済まされません。はっきりとしっかりとした思いのもとで、生きていく方向を見定めていくことが要求されます。
2018.05.13
志摩セミナー
1216 心で決めてきた道でした。自分の心の針の向け先を確認、生きていく方向、歩いていく方向をしっかりと見定めて、そして自分に問いかけながら、この道を真っ直ぐにということです。
2018.05.12
 
1215 最近に始まったことでもないですが、特に近頃は、えげつない事件を目にします。耳にします。えげつないというのは関西弁だから、なじみがないかもしれません。要するに常軌を逸したまさに人間の狂った思いが、様々な現象として頻繁に起こってくるのでしょう。
2018.05.11
 
1214 あなたは学びに出会ったんです。どんなルートを辿ってそうなったのかは問いません。学びに集い、心を見ることを伝えていただきました。なぜあなたは生まれてきたのかということを心で知ってくださいということでした。
2018.05.10
 
1213 本当のことははっきりと言わなければなりません。言葉を濁してはいけません。それが相手にとって厳しいことであっても、学びに関することは、いい加減では済まされません。意識の世界は、1+2=3です。1+2≒3は通用しません。肉、形の世界とは全く違います。
2018.05.09
 
1212 田池留吉、アルバート、そう本当に心から思い、心から呼べる幸せと喜びで自分の中を広げていきましょう。広げていけばそれにつれて、闇のエネルギーもまた飛び出してきます。それは嬉しいことです。温もりの中で、どんどんこの仕事をしていきましょう。
2018.05.08
 
1211 田池留吉の意識の世界が、ひとつの肉を持ってきて、そして真実の波動の世界を伝えてくれた、次元移行という意識の流れを伝えてくれた、これは揺らがない事実です。
2018.05.08
ともに瞑想を
1210 肉を離すその瞬間まで、自分に責任を持って生きていきましょう。生き抜いていきましょう。もう二度と自分を裏切らないと誓ってきた思いを心に、愛へ帰るたったひとつの生き方を選び取ってください。
2018.05.07
第11回UTAの輪/琵琶湖
1209 田池留吉の肉が指し示した方向にしっかりと自分の心の針を向けて合わせて、喜んで自分が作ってきた宇宙を崩していきましょう。
2018.05.06
 
1208 鹿児島、宮崎スカイブ瞑想会、ありがとうございました。最初、音声のエラーが少々ありましたが、それも程なく解消して無事予定通り終了でした。
2018.05.06
 
1207 喜びと幸せの道、この道一本で突き進んでいく準備、用意を滞りなく進めていきましょう。愛へ帰る道、アルバートとともに、全宇宙とともに、母なる宇宙へ帰る道、この道一本です。
2018.05.05
 
1206 あなたは本当の喜びを知っていますか。本当に今幸せですか。自分が生まれてきたことを心から喜んでいますか。肉を持たせた自分の思いに触れていますか。心に響いていますか。
2018.05.04
 
1205 ゴールデンウィーク後半スタートです。デスクトップパソコンも無事回復し、5月の志摩セミナー、第11回NPO法人UTAの輪セミナーに心を向けて、色々と調整していきます。
2018.05.03
 
1204 ともに真実の道を歩いていきましょう。喜びの道、愛へ帰る道、母の温もりの中へ戻っていく道です。
2018.05.02
 
1203 心はどこを向いているか、いつもいつも確認しましょう。日々の生活の中では色々とあると思います。あって当たり前です。何もかも思い通りというわけにはなかなかいきません。ですが、そんな中においても、何が今の自分にとって大切なことなのか、絶えず確認することです。
2018.05.01
 
1202 南河内のかなんぴあというところで、学びの友とともに瞑想をさせていただきました。私は初めて訪れたところですが、ゆったりとした会場でよかったと思いました。
2018.04.30
 
1201 自分が自分に用意した時間、環境、肉を通して、しっかりと自分が流してきたエネルギーを知ってそしてそのエネルギーを本来の私のエネルギーに変換していく楽しみを味わっています。
2018.04.29
南河内青年会の
瞑想会で収録
1200 私のゴールデンウィークの始まりは、思わぬパソコンの不具合となりました。パソコン操作に不慣れですので、何か問題があるといつもUTAブックさんのお世話になっています。
2018.04.29
 
1199 ともに歩く道、ともに生きる道を伝えてくれました。その喜びと幸せを伝えてくれました。もう自分を裏切らないと誓ってきた自分に誠実に、ただ素直に生きていこうと、瞑想の中で確認、確認しています。
2018.04.28
 
1198 何はなくとも嬉しい。ただ嬉しい。思える自分がここにあることが嬉しい。そんな意識の世界を確認、そして確信して、日々の生活を淡々としていけばいいだけでした。
2018.04.27
 
1197 自分に自分が用意したもの、肉、環境、時間、それらを総動員して、必ず自分の決めてきた予定を滞りなく遂行してください。自分の決めてきた予定、それは肉のことを言っているのではなく、意識の世界の変革です。
2018.04.26
 
1196 新緑が目を癒してくれます。つつじが咲き乱れています。アジサイももうすぐですね。第11回NPO法人UTAの輪のセミナーの受付も始まりました。2018年も足早に過ぎ去っていきます。
2018.04.25
 
1195 それぞれに生活があり、生活パターンが違います。思い方、考え方、ものの見方、価値基準、肉を基盤とする中においては、千差万別です。幸せ、喜びもそうだと思います。
2018.04.25
 
1194 私はアルバートの波動と出会うために肉を持ってきたんです。狂い続けてきたけれど、その思いを心にしっかりと秘めて、今世この世に出てきました。
2018.04.24
 
1193 苦しむだけ苦しんだらいいんです。悩むだけ悩んだらいいんです。苦しみ悩んだ分だけ、意識を転回すれば喜びは大きく大きく広がっていくからです。
2018.04.24
 
1192 UTAホール志摩セミナー、ありがとうございました。笑顔でお別れできるセミナーをまたひとつ終えることができました。
2018.04.23
 
1191 学びは波動です。波動を学んでください。今現在、私は、年四回の本セミナーその他、学びの友とともに瞑想をする時間と空間を用意していただいています。
2018.04.22
 
1190 あなたの中にいい循環を作ってください。そのためには、まず素直になることです。素直に学びと向き合うことです。
2018.04.21
 
1189 として肉で生きてきた過去。どんなに幸せになりたかったか。だけど、どんなにしても幸せになれなかった。ありとあらゆることをやってきました。
2018.04.20
 
1188 今月最終の日曜日に、南河内のかなんぴあというところで、学びの友とともに瞑想をする時間を持ちます。
2018.04.19
 
1187 思う喜び、思える喜びと表現していますが、本当にそれでした。田池留吉を思う思える、アルバートを思う思える、今こんな時間を用意していることがすごいとしか思えません。
2018.04.18
 
1186 色々な面において恵まれている環境にあります。恵まれているというのは、自分を知るという学びの計画を遂行するにあたって特段の支障がないという意味です。自分の思い通りに学びが遂行されていく喜びの中にあります。
2018.04.17
 
1185 日々、日本各地で世界各地で事件、事故が起こります。自然災害が頻発します。現象界、形ある世界が揺れ、崩れ去っていくことによって、あるひとつのメッセージを発しています。
2018.04.16
 
1184 学びの友よりメールです。単純によかった、ありがとうと思いました。シンプルに生きていきましょう。シンプルにそして本当の自分に真っ直ぐに生きていきましょう。
2018.04.15
 
1183 「あなたは幸せですか。」何度となく自分に聞くことを勧めています。あなた自身が本当に幸せだと答えられない限り、何もどうすることもできません。
2018.04.15
 
1182 学び一本、あなたに強制しません。ただ、私が私の中に思いを向けて、田池留吉の世界からのメッセージを聞く私にはそう伝わってきます。
2018.04.14
 
1181 落ち込んでいる暇はないんです。ぶつぶつ言っている時間はないんです。泣いても悔やんでも仕方がありません。自分にもっと優しくなっていきましょう。
2018.04.13
 
1180 次元移行という意識の流れを心で知り感じ、そして日々の生活を淡々と送っていく、こんな肉の時間が多くあれば幸せです。
2018.04.13
 
1179 ただひたすらに真っ直ぐに、田池留吉、アルバートを思う。それは簡単なようで難しいことです。
2018.04.12
 
1178 苦しみの奥底へさらに奥底へ沈んでいくか、それとも苦しみの奥底の底から浮き上がってくるか、ふたつにひとつです。そして、それは全部自己選択、自己責任です。誰も何も救ってくれない、助けてくれません。
2018.04.11
1177 思う喜び、思える喜びを知りました。思うことは喜びなんだ、そう知りました。何を思うか、思えるか、それを今世の肉を通して学ばせていただきました。
2018.04.10
 
1176 小さな枠の中に自分を押し込めず、もっと広い中にある自分の世界を感じていきましょう。
2018.04.09
 
1175 意識の世界の変革をよろしく。なぜ生まれてきたのか、真剣になって自分に問いかけてください。自分の思いをごまかさず、自分の思いから逃げずに、自分に問いかけてください。
2018.04.08
 
1174 瞑想を楽しんでください。楽しんでいきましょう。肉あればこそ楽しめるんです。
2018.04.08
 
1173 本当に心から学んでいこう、なぜ自分は生まれてきたのか、なぜ色々な苦しみや悲しみがあるのか、真実はいったい何なのか、そういったものにしっかりとした回答を見出そう、真摯に素直に真っ直ぐに学びと向き合う方達とともに歩みを進めていく喜びと幸せがあればいいと、私は思っています。
2018.04.07
第11回UTAの輪/琵琶湖
1172 昨日、南河内UTAの輪勉強会の第22回を聞かせていただきました。
2018.04.07
 
1171 真っ直ぐに思えば思うほどに応えてくれる世界です。
2018.04.06
 
1170 箸にも棒にも掛からぬ意識と表現しました。自分のふるさと宇宙を汚しまくってきた意識の世界でした。
2018.04.06
 
1169 ゆったりと流れていく時間を楽しんでいます。何をするのでもなく、ただゆったりとゆっくりと思える時間があれば、それは幸せだと言えるでしょう。
2018.04.05
 
1168 自分の心で感じ分かっていく学びであり、よって、心で感じることを拒否したり、あるいは感じたものを信じ切ることができなければ、幸せとか喜びは分かってこないでしょう。
2018.04.04
 
1167 心はみんな知っています。なぜ生まれてきたのかも、何をするために今ここにあるのかも、本当はみんな自分の心で知っています。
2018.04.03
 
1166 学びの友のメールです。一読してみてください。 191回の朗読とともに瞑想しました。
2018.04.03
 
1165) さあ自分の間違いを知っていこう、そして本当の自分と必ず出会うんだ、そんな思いを心に秘めながら、何もかも整った状態の中に肉体を持たせてもらったんだ、何度も何度も感じてきました。だから、私は幸せです。
2018.04.02
 
1164) さあ自分の間違いを知っていこう、そして本当の自分と必ず出会うんだ、そんな思いを心に秘めながら、何もかも整った状態の中に肉体を持たせてもらったんだ、何度も何度も感じてきました。だから、私は幸せです。
2018.04.01
1163) ともに、UTAの輪の中でともに学んでまいりましょう。UTAの輪を見失っては、愛へ帰る道は絶対に分かりません。真っ暗闇の中でどれだけの時へ経てきたか、もう同じ過ちを繰り返すのは本当に止めてください。真っ暗闇の中で薄らぼんやり灯された光を目指してください。
2018.04.01
 
1162) ゆったりとゆっくりとそして喜んで、自分を感じてください。自分の生き方、思う方向、全部間違ってきたことをまず心で分かることが大事です。心で分かれば、真っ直ぐに素直に、思う方向を変えていくことができます。
2018.03.31
 
1161) 桜満開、春爛漫。満開も花吹雪も見ごたえがあります。四季折々の風景を楽しむことができる日本の国に肉を持ってきたことを喜びながら、しかしその一方で、気候のリズムも正常でなくなってきていることを感じています。
2018.03.30
 
1160) 自分の心を見ることに尽きます。自分の流している思い、エネルギーを今、肉を持っている今、しっかりと確認してください。肉を持っている今だから確認できます。そしてその修正もできます。
2018.03.30
 
1159) 田池留吉を思うことができる、アルバートを呼ぶことができる、幸せな自分と出会っています。やっと、やっとそんな自分と出会えた今世でした。
2018.03.29
 
1158) 250年後の出会いを楽しみにしています。みんなそれぞれに心は荒んで、もうどうしようもない状態の中で出会うのです。
2018.03.28
 
1157) 琵琶湖セミナー、ありがとうございました。ワン・ツー・スリーの瞑想はもちろんですが、ふるさとの歌をみんなでともに歌いながら、喜びのエネルギーの中にあることを感じていくことも大きな、大きな喜びです。
2018.03.27
 
1156) 宇宙に向ける瞑想が嬉しくて喜びで、宇宙を思うことができる今が本当にありがたくてというふうになってくればいいんです。宇宙は愛です。宇宙を思うということは、愛、自分を思うということです。
2018.03.25
 
1155) 思うは田池留吉です。思うはアルバートです。思うは宇宙、母なる宇宙、愛です。UTAの輪の中で、ともに心を向けてまいりましょう。
2018.03.24
 
1154) 宇宙と心から思える喜びと幸せ。今世初めてそんな喜びと幸せを知りました。宇宙に心を向けてみなさい、向けてごらん、そのいざないは私の中をどんどん開いていきました。
2018.03.23
 
1153) もうすぐ琵琶湖セミナーです。琵琶湖セミナーは、今は年に2回となってしまいましたが、関西の人達には根強い人気があります。
2018.03.22
 
1152) 死んでも終わらない自分の世界です。死んで安らかに眠ってなんかいられません。安らかな眠りにつけるならば、死は恐怖でも何でもないではないですか。しかし、みんな自分の心で知っています。
2018.03.21
1151) 欲に塗れ自分を見失ってきた過去とはもう本当に決別しましょう。肉を持てば欲は消えることはありません。ただ、欲に塗れる愚かなことを止めることはできます。
2018.03.21

第11回UTAの輪/琵琶湖

1150) 心に広がる思い、広がっていく喜びは、何度でも味わうことができます。
2018.03.20
 
1149) 宇宙を真っ黒に汚してきたから、宇宙に向ける瞑想がとても恐怖でした。狂いに狂い、狂い続けてきた過去の自分を呼び起こすことなどできるものか、お前の言うことなどに何で素直に従わなければならない、そうやって、私は反発、反逆の思いを出し続けてきました。
2018.03.19
 
1148) あの人もこの人もみんなみんな、本当は田池留吉を思って、そして母を思っていくことに出会わなければならないんです。
2018.03.18
 
1147) 私は正しいという思いからは、何も変わらないです。
2018.03.17
1146) ともに学べる時間と空間が用意されていることが本当に幸せだと思います。苦しみの奥底に彷徨い続けてきた意識に、ようやく明るい兆しが差し込み、そしてその一筋の灯りを段々に広げていける喜びの中にあります。
2018.03.16
 
1145) UTAホール志摩セミナーの今年後半の参加者名簿がメールで送付されてきました。あと各月数名ずつ、今月の琵琶湖セミナーで抽選があって、それで決定です。
2018.03.15
 
1144) 自分が生まれてきた意味を心で知ったならば、その自分の中の思いを淡々と遂行していく喜びを感じながら生きていけます。
2018.03.15
 
1143) 宇宙に思いを馳せる、宇宙を思う瞑想を重ねていく、そして私は愛でしたと思いを向けていく、そんな時間を肉を持つ間、何度も何度も持ってください。
2018.03.14
 
1142) 肉を持っている間に、できる限り、精一杯、自分を見ていきましょう。自分の流してきたエネルギーを、自分が作ってきた世界を知っていきましょう。感じる、知る、そして変えていく方向に思いを向ける、喜んで喜んでその道を一歩進めてください。
2018.03.13
 
1141) UTAホール志摩セミナー、一泊二日ですけれど、1月、2月、3月参加された方、どうでしたでしょうか。自分の心で感じる、そして自分の心で分かっていく学びですので、自分の今の環境の中で無理をせずに、しかし、真剣に真摯に取り組んでください。
2018.03.12
 
1140) 見ていく思いの先はただ一点です。意識の流れが伝える次元移行へしっかりと思いの照準を合わせて、そして肉もまた楽しく心地よくその時間を過ごしていくことが最高に幸せな人生と言えると思います。
2018.03.11
 
1139) 学びの時間は限られています。肉を持って学ぶ時間は限られています。その時間のうち、本当に体力、気力のある間に喜んで学んでいきましょう。
2018.03.10
 
1138) 大阪で桜開花の頃、琵琶湖でセミナーです。目に見える友、目に見えない友、たくさんの友とともに、田池留吉、アルバート、そして愛、母なる宇宙へ心を向けていける喜びです。
2018.03.09
 
1137) 大切なこと、大切なもの、本当に自分にとって何が大切なことなのか、大切なものなのか、絶えず問いかけることが必要だと私は思っています。
2018.03.08
 
1136) あなたの心の中は、今どんな状態でしょうか。綱引き状態が続いていますか。
2018.03.07
 
1135) 肉を持っている以上、肉を維持するのに必要なこと、必要なものはあります。衣食住を適当に整え、体調管理にもできる限り気を付けてというところで、必要最低限という意味です。
2018.03.06
 
1134) 田池留吉を思い、アルバートを思い、意識の流れを思います。
2018.03.05
 
1133) 昨日、今日と2日連続で、南河内のスカイプ瞑想会がありました。ホールの近くに住まわれている方が殆どで、学ぶにあたっての環境は整えられています。
2018.03.04
 
1132) どんな時も、思うのはただ一点です。その一点を自分の中で知っていくことを、何よりも、何より優先してください。
2018.03.04
 
1131) 想定内、想定外、様々なことが起こってくる中で、どうぞ自分を見失わないように、自己確立に努めてください。自分を捨てないでください。
2018.03.03
 
1130) 思いを純粋に向けると書きましたが、それはどういうことか分かりますか。
2018.03.02
 
1129) 田池留吉、アルバートの世界は厳しいけれど真実の世界だから、思いを純粋に向けていけばいくほどに、応えてくれます。
2018.03.02
 
1128) 体力、気力の許す限り、ともに瞑想をしましょう。思う、思える喜びをどんどん感じていきましょう。
2018.03.01
 
1127) それぞれに学べる環境が違います。色々と事情もあるでしょう。ですが、そういうことを言い訳にして、自分から目を背けずに、きちんと自分の流してきたエネルギーを確認してください。
2018.02.28
 
1126) 二つに一つです。学びはそういうことです。学びをするということはそういうことです。二刀流は通用しません。
2018.02.27
 
1125) もうすぐ弥生三月。2018年最初の本セミナーが三月の最終週にあります。これから、第10回NPO法人UTAの輪セミナーに向けて資料を整えます。
2018.02.26
 
1124) 学びの友のメールです。よかったと笑顔で別れていく喜びは、何度味わってもいいものです。
2018.02.26
 
1123) UTAホール志摩セミナー、ありがとうございました。ポッドキャストを聞いていただいたかもしれませんが、今回、参加者名簿に目を通したとき、お久しぶりのお名前があって、つい嬉しくなってあのような内容になりました。
2018.02.25
1122) 肉を持つ時間は限られています。肉を離す時が突然にやってくる場合もあります。今はもう何が起こってもおかしくありません。
2018.02.25
 
1121) 意識の転回。大きなたったひとつの大切な大切な仕事です。困難と厳しさを伴いますが、クリアする以外にありません。
2018.02.24
 
1120) 体力、気力のある間に学んでください。どちらも大切です。単に生き永らえることが幸せなことではありません。
2018.02.23
 
1119) 苦しみも悲しも寂しさも怒りもその他みんなみんな違っていました。それらは一人の人間のとしてのごくありふれた感情、思いだけれど、それは私達が作ってきたものでした。最初からあったものではありませんでした。
2018.02.22
 
1118) 暮らしていくにはある程度のお金が要ります。仕事をして収入を得るか、年金か、相続等で確保するか色々とあるでしょう。後ろめたいものでなければ、それらを活用してまず生活のリズムを整えていきましょう。
2018.02.21
 
1117) 私は、田池留吉を信じています。田池留吉を信じるということがどういうことなのかを心で分かっています。
2018.02.21
 
1116) 楽しく日々生きていますか。不平、不満、愚痴、暮らしていれば出てくると思いますが、できるだけ短時間に反転してください。悲しいことや、辛いこと、苦しいことも起こってくるでしょう。
2018.02.20
 
1115) 愚かでない人間などいません。私達はみんな愚かでした。愚かです。そんな愚かな私達だからこそ、本当のことに出会っていけば、嬉しさが倍増します。
2018.02.19
 
1114) はっきりとした意思表示をしてください。自分は、私はこうして生きていくんだ、こっちのほうに心を向けて、思いを大切に生きていくんだ、そう決断すれば、それを淡々と遂行していくだけです。
2018.02.18
 
1113) 学びの友からのメールです。読んでみてください。
2018.02.17
 
1112) 目に見える友、目に見えない友、たくさんの友とともに、今日また心を向ける時間と空間をいただきました。
2018.02.17
 
1111) 瞑想をしてください。瞑想をしましょう。正しい瞑想ができるようになれば、本当に分かってくるんです。
2018.02.17
1110) 世の中の流れに逆流する流れのように感じる意識の流れかもしれません。
2018.02.16
 
1109) 田池留吉、アルバート。今そう呼べる今に喜びを感じていますか。
2018.02.16
1108) どんなことも自己選択、自己責任です。例えば好き放題、自分の思いのまま、欲のままに生きていったとして、その責任は全部自分で負うようになっています。
2018.02.15
 
1107) ともに瞑想をという時間と空間を用意しています。ともに瞑想をしていける今を喜んで、学びの仲間とともに瞑想をしてください。
2018.02.14
 
1106) 意識の流れ。この流れをしっかりと自分の中で感じてください。意識の流れ。この流れの中にあると伝えていただきました。
2018.02.14
1105) 私は、最近つくづく思います。一番幸せなのは、ゆったりとした時間がある人だなあと。もちろん、言うまでもなく学びに触れているというのが前提条件ですが。
2018.02.13
 
1104) 生きていく方向を転換していくこと、それは肉から意識への転回を意味しますが、これは本当の自分からの唯一のメッセージです。
2018.02.13
 
1103) 私達は思いの世界に生きているということをくれぐれも忘れないでください。今、形の世界を目の前に展開していますが、それは言うまでもなく影の世界です。しっかりと形があるから、なかなか影だとは思えないかもしれませんが、影は影です。
2018.02.12
 
1102) 苦しんで苦しんで、悩んで悩んで、しかし、その中から、見事に蘇っていく、そんな手立てがあることをあなたは今の肉を通して知ったはずです。
2018.02.11
 
1101) 奈良スカイプ瞑想会、ありがとうございました。前を向いて、ご自分の歩みを少しでも前へ出してください。
2018.02.10
 
1100) なぜ生まれてきたのか、なぜ私は今ここにこうして肉を持っているのか、いつもいつもそこのところへ自分の思いを戻してください。
2018.02.10
 
1099) 田池留吉、アルバート、そう思える、思いを向けて語れることが本当に何よりも何よりも幸せであり、そして一番大切なことです。
2018.02.09
 
1098) 毎日の生活の中で、自分の流してきたエネルギーの間違いにいくらでも気付いていけます。
2018.02.09
1097) ともに生きていく喜びを味わっていますか。肉としてではなくて、本来の自分とともに、意識の世界を共有できる幸せ、喜びです。
2018.02.08
1096) 私達は肉でないから、死んだあとがあります。死んだら肉体は無くなるけれど、私達は消えてなくなりません。
2018.02.07
1095) 学びの友といっしょに歌うふるさとの歌。歌を口ずさみながら、手を振ったりして、セミナー会場で喜びを分かち合えること、何度体験してもやはり嬉しくて、嬉しくて、本当に幸せです。
2018.02.06
1094) ともに歩める喜び、ともにある喜び、あなたはどの程度、心に広げていますか。ともに歩める喜び、ともにある喜び、肉、形の世界ではないから、それは限りなく続く喜びを意味します。
2018.02.04
1093) 自分の今できることを淡々と真摯にやっていこうとする思いが、必ずそれぞれの学びの歩みを前進させていくと信じてください。
2018.02.04
1092) 私達は今、肉を持っています。喜んでいきましょう。肉の喜びと幸せを追い求めていくのではなくて、ただ今、肉を持ってそこにそうしてあることを喜んでいきましょう。
2018.02.03
1091) 自分と向き合い、自分の心を見て、自分と語る、どれもこれも何て優しいのだろうかと思いました。
2018.02.03
1090) 心を田池留吉に向けよう。素直に向けてみましょう。何も思わずに、ただ向けてみましょう。そんな一瞬、一瞬を持ってください。
2018.02.02
 
1089) 自分の切なる思いを必ず果たす。強い意志のもとで、本当の意識の世界を確立してください。
2018.02.01
 
1088) 一日が始まり、一日が終わる。この繰り返しの中で、色々な出来事に出会い、人に出会い、自分の心が揺れる。右に左に大揺れの場合もあれば、さざ波であっても心の奥底から突き上げてくるブラックの塊を知らされるときがあります。
2018.01.31
 
1087) 何を思うか、思えるかで、意識の世界の様子は全く違います。肉を持っている間は、どうしても心の針が外に向きます。中へ向けてということを学んでいる人は別として、普通はそうです。
2018.01.30
1086) 宇宙にたった一人、どうして生きていけばいいのか全く分かりませんでした。幸せの真似事はできました。だけど、心の中はいつもいつも苦しみだけでした。寂しさだけでした。
2018.01.29
 
1085) 目を閉じて思いを向ける。ともにある喜びを伝えてくれます。心を向ける喜びと幸せ、そして安心を知りました。
2018.01.29
 
1084) 私は嬉しいです。本当に嬉しいです。自分の思い通りの時を刻んでいるからです。思い通り、私はアルバートの波動と出会いたかったんです。
2018.01.28
 
1083) 切なる思い。今日、UTAホール大宝でともに学んできましたが、そこでもこの切なる思いという言葉が出てきました。
2018.01.27
 
1082) 幸せになる一番の近道は、自分の心を見ることを始めていくことにあります。
2018.01.27
1081) ゆったりと過ごす、なるべく時間に追われる生活ではなくて、自分の身体も気持ちもゆったりとできる生活環境に整えていく、私は、学びをしていくについて、こういうことも非常に大切なことだと思っています。
2018.01.26
1080) 闇黒の宇宙よありがとう。宇宙の覇者になるために、闘い抜いてきました。その闇黒の宇宙がようやく自分の本当の姿を知り得たのです。
2018.01.25
 
1079) 前を向いて歩いていきましょう。生きていきましょう。肉基準ではありません。前を向いて生きていくということは、自分の中の喜び、温もりを信じて、自分は愛ですという確たる思いを育むということです。
2018.01.25
 
1078) 本当のことが知りたかった。真実はどこかに必ずある。この思いが私を引導してきました。今世もまた生まれてきたけれど、過去と同じで自分の生きていく方向が分からず、肉、肉で何とかとそれなりに一生懸命でした。
2018.01.24
 
1077) 少しずつ、ほんの少しずつでも、喜び、温もりの自分を信じていこう、そう思えたならば、その思いをしっかりと育んでください。
2018.01.23
 
1076) 前へ、前へ、半歩、一歩を踏み出していきましょう。踏み出していく方向を示してもらい、そして本当の自分の後押しがあることも知りました。
2018.01.22
 
1075) 心で感じているか否か、それもその程度により学びに対する姿勢、すなわち自分の生き方、存在の仕方に格段の差が生じてきます。
2018.01.22
 
1074) 私は、今の肉を持っている意味を心から知っています。何をするべきなのか、何をしたいのか、私の意識の世界は承知しています。
2018.01.21
 
1073) 学びに触れた喜びを喜びとしてそれぞれの心から流していってください。過去、どんなに間違い続けてきても、方向転回をやっていこうと自分に誓ってきたから、学びに触れたんです。
2018.01.21
1072) 苦しいとき、悲しいとき、寂しいとき、心が落ち込むとき、心を見るということは必至です。ですが、嬉しいとき、喜びを感じているときもまた、しっかりと自分の心を見てください。
2018.01.20
1071) 肉は愚かでいいんです。しかし、ただ一点。その愚かな肉を通して伝わってくるエネルギーに本当のことを伝えてください。
2018.01.19
 
1070) 心も身体もゆったりと、ゆったりと流れる時間の中に漂わせ、そして思いを向ける、心の針の向け先を確認しながら、自分の中に伝わってくる波動を感じていく、そういう生活習慣が成り立っているならば、それが一番幸せな人生だと言えると思います。
2018.01.18
1069) 肉が忙し過ぎるのはよくありません。肉ですることは少ないほうがいいんです。
2018.01.17
 
1068) 私はどんどんメッセージを送ります。送り続けます。なぜならばこれが真実だからです。
2018.01.16
1067) ありがとう、ありがとう。出会いをありがとう。心からありがとう。どうぞ、それぞれの心をこれからの転生に繋いでいってください。
2018.01.16
 
1066) 素直になって、ひたすらに田池留吉を思うことです。そこには何もありません。あるのはともにある喜びだけです。
2018.01.15
 
1065) 淡々とそして継続して学んでいくこと、瞑想をしていくこと、それしかありません。
2018.01.14
 
1064) 自分が自分に与えた時間、用意した時間、肉を持つその時間、どのように活用していくか、全部肉のあなたに任せられています。そうやって、私達は、これまでどれだけの転生のチャンスを用意してきたのでしょうか。
2018.01.14
 
1063) 私はあなた、あなたは私。ひとつ。信じていくこと、いけること、それだけが喜びです。
2018.01.13
1062) 肉、形を本物とする世の中で、そうではないということを分かっていくことは確かに難しいです。
2018.01.13
 
1061) しっかり自分の心を見て、そしてただひたすらに田池留吉、アルバートを思う瞑想をしてください。時間の長短は問いません。一瞬、瞬間、何を思うか、本当に心から田池留吉、アルバートを信じているのか、それは一瞬で決まります。念じるんじゃないんです。
2018.01.12
 
1060) 全部、自分の中の出来事です。思いの向け先を確認して、そしてただひたすらに真摯に田池留吉、アルバートを思い、今ある喜びを心に感じているかどうかです。
2018.01.11
 
1059) 田池留吉、アルバートの波動の世界を心で感じられたならば、まずそれをしっかりと信じていくことです。信を深めていくことです。
2018.01.10
 
1058) 複雑な生き方は止めましょう。生活はシンプルに。人間関係もシンプルに。
2018.01.09
 
1057) 田池留吉、ありがとう。心からありがとう。思えば嬉しいです。よくぞよくぞ伝えてくれました。こんな愚かな私にあなたは私を信じてそしてひとつだと言ってくれました。
2018.01.08
 
1056) みんな田池留吉、田池先生が残してくれたものです。私達にしっかりと本当のことを知りなさいと孤軍奮闘で伝えてくれました。
2018.01.07
 
1055) 瞑想をして確信を深めていくんです。だから、その瞑想は欲ではできません。正しい瞑想とは、すればするほどに自分の中に確信が深まっていく瞑想です。
2018.01.06
 
1054) 自分に誠実に生きる、この意味をそれぞれの心で本当に感じてみてください。肉でない波動の世界が真実なんだと、心から分かる時間がそれぞれに用意されています。
2018.01.05
 
1053) 本当のことを知って、自分はなぜ生まれてきたのかを心で知って、本当に自分は自分の予定したコースを歩いているだろうかと精査して、自分の今の肉の時間を終了するように努めてください。
2018.01.04
 
1052) 愛へ帰るしかないんです。愛へ帰ることが私達のすべてです。肉のことは本当に程々になさってください。時間の経つのは早いです。
2018.01.03
1051) あなたのこれからの転生、何度あるかしれません。ですが共通することは、今までにない厳しさであるということです。
2018.01.02
 
1050) 私達の中には溢れるほどの喜びがあります。それを全部押し込んで苦しい思いばかりを膨らませてきました。
2018.01.01
 
1049) 自分の中の愛に目覚めるという自分との約束、今世を境にして、必ずその約束を果たしてください。
2017.12.31
 
1048) 体力、気力、そこそこあるうちに、しっかりと学びをしてください。その時間は限られています。ある程度年齢を重ねておられる人ならば、実感だと思います。
2017.12.30
 
1047) 田池留吉を思う、アルバートを思う、母を思う、それがあなたの日常であってください。その他の生活のことは、それなりに適当にこなしていけばいいんです。
2017.12.29
 
1046) 今、自分を見てください。自分の苦しかった心、間違ってきた心、狂い続けてきた心、どんなに今という時を待ち望んできたか、その思いに触れてみてください。
2017.12.28
 
1045) 肉的に恵まれない環境の中で悩み苦しんでいる人と、肉的に恵まれ何不自由ない生活をしているけれど悩み苦しんでいる人と、どう違うと思いますか。
2017.12.27
 
1044) みんなそれぞれの環境の中で、自分は本当に幸せ者でしたと心で気付けばいいだけです。何はなくとも幸せ、それは思う喜び、思える喜びを知る以外に分かりません。
2017.12.26
 
1043) 形の世界には、割り切れないことがたくさんあります。選択肢も色々とあるから答えがひとつでなく、考え方、物の見方、価値基準の違いから、本当に千差万別の生き方があります。
2017.12.25
 
1042) 私には私の計画があります。あなたにはあなたの計画があるでしょう。私達は愛へ帰る意識です。あなたの計画はその自分の計画通りに遂行されているでしょうか。
2017.12.24
 
1041) 学びの友よありがとう。大宝ホールでともに瞑想の時間をいただきました。私達は本当に間違って間違って生き続けてきました。今もその間違いを繰り返しています。
2017.12.24
 
1040) 私達は本当に幸せ者なんです。本当にあなたの心で分かっておられるでしょうか。それは、死後のあなたの思いを、叫びを心で感じてくれば、はっきりとしてきます。
2017.12.23
 
1039) 正しい瞑想をしているか、できているかに係っています。本当の人生の目的を知り、本当の喜びと幸せの自分と出会うためには、正しい瞑想が出来てこなければということです。
2017.12.22
 
1038) あなたの心次第です。あなたの心が苦しいのも、嬉しいのも、みんなあなた次第です。
2017.12.21
 
1037) 苦しいときも悲しいいときも寂しいときも怒っているときも責め裁いているときも己を誇っているときも、どんなときも私は私に受け容れてもらっていました。もちろん喜んでいるとき、幸せだと感じているときもそうです。私がどんな状態であろうとも、私は私とともにありました。
2017.12.20
 
1036) 焦ることはありません。私達にあるのは喜びだけです。じっくりとゆったりと自分のこれからを思い、どうあるべきが本当なのか、いつも真摯に自分と向き合っていくことが幸せであり、向き合っていける今があることが喜びです。
2017.12.20
 
1035) 何が本当に大切なことなのか、自分は本当に何をするために生まれてきたのか、何度も何度も自分に問いかけてください。
2017.12.19
 
1034) 学びの友からのメールです。ご参照ください。
2017.12.18
 
1033) 意識の転回、基盤を肉から意識へ変えることが絶対条件だと、それぞれの心にしっかりと伝わってくるこれからでしょう。本当に学んできたのか、学んでいるのか、それぞれに問われる時間をみんな用意しています。
2017.12.18
 
1032) 出会いを本当に喜んでくれました。出会ってくれてありがとうと何度も伝えていただきました。こんな苦しみの中に沈み汚れまくってきた私の意識をただただ愛しく、そしてともに行きましょうと力強くいざなってくれました。
2017.12.17
 
1031) ひとつひとつ、自分を飾っているもの、守っているもの、頼りにしているものを外していくことが大切なことです。
2017.12.16
 
1030) 信じています。信じています。待っています。待っています。途切れることなく伝わってくる思いに応えていける喜びをあなたも感じていますか。
2017.12.15
 
1029) 田池先生が語ってくれたことのひとつに波乗りということがありました。日々生きていれば色々とあるけれど、大波小波と寄せてくるけれど、それをうまく波乗りして、そして中心は絶対にぶれずに行く、それが喜び、喜び、幸せ、本当の生きる道なんだということだと思います。
2017.12.14
 
1028) ただひたすらに真っ直ぐに田池留吉を、アルバートを思う思いだけが純粋な思いです。欲得なしに駆け引きも何もなしに、ただ思う。
2017.12.13
 
1027) 肉を持つ時間、許す限りただひたすらに田池留吉を思い、母を思おうと、いつも原点に立ち返って真摯に学びましょう。
2017.12.12
 
1026) 私は今世、アルバートの波動に出会うために肉を持ちました。以前より瞑想をして、そういうことは自分の心に響いてきていました。
2017.12.11
 
1025) 人生の本当の目的を心で知り、その目的に沿って淡々と人生の時を刻んでいる人の生活態度と、そうでない、全く肉、肉でのみ生きている人の生活態度は完全に違います。
2017.12.10
 
1024) 肉のことは基本的にはどうでもいいことです。どうでもいいからおざなりにしてもいいということではなく、どうでもいいから、右に左に流して自分の中につかまないことという意味です。
2017.12.09
 
1023) 幸せな自分、喜びの自分をどんどん復活させて、ありがとう、ありがとうと自分に伝えましょう。苦しかった自分に、「もう苦しむのは止めにしましょう。素直になろう。」と伝えましょう。
2017.12.08
 
1022) 田池留吉、そう思うことだけでした。アルバートと心から思える喜びと幸せに出会えたから、私は、もう本当は何も要りません。
2017.12.07
 
1021) ありがとう、たくさんの自分にそう言ってあげてください。今、ひとつの肉体を持って苦しみあえいできた数限りない自分に、ありがとうが伝えられる幸せです。
2017.12.06
 
1020) 2017年最後のセミナー、第9回 NPO法人UTAの輪セミナー、いかがでしたでしょうか。ご自分の歩み、着実な歩みの足掛かりとなりましたでしょうか。
2017.12.05
 
1019) 心を開いて、どんどん自分の中を見てください。自分の中で語ってください。自分の中で語り合ってください。
2017.12.03
 
1018) 心の闇。凄まじいエネルギー。日々の何気ない中で一瞬に感じるエネルギーの勢いがあると思います。それを確認、確認してください。
2017.12.03
 
1017) 肉は愚かだということをどなたも念頭に置いて、しかしながら、その愚かな肉がなければ自分の本当の愚かさが分からないこともしっかりと知ってください。
2017.12.02
 
1016) 今日も一日が始まります。あなたの肉の状態がどうであれ、一日が始まり、一日が終わります。そんな時間を今、肉を持って過ごしています。
2017.12.01
 
1015) 瞑想をする喜びです。思う喜びです。ありがとうとまず自分に伝えてください。産まれてきてくれて、そして産んでもらって、ありがとうです。
2017.11.30
 
1014) 心を向ける、向けることができる喜び、この喜び以外にありません。長く求めてきた喜びと幸せは全部違っていました。
2017.11.29
 
1013) みんな愛に帰る意識。お母さんの温もりの中へ帰りたい、帰っていこうと切望している意識達。
2017.11.28
 
1012) あなたは田池留吉を信じていますか。あなたは自分を信じていますか。田池留吉とひとつだと信じていますか。
2017.11.27
 
1011) 何をどうしようとも喜びと幸せが分からなかった私でした。学びをして、心を見ることがすべてだと今は断言できます。
2017.11.26
 
1010) 今を生きる。今、本当に田池留吉を思い、幸せな自分を思い、今を生きる。私と出会ったあなたです。
2017.11.25
 
1009) 何をおいても、田池留吉、アルバートです。盲目的に狂信的に、そう言っているのではありません。
2017.11.24
 
1008) 田池留吉、アルバートと素直に本当に素直に自分の心を全託して、そして呼んでみてください。思ってみてください。
2017.11.23
 
1007) たったひとつの方向を向いて、ともにある喜びをどんどん自分の中に広げていってください。なかなかメッセージ通りにはいかないと思います。
2017.11.22
 
1006) 日々、思いを向ける、心を向ける、思う、そんな喜びの時間を持っていますか。しっかりと持っていますか。あなたの人生の中心となっていますか。
2017.11.21
 
1005) 日々、思いを向ける、心を向ける、思う、そんな喜びの時間を持っていますか。しっかりと持っていますか。あなたの人生の中心となっていますか。
2017.11.20
 
1004) 自分の心を見る、出す思いを辿っていく、そうすることで自分の瞬間出すエネルギーはみんなすべてを破壊するものだということを感じていきます。
2017.11.19
 
1003) どんな思いで産まれてきたのか、産んでもらったのか、自分の中に思いを向けていけば、そこに突きあたります。自分の中に心の針を向けることを知らなかった私達に、心の針の向け先をまず伝えてくれました。
2017.11.18
 
1002) 自分の思いの世界の中で、いったい何にどこに向けていけばいいのか、何を思えばいいのかと、今、私達は、自分の肉を通して伝えていただきました。
2017.11.17
 
1001) 肉から意識へ、伝えにきてくれた真実の声。私達は自分を知らずに長い時間存在してきたことを、しっかりと自分の心で知っていきましょう。
2017.11.16
 
1000) たくさんの間違いを繰り返してきました。何度も何度も自分に本当のことを伝えたくて産まれてくることを切望してきたけれど、目が見え耳が聞こえ五官を開いていく時間を迎えると、その瞬間から自分の切なる思いを奥深くに閉じ込めてしまいます。
2017.11.15
 
999) 愛へ帰ろう.愛へ帰ろう、私達のふるさと愛へ。そんな思いが心から突き上がってきます。
2017.11.14
 
998) 180度違う生き方、存在の仕方を自分に伝えたんです。初めてです。だから当然難しいです。
2017.11.13
 
997) 色々な事情でセミナーには行けない今だけど、学びをしていこうとする友もいます。東京西部のスカイプ瞑想会でもそういう友がいました。どうぞ、そういう方達は、まず母の反省をしっかりとしてゼロ歳の瞑想を繰り返しお願いします。
2017.11.12
 
996) 自分の生きてきた方向を思い、生きていく方向を思い、今、どうあるべきなのかを自分の中で問いかけてください。
2017.11.11
 
995) 学びの友からのメールです。参考にしてみてください。 今回のセミナー、とてもよかったです。種水判定がありました。私は前回と同じでした。あの人この人、すごくいい結果、自分は、何も上がっていなかった。がっかりしました。
2017.11.09
 
994) 形あるものしか信じられなかった私に、私が伝えました。田池留吉という肉を通して、波動がすべてだということ、あなたの帰るところはここですよと伝えました。
2017.11.08
 
993) 自分の予定してきた道を歩いていますか。愛へ帰るために、本当の自分に戻っていくために、計画を立ててきたことを心で分かっていますか。
2017.11.07
 
992) みんな様々な事情があると思いますが、無理をせずに喜びでともに学んでまいりましょう。ともにセミナー会場で心を向けてまいりましょう。
2017.11.06
 
991) 今世、こうして学びに集った友よ、ありがとう。環境その他様々に違うけれど、私達はある縁あって学びに集えました。
2017.11.05
 
990) 波動がすべてです。田池留吉の波動、アルバートの波動、母なる宇宙の波動、みんなみんな私達は知っているんです。
2017.11.04
 
989) 一日、一日、飛ぶように過ぎ去っていきます。どれだけ自分の蓄えてきたマイナスのエネルギーをプラスに変換できるか、日々の生活を営みながら、ぶれずに生きていきましょう。
2017.11.03
 
988) どんなにしても分からなかった。喜んでいる次の瞬間、いいえ喜びとともに暗い思いを感じるのがなぜなのか、分かりませんでした。
2017.11.02
 
987) 学びの友から、こんなメールが届きました。参考にしてみてください。
2017.11.01
 
986) 田池留吉、そう呼べることが嬉しい。心から突き上がってくる思いに触れ、私は本当にこの波動の世界と出会いたかったんだと実感しています。
2017.11.01
 
985) 出会いがすべてでした。出会いがあったから、今があると心から思います。単なる出会いではありませんでした。
2017.10.31
 
984) ともに生きる喜び、ともにある喜び、肉としてでなく、自分の外に求めるのではないと、そう心から知ったことが本当に幸せです
2017.10.30
 
983) ともに歩む仲間がいる、同じ方向を向いて生きていこうとする仲間がいる、私は、ともに学ばせていただいて本当に幸せです。
2017.10.29
 
982) たくさんの学びの機会、決して無駄にすることなく、本当の自分の思いをしっかりと感じてください。
2017.10.29
 
981) 現象界は様々なところで慌ただしく動いています。そのすべてが私達にメッセージを送っているんですけれど、意識の世界、波動ということに無頓着な私達には、そうは決して思えないはずです。
2017.10.28
980) 「ともに瞑想会」のことでUTAブックさんにはご苦労をかけています。日時が分かっているので、基本的には、その時間、ふっと思いをUTAホール大宝に向けてくださればいいと思います。
2017.10.27
 
979) 駆け引きもない、損得もない、真っ直ぐ、澄み切っている、そしてどこまでも喜びと温もりが広がっていく、ともにある喜びは安らぎの世界、そのような波動の世界を感じていける幸せの中にあります。
2017.10.26
 
978) 長い長い気の遠くなるような長い時を経て、ようやく出会えた幸せをじっくり味わっています。
2017.10.25
 
977) 11月の志摩セミナーの現象の組分けを終えました。12月の第9回NPO法人UTAの輪セミナーの受け付けが始まっています。
2017.10.24
 
976) 愛に帰ろう温もりに帰ろう、そう繰り返し私の中で響き合います。とても嬉しいです。
2017.10.23
 
975) 喜びは自分の中から、幸せも自分の中から、そして温もりも自分の中から、そう、全部全部自分の中にありました。
2017.10.22
 
974) 理屈ではない説明もつかない、そんな自分の中のエネルギーを感じていける時間が、セミナー会場の現象の時間です。
2017.10.21
 
973) 学びは実体験をしてこそ、初めてそうだったと納得していきます。それぞれが自分の肉体を通して自分のエネルギーを感じる、中から突き上がってくる思い、エネルギーを感じて、自分はエネルギーの塊だと知る、まずそこからです。
2017.10.20
 
972) 先日の志摩セミナーに参加された方達から喜びのメールをいただいています。ありがとうございます。
2017.10.19
 
971) ともに歩みを進めていきましょう。UTAの輪の中でともに歩みを進めてください。UTAの輪から外れないでください。
2017.10.18
 
970) 生きにくい世の中かもしれません。泥水だと知っていても飲まなければならない時があるかもしれません。それでも自分を落とし込めることはもう止めましょう。
2017.10.15
 
969) 明日からセミナーです。ひと足早く志摩に行き、嬉しい喜びの時間と空間を持てるセミナーを思います。
2017.10.14
 
968) 瞑想をして喜びを感じていますか。ありがとうの思いが広がっていますか。道しるべ、田池先生の指し示す方向にしっかりと心の針を向けて合わせてください。
2017.10.13
 
967) もともと最初から幸せだったんです。本当に幸せでした。それに心から気付いていくには、正しい瞑想をする、できること以外にありません。
2017.10.12
 
966) 自分がどんなに幸せなのか、しっかりと心に響いていますか。心に伝わってきますか。
2017.10.11
 
965) 思うは田池留吉です。思うはアルバートです。それは自然のことでした。
2017.10.10
 
964) 彷徨い続けてきたんです。苦しい中、寂しい中にありました。本当の自分を捨て去ったから当然でした。
2017.10.09
 
963) 石川スカイプ瞑想会、ありがとうございました。真っ暗、真っ暗を連発しましたが、思いを一瞬向ければ、もう他力一色のところです。
2017.10.08
 
962) 喜びを忘れ去ってしまった私達でした。本物の喜びも幸せも温もりも、そして愛も忘れ去り、偽物を作り続けてきました。
2017.10.07
 
961) 何も正しいものなんてなかった。「私は正しい。私は間違っていない。私の言うことを聞け。私の言う通りにしろ。」散々そんな思いを使ってきたのではないでしょうか。
2017.10.06
 
960) アルバートでした。田池留吉でした。愛、宇宙を思う瞑想でした。自分を知らずに、人生の本当の意味も生きる目的も間違えて、幸せも喜びも薄っぺらなものしか知りませんでした。
2017.10.05
 
959) ゆったりとゆったりと自分を感じる時間があってという環境であるならば、それは一番幸せな時間を自分に用意していると思います。
2017.10.04
 
958) 私は宇宙が大好きでした。良い意味でも悪い意味でも宇宙が大好きでした。
2017.10.03
 
957) これまでの転生とは完全に違う道を歩き始めた今。喜びも幸せも温もりも、全く質が違っていました。
2017.10.02
 
956) 私は、確かに過去、宇宙に君臨するエネルギーを一番のご馳走として、そのエネルギーだけを膨らませて広げていくことにこの上もない喜びを感じてきました。
2017.10.01
 
955) 素直になればすべてが氷解していくはずです。ですが、なかなか素直になれないんです。素直になるということが分からなくなってしまっているからです。
2017.09.30
 
954) 田池留吉に思いを向ける、アルバートに思いを向ける、これがたったひとつの喜びの道です。本当にそうなのかどうなのかは自分で検証なさってください。
2017.09.29
 
953) 世の中の流れに流れながら流されない生き方、存在の仕方を確立していくことが、自分を救うことになります。
2017.09.28
 
952) 自分に肉を持たせた思い、その自分の切なる思いが本当に心で分かるようになっていけば、どんなに幸せな今であるか心に響いてきます。
2017.09.27
 
951) あなたは、自分の中から、凄まじい止めることが出来ない勢いで、突き上がり飛び出てくるエネルギーを体験してこられましたか。
2017.09.26
 
950) 今世、学びに集ってきた私達が、今、学び訓練していることは、正しい方向に心の針を向け合わせていくこと、正しく思えるか否かということです。
2017.09.26
 
949) セミナー会場は私達の大切な場所です。私達がともに瞑想をする大切な場所を失いたくはありません。
2017.09.25
 
948) 思いはニュージャージー、思いはハドソン川、思いはアルバート、今日のアメリカのスカイプ瞑想会で嬉しさを感じました。
2017.09.24
 
947) 頭でとらえようとする限り、学びは分かりません。疑心暗鬼の中で学びを進めていこうとすることは土台無理な話です。その心を見ていけば欲だらけだからです。
2017.09.23
 
946) 学びとの出会い、田池先生との出会い、心から喜んでいってください。すごいことでした。本当にすごいことでした。
2017.09.22
 
945) いくらお金があっても、体力、気力がなければ学ぶことはできません。体力、気力はお金では買えません。
2017.09.21
 
944) 何が幸せかと言えば、何も思わずにゆったりとして瞑想ができる時間と空間があればこんなに幸せなことはないということになります。
2017.09.20
 
943) ともに瞑想をする時間、ありがとうございました。たくさんの意識達にあなたはいったい何を伝えることができるでしょうか。
2017.09.19
 
942) 田池先生の生前中に、私に何回か言ってくれたことのひとつに、こんなことがあります。「私が死んでからあんたは随喜の涙を流すやろ。すっかり整えて帰るからな。」
2017.09.19
941) ゆっくりとゆったりとしかし真っ直ぐに力強く自分の歩みを確認しながら着実に進めていくことをやっています。
2017.09.18
940) 自分の中に戻れる、自分の中に戻って自分を感じていけば、嬉しさが広がっていく、よかったね、ありがとうが伝わっていく、そんな意識の世界をいつも確認していれば、何がどうこれがどうということで自分の中が大きく揺れ動くことは殆どなくなります。
2017.09.17
 
939) 肉100%の人に、学びの中の言葉を用いて説明しても通じません。おそらく相手の人は、たとえばこの学びの本は難しいと言います。分からないと言えば自分のプライドが傷つくから、難しいと言います。
2017.09.17
 
938) 明日の17日に予定していました「ともに瞑想会」は、18日(月)に順延します。
2017.09.16
 
937) 不安と恐怖そして言い知れぬ寂しさ、それがどこから来るのかそんなことを思う術もなく、自分の中に積み上げてきたブラックのエネルギーに今もなお振り回されている人が殆どです。
2017.09.15
 
936) 色々なことが起こってくる中で、何に心を向けていけばいいのか、何を思っていればいいのか、どんな思いで思っているのか、自分の中で検証できる今があること、これは大変幸せなことです。
2017.09.14
 
935) 間違い続けてきたけれど、今、その間違い続けてきたことをともに学べる友がいることが幸せだと思いました。ずっと宇宙に君臨することだけを望み闘いのエネルギーを流し続けてきた私にとって、今こうして学べることが本当に幸せだと思います。
2017.09.13
 
934) 今日から二泊三日のセミナーが始まります。一日早く志摩に来ています。ポッドキャストを聞いていただいたと思いますが、あなたはなぜ今世日本の国に生まれてきて、学びに集えるチャンスを用意してきたのか、その問いかけをどうぞ、何度もことあるごとに、自分にしてみてください。
2017.09.10
 
933) 形ある世界はどんどん崩れていきます。どんな崩れ方をしていくか、それは様々です。
2017.09.09
 
932) 何をしていても空しさが広がっていく、なぜなんだろうか。この思いはこの世のどこかに必ず真実はあるのではないかという思いとともに、ずっと私の中にありました。
2017.09.08
 
931) 肉を持っている今だからこそ学べるんです。それは肉を離した自分、つまり死後の自分を知っていけば分かるはずです。
2017.09.07
 
930) 今のあなたの苦しみ、悩み、もやもやを解消する方法は、瞑想、正しい瞑想の断行しかないんです。
2017.09.06
 
929) ポッドキャストの関連で私への質問というところから、UTAブックさんに送られたメールを転送していただいています。
2017.09.05
 
928) 肉は裏切るんです。絶対に裏切らないと思っても結局は裏切る結果となってきました。私達は肉ではないからです。
2017.09.04
 
927) 今世、ここ日本の国の大阪の地に田池先生が生まれ、そして私達に一石を投じてくれました。250年後の確かな布石を打ち、その肉を消しました。
2017.09.03
 
926) 意識の世界はすごいとしか表現できません。いい意味でも悪い意味でもとにかくすごいんです。そのすごさが体感できるのは、瞑想でしかありません。
2017.09.02
 
925) 色々と思い悩みながら、試行錯誤をしながら、それでもこの道だとの思いを強く持って生きていきましょう。
2017.09.01
 
924) ようやく秋の気配が感じられる今朝です。同時に時が経つスピードの速さに驚きます。今年もあと4か月です。
2017.08.31
 
923) まずは、田池留吉を思うことです。何よりも何よりも田池留吉を思うことです。それは生活をおざなりにしてもいいということではありません。
2017.08.30
 
922) 2018年UTAホール志摩セミナーの無条件枠の抽選受付と抽選日が、NPO法人UTAの輪のホームページに掲載されました。
2017.08.29
 
921) 2週間後の伊勢志摩セミナーの参加者名簿も届けられ、これから組分けの作業を始めます。
2017.08.28
 
920) 昨日の大宝での「ともに瞑想会」で、ご夫婦の方はご夫婦でともに学ぶことが正常、普通ですと語りました。
2017.08.27
 
919) ポッドキャストでの本の朗読で、ともに瞑想をされている学びの友の反省文をメールでいただきました。読んでみてください。
2017.08.26
 
918) 学び、田池留吉、正しい瞑想、それを中心に据えて生きていく人生とそうでない人生、あなたはどちらですか。そうでない人生とは学びに触れていない人生ということではありません。
2017.08.25
917) どのように、何を中心にして生きていけばいいのかと自分の無力さを感じる現象があったときに、そのタイミングで学びに触れていける人は幸せです。
2017.08.24
 
916) 先月に引き続き橿原セミナー、ありがとうございました。セミナーに参加できる喜びを感じています。自分の中で田池留吉をそしてアルバートを母なる宇宙を思える喜びと幸せを感じ広げていってください。
2017.08.23
 
915) ともに学べる仲間がいる、学びのことを話せる人が身近にいる、心を見ることそして心癖の修正は難しいと実感しつつも、学びに触れたことを喜んでいこうと瞑想をする時間と空間を共有している、幸せな人生ではないでしょうか。
2017.08.20
914) 長い方で30年余り学びに触れています。学びに触れる時間の長短はあまり大きな問題ではありませんが、長い方はそれなりに学んでいると思います。
2017.08.19
 
913) 形あるものはいずれその形を無くしていきます。有限の形あるものから何を見て取っていくのか、それを違えれば真実の世界とは接点がありません。
2017.08.18
912) 3日後、橿原セミナー、そしてその2週間後志摩で本セミナーです。今年も後半に入り矢のように過ぎ去っていく時間です。
2017.08.17
 
911) 肉は有限の中にあるのだから、当然肉を持つ時間にも限りがあります。その中で何を選び取っていくかはそれぞれの問題です。
2017.08.16
 
910) 田池留吉の意識の世界に触れ、アルバートを呼ぶ確かな喜びを感じ、自分の望み通りに学びを進めていけていること、自分の中の本当の自分にありがとうです。
2017.08.15
 
909) 肉で生きてきた、つまり心を外にのみ向けて生きてきた、そんな状態の私達に、心を中へ向けなさいと難題を突き付けられました。
2017.08.14
908) 私達はみんな間違ってきました。本当に間違ってきたんです。だから自分の間違いをさらけ出せること、確認できる今を喜んでいきましょう。
2017.08.13
 
907) 大阪から2時間30分の時間をかけて出向いていくからでしょうか。ここ志摩の家に到着し落ち着いた頃、心に過る思いは大阪上町台地にいる時とは微妙に違います。
2017.08.12
 
906) 飛び跳ねるような嬉しさではないけれど、しみじみとそしてふつふつと心の中から湧いて出てくる嬉しさ、喜びもまたいいものです。
2017.08.11
 
905) 何といっても今、生活をともにしている人達と学びをしている、学びを進めている、いっしょに瞑想ができる、これは幸せなことです。
2017.08.10
 
904) 厳しい暑さが続いています。暑いけれど流れる汗もいいものです。今週末は志摩でセミナー、そのままお盆休みに入って数日で橿原セミナーです。
2017.08.09
 
903) ありがとう、嬉しいなあ、思う思える喜び、幸せってすごいなあと、自分のすごいエネルギーを感じては喜びを幸せを広げていきましょう。
2017.08.08
 
902) 2018年のUTAホール志摩での一泊二日のセミナー、8回ありますから参加予定の方は無理をせずに喜んで集ってください。
2017.08.07
 
901) 私達はみんな母に背いてきました。温もりに背いてきました。そんな私達の意識の世界に繰り返し、繰り返し伝えてくれました。
2017.08.06
 
900) 本当の喜びと幸せ、温もりを心で知っていく、知っていけるチャンスに巡り合っています。
2017.08.05
 
899) 学びの友を大切にしてください。この場合の学びの友とは、日頃いっしょに学んでいるあなたの周りにいる人達です。
2017.08.04
 
898) 2018年のUTAホール志摩での一泊二日のセミナーに向けての事前調査の結果をいただきました。これに基づいてまずは私のほうで参加者希望リストを整えます。
2017.08.03
 
897) あれもしなければ、これもしなければ。あれもしたい、これもしたい。分かります。分かりますけれど、人生折り返しの年齢に到達されている方は、もういいじゃないですか。
2017.08.02
 
896) 橿原セミナー終えてきました。学びの友とともに田池留吉、アルバートを思う瞑想、宇宙の友に思いを馳せ250年後、300年後の次元移行に至る意識の流れに思いを馳せ、ともに学べる時間と空間をまたひとつ共有させていただきました。
2017.08.01
 
895) 混沌としている世の中で、そこに幸せや生きがい、本当のことを見出すことはない、そう本当にあなたは思っていますか。
2017.07.29
 
894) 自分の過ちに気付いていく、それはいったい何を言うのでしょうか。過ち、自分の何が過ちなのでしょうか。
2017.07.28
 
893) UTAブックさんから、来月8月のスカイプ瞑想会の参加者名簿をメールで受け取りました。8月は5日、6日の連日となっています。富田林の方々、鹿児島、宮崎の方々、それぞれ30名弱と、当日奈良の自遊空間ゼロに15名から20名の方々が集い、ともに瞑想をしてまいります。
2017.07.27
 
892) いつ本気になるか、いつ真剣にそして素直になるかということだと思います。
2017.07.26
 
891) 死んでも生きている。この現実、事実を肉を持っている間にしっかりと学習していくことが自分にとって、そして宇宙にとって何よりの喜びです。
2017.07.25
 
890) 「本当のことが知りたい。今はまだどこにあるのか分からないけれど、何が本当のことか分からないけれど、きっと本当のことがある。」
2017.07.24
 
889) 昨日、UTAブックさんの事務所にお邪魔して、5月に出版された「僕のナゼ、私のナゼ」に協力してくれた子供達と会ってきました。
2017.07.23
 
888) 目には見えない形も何もない世界のことだから、自分の心で感じていくことがすべてです。
2017.07.22
 
887) 本当のことをひとつの肉を通して伝えてくれました。身体全体でそして言葉という形を通して、できる限り分かりやすく伝えてくれました。
2017.07.21
 
886) 私達は本当に喜びを忘れ去りました。本当の喜びも本当の温もりも忘れ去って、頭でっかちになってしまって、ただ己を掲げることだけにエネルギーを注いできました。
2017.07.20
 
885) 今月末は橿原セミナーです。楽しみにしています。グループ分けも終わり、はやくこいこいという気分です。
2017.07.19
 
884) ゆったりと流れる時間の中に肉を漂わせ、ゆったりと瞑想を楽しむ人生。それは健康面、金銭面、そして人間関係において、ある程度整っているという条件が必要でしょうが、そのような晩年であれば、肉的にはほぼ理想と言えると思います。
2017.07.18
 
883) 目に見える形あるものから、目には見えない形のないものまで、私達は心にたくさん、たくさん抱え込んできました。
2017.07.17
 
882) 夫だけ、妻だけ学びをしている、これは異常なんです。決して正常な状態ではありません。
2017.07.16
 
881) 今、体調のすぐれない人も、元気で活動されている人も、今の自分の状態の中で自分の思いの世界を感じ取っていきましょう。
2017.07.15
 
880) 自分の中にいつも戻っていくことを習慣づけてください。心の針は自分の中へ、自分の中へ、そうしながら、日々淡々と楽しく生活してください。
2017.07.14
 
879) 暑さもいよいよ本格的になってきました。大阪でも今日は最高気温36℃の予報です。
2017.07.13
 
878) 私達人間の本来は喜びだ、人生苦あり楽ありではない、人生は喜びだ、これを本当に自分の心で証明してみましょう。
2017.07.12
 
877) 自分が喜んでいるか、それともまだまだ旧態依然のままなのか、それだけです。要は自分が幸せになればいいんです。幸せであればいいんです。
2017.07.11
 
876) 瞑想とは喜びを感じ、もともとあった喜びの世界を育てていくたったひとつの方法です。それがいわゆる正しい瞑想です。
2017.07.10
 
875) 本当のことを知らずに、形ある世界に幸せと喜びそして温もりを求めてきたのはみんな同じです。
2017.07.09
 
874) 学びに集っている人でまだ比較的若い人、仕事、家族等々で時間的経済的にきついかもしれませんが、ぶれずにしっかりと学びを進めてください。
2017.07.08
 
873) 人生色々、人の考え思い価値観色々と結局はそこに留まって、自分の根本的な生き方に真正面から向き合えないというのが現実かもしれません。
2017.07.07
 
872) 学びに触れ心を見ることを知ったからには、これは本当に無駄にすることなく、今、肉を持っている今、自分にとってどんな意味があるのか、日々瞑想をする中でしっかりと確認してください。
2017.07.06
 
871) 形ある世界では、どんなに公平、平等を求めてもそれは叶わないことです。形の世界は自分の出すエネルギーを確認するための現象の世界ですから、それはそれでいいんです。
2017.07.05
 
870) 何が起こっても決しておかしくはありません。想定内、想定外に関係なく、そこから自分の現状を確認して、いつも自分の中へ戻っていき、自分の中からどんな思いが出てくるのか、自分と自分の中で確認を怠ってはいけないと思います。
2017.07.04
869) 先日ホームページ上で、三重県にある志摩ホールの利用方法の一例を提案させていただきました。NPO法人UTAの輪のホームページを参照なさってください。
2017.07.03
 
868) 岐阜のスカイプ瞑想会、ありがとうございました。夫婦、親子で学びをされている方が何組かいらっしゃいました。一番身近な学びの友です。
2017.07.02
 
867) 今日で今年前半も終了。本当に時間はあっという間に過ぎ去っていきます。
2017.06.30
 
866) こんなこと今更言うまでもないことと思いますが、頭をカラッポにして学んでください。形の世界では通常のことも、それがそのまま学びに適用しません。
2017.06.29
 
865) 体力、気力、そして金力の続く限り、どうぞ、セミナーに参加してください。
2017.06.28
 
864) 志摩ホールをできるだけ多くの方に活用していただきたいという思いがあります。
2017.06.27
 
863) 寝ても覚めても学びを思ってください。本当の人生を生きていこうと誓ってきた自分の思いを大切にしてください。
2017.06.26
862) 志摩ホールでともに瞑想の時間をいただきました。生活環境も学びの環境にも恵まれて、皆さん楽しそう、嬉しそうでした。
2017.06.25
 
861) なぜ生まれてきたのでしょうか。何のための人生なのでしょうか。たったひとつの正しい答えに自分をいざなっていくチャンスに巡り合うことは、大変難しいです。
2017.06.24
 
860) 先日、大宝ホールで学びの友達と瞑想をしました。その時の一部をメールで送ってくれました。一読してみてください。
2017.06.23
 
859) 助けてくれ、救ってくれ、何とかしてくれという思い。それはまさしく他力の思いであり、いくら叫んでも誰も助けにきてくれないし、何ともしてくれないということは、ちょっと学べば誰もが知っています。
2017.06.22
 
858) 自分の心で感じる、感じたものを信じていく、素直に淡々と真摯に。学びを継続していくポイントとなるべき事柄は他にもあります。
2017.06.21
 
857) 「愛、心のふるさとへ帰ろう。」一人で瞑想をする時も、学びの友と瞑想する時も、瞑想の最後には必ずこのメッセージを自分の中に流してください。
2017.06.20
 
856) 心で気付いた人から始めてください。心を向けていく方向が本当に間違ってきたと心で気付いたならば、それはもう言葉では言い表せられない嬉しさ、喜びを感じるでしょう。同時に安心感が広がっていきます。
2017.06.18
855) 人それぞれです。たとえば、ひとつのことを繰り返し、繰り返しやっていても全くそれが苦痛にならない人もいれば、すぐに飽きてしまう、何か目先の変わったものに飛びついてしまう人もいます。
2017.06.17
854) 瞑想をする時間がゆったりと取れる環境、今がある人は、自分の今を喜んで受けてください。
2017.06.16
 
853) 次元移行という意識の流れを自分の中で遂行していく計画はそんな生半可なものではありません。今世を照準にして肉をもらってきた自分自身の思いは、瞑想で必ず心に伝わってきます。
2017.06.15
 
852) 正しい瞑想ができるようになって、自分の中でどんどん実践していくことが学びの本筋ですが、その最初の正しい瞑想で躓けば、学びの本筋どころの話ではありません。
2017.06.14
 
851) 自分の中に母の温もりの確立を。母の温もりの中にあった自分をまず思い出し蘇らせていく作業を怠りなく。
2017.06.13
 
850) 学ぶ人はどんどん自分の歩みを前に前に進めていってください。学びに触れるということは、今世で言えば、本に出会うとか、セミナーに参加するとか形はそうでしょう。
2017.06.12
 
849) 目を通して入ってくる映像、耳を通して入ってくる音声により、人間の愚かな所業を確認し、自分の中のエネルギーを確認し、肉基盤で生きてきたことを確認し、その現実から目を逸らすのではなくて、確認してその思いとともに瞑想です。
2017.06.11
 
848) 人生の本当の目的、心で分かってそして淡々と実践している人ほど幸せな人はいないと思います。もちろんそういう人は瞑想をする喜びを知っています。
2017.06.10
 
847) 「ともに歩みを」「ともにあります」素直に喜んで受けていけるかどうかだけのことなんです。
2017.06.09
 
846) 意識の流れの顕在化とともに学びは進化します。学びの灯りをポッと灯してくださった田池先生のご苦労を思います。
2017.06.08
 
845) あなたの中の嬉しい思い、喜びを信じてください。セミナー会場でともに歌うふるさとの現象でそれを引き出していきます。
2017.06.07
 
844) 肉の終わるその瞬間まで自分の決めてきたことを見失わずに、自分に誠実に真摯に学んでいきましょう。
2017.06.04
 
843) 年齢を重ねていけば、頭も身体もその機能は段々に衰えてもくるだろうし、肉体細胞に少なからず異変が起こってくる場合もあります。
2017.06.03
 
842) 明日、大阪市在住の方達とスカイプを通してともに瞑想をさせていただきます。
2017.06.02
 
841) 自分の本当の姿を見誤り、人生の目的を全く取り違えてきても、それは仕方がなかったんです。これまでの転生は仕方がなかったんです。しかし、それはこれからは通用しません。
2017.06.01
 
840) 真実はひとつ。本当のことはたったひとつだから、どんな持論で抗っても所詮は空しい結果になります。意識の流れの中に淘汰されていきます。
2017.05.31
 
839) 肉にまみれ、肉一辺倒で己を掲げてきた意識だけれど、ともに行こう、あなたは愛ですよと伝えてくれた思い、波動は決して消え去ることはありません。
2017.05.30
 
838) 本当の意味で賢い、賢明でなければ学びを継続していくことができません。みんな自分は賢いと思っています。だけど、本当に賢いとは意識の転回にただひたすら努めていこうとする人です。
2017.05.29
 
837) 一人ひとりが背負っている背景があります。同じ現象を体験しても、見方、考え方、思い方微妙に違います。違っていていいのです。違っていて当然です。
2017.05.28
 
836) 第7回NPO法人UTAの輪セミナーの参加者名簿をいただき、組表の作成をしています。
2017.05.27
 
835) アルバートと心の底から呼べる、呼びたくなる遙か彼方からの熱い嬉しいと出会いましたか。出会っていますか。
2017.05.26
 
834) どんな時もまず田池留吉、アルバートです。一瞬でいいんです。ふっと思うだけ。心に伝わる波動、エネルギーを確認。
2017.05.25
 
833) 今、自分がここにあることを本当の意味で知っていくことが喜びなんです。
2017.05.24
 
832) 素直に真摯に淡々と継続して学んでいけば、どなたもやがて自分で明かしていくことになるでしょう。自分が自分の証し人になっていけばいいんです。
2017.05.23
 
831) 繰り返し自分に問い続けても返ってくる答えはいつも同じです。私達はあの宇宙に帰るしかないんです。それは私達が自分と約束してきたこと。
2017.05.22
 
830) ゆったりとした時間が流れていく、それは日常の何よりのご馳走です。贅沢です。
2017.05.21
 
829) しているか、していないか。そして、できるか、できないか。それはありますが、こうしていくですよ、こちらに心の針を向けるんですよ、自分の外には回答はありませんよと、私達は知っています。
2017.05.20
 
828) 学びは修行ではないのだから、生活は楽しんでいけばいいんです。ただ、あなたも感じておられるように、本当の肉の喜び幸せは、楽しい瞑想があって、嬉しい瞑想があって、思う喜び思える幸せを確立してこそのものです。
2017.05.19
 
827) これから益々他力のエネルギーの凄さを、みんな生活の随所で感じていくでしょう。意識の流れのその流れはゆったりと流れていますが、中は猛スピードで促し続けています。
2017.05.18
 
826) 体力、気力の続く限り、セミナー参加を積極的に。穏やかに幸せに過ごしていても、自分の中のエネルギーを知って感じて、そして自分の本当に戻っていくところを心で分からない限り、絶対に幸せはなれません。
2017.05.17
 
825) 何はなくとも喜んでいきましょう。私達に真実を波動で伝えてくれた田池留吉の思いを、決して忘れないでください。
2017.05.13
 
824) 毎日、楽しんでいますか。今の自分を喜んで感じていますか。苦しんだり悩んだり嘆いたり、全部全部間違っています。
2017.05.12
823) 生半可なものではないんです、私達が作り続けてきた他力の世界は。しかし、今世を境にして次元移行へ向けて宇宙が動き出しているということは確かだから、その意識の流れに逆流する流れ、つまり私達が作り続けてきた他力の世界は、色々な形を通して促しを受け続けます。
2017.05.11
822) あと数日で志摩セミナーです。組表も出来上がって全員参加の現象、ともに瞑想をするのを楽しみにしています。
2017.05.10
 
821) 本当の意味で賢い人は学びに触れたことを無駄にしません。学んでいくほどに今を千載一遇のチャンスととらえ、それを自分に用意してきたことを心から喜べます。
2017.05.09
 
820) 今はどんなに苦しくても、そして学んでいくことに難しさ、大変さを感じても、諦めたり、投げ出したりしないでください。放棄する、逃げる、後悔しか残りません。
2017.05.08
 
819) 和歌山スカイプ瞑想会、ありがとうございました。学び始める前に何回か訪れていたことを思い出させてくれました。
2017.05.07
 
818) 神や金で幸せになれると思ってきたのは哀しい錯覚でした。闘うことをどうしても止められなかった。
2017.05.06
 
817) 不平、不満、愚痴、文句、そしてイライラや怒り、妬み、不安や恐怖、寂しさ、支配欲、暗い思いはまだまだあるでしょうが、どの程度弱く薄くなっていますか。
2017.05.05
 
816) 学びで伝えてもらったことを実践していけば、自分の心が楽になります。軽くなります。元々幸せだったことを感じ、己の馬鹿さ加減が浮き彫りになってきます。
2017.05.04
 
815) 生活のリズムが乱れていませんか。身体を酷使している、心を酷使している、その反対にぐうたらな生活をしている、該当するならば、早急に改善されるべきでしょう。
2017.05.03
 
814) ゴールデンウィークが始まり、色々と計画されている方もあるでしょう。生活を楽しみながら、だけどそれも肝心なことを飛ばしては成立しません。何がなくてもこれだけはというところをしっかりと押さえて、それぞれの生活を楽しんでください。
2017.05.02
 
813) 先週末から志摩に来ています。志摩でのパソコン設定も整い、これから段々に志摩から発信していきます。
2017.05.01
 
812) 学びを進めていくにつれて、今世の締めくくりをきちんとしようという思いが強くなっていきます。
2017.04.29
 
811) シンプルに生きること、シンプルに生活をすること、意地を通して流れに淀みを作らないこと、愚かな肉に言い聞かせています。
2017.04.28
 
810) 頭で色々と考えて策を練って思いを巡らせて何とかなっていくというのが、形の世界の常識かもしれませんが、意識の世界はそうはいきません。
2017.04.27
 
809) 自分の心の中の切なる思いにじっと心を傾け、それを確実に遂行していくには確かに何点かの条件があります。そのひとつはお金です。
2017.04.26
 
808) どう生きていけばいいのか本当のところ分からずに、果たしてこれでよかったのかと自問自答しても一点の曇りもない心境にはなれずに、結局は誤魔化し続けてきたけれど、本当に今世は違っていました。
2017.04.25
 
807) 学びをするにあたって強制されるものではないし、義務でするものでもありません。
2017.04.24
 
806) くそ田池、そしてありがとう田池留吉。瞑想の喜びと幸せを感じていますか。
2017.04.23
 
805) 全部、一人芝居でした。
2017.04.22
804) 桜ももう終わり、今はツツジが綺麗です。皆さんのところはどうですか。
2017.04.21
 
803) シンプル、そう単純でいいんです。何もかもなるべくシンプル、単純に生きていきましょう。
2017.04.20
 
802) 思いを離せば楽になる身軽になると分かっていながら、離せない、こだわっていくというのが私達の常です。
2017.04.19
 
801) 日々の生活はお互い様ということで、できるだけスムーズに流していけばそれで済むことですが、自分の中の他力の神々を離すということはそうはいきません。
2017.04.18
 
800) 死後の自分、肉体がない自分の状態を瞑想の中で感じておられますか。肉体を持っている私達はいずれその肉体を置いていく時がきます。
2017.04.17
 
799) 目を疑い耳を疑うようなニュースが日常茶飯事に報道されています。むごたらしく他力のエネルギーに凝り固まったどうしようもない私達の意識の世界が形を示してくれています。
2017.04.16
 
798) さあ今日も元気よく気持ちよく前向きに瞑想をしましょう。身体も適度に動かしてください。身体の筋を無理しない程度に伸ばし身近な運動として歩くようにしましょう。満開の桜を愛でながらふっと思う。
2017.04.15
 
797) 心で感じ気付いた方から実践です。自分の中の変革の実践です。
2017.04.14
 
796) アルバートの波動を待ち侘びてきた意識、私は毎日の瞑想の中で繰り返し確認、実感しています。
2017.04.13
 
795) 「あんた、幸せか。」田池先生にこれまで何度か唐突に聞かれたことがありました。そして、いつの頃からか、私は自分に尋ねるようになっていました。「あなた、幸せですか。」
2017.04.12
 
794) ゆったりと楽しんで喜びとともに瞑想をしていきましょう。継続していきましょう。
2017.04.11
 
793) 私達は自分の思いの世界に存在しています。その自分の思いの世界がどのような状態であるか、今自ら形を持って自分に伝えています。これほどの優しさはありません。
2017.04.10
 
792) 自分の心で感じたものをしっかりと確認して学びを進めていく難しさが分かりますか。
2017.04.09
 
791) ここ2、3日のポカポカ陽気で、近くの公園の桜、満開です。遅咲きのしだれ桜の楽しみが残っていますし、目に鮮やかな新緑の季節ももうすぐです。
2017.04.08
 
790) 温もりに本当の優しさに反逆してきた過去。どうしても何としてでも我一番の宇宙を、帝国を築き、すべてを抑え込み支配するエネルギーのもとに君臨することが最大の喜びだと信じて疑わなかった意識に、真っ直ぐに衝撃的に伝えてくれました。
2017.04.07
 
789) 神を仏を真実を求め求め追い求めてきたけれど、何もかも間違ってとらえてきた過去の私がありました。
2017.04.06
 
788) 同じ映像を見ても、同じ音を耳にしても、それぞれみんな自分の中に響いてくるものは違います。
2017.04.05
 
787) ただひたすらに思う、田池留吉をアルバートを、そして宇宙を思う、何の欲もなくただ喜びでひたすらに思う、これって簡単なようで難しいのではないでしょうか。
2017.04.04
 
786) 心に響いてくる世界を大切にしてください。大切にしていきましょう。大切にというのは、響いてきたり感じたものを頭で解釈することなしに、響いてくる、感じるということを、喜びで育んでいきましょうということです。
2017.04.03
 
785) 本当にいい学びの友を作ってください。競い合う、慣れ合う、もたれ合う、そうではなくて、本当の喜び、本当の幸せ、本当の温もりを追求し共有していけるような、そんな友に互いになっていこうと、ともに学んでください。
2017.04.02
 
784) すべてをご破算にしてからでないと、さらなる一歩は歩み出せないと感じます。しかし、現実はそれぞれに色々なものを抱えて、心に留め置いて学びをしています。
2017.04.01
 
783) 今朝、次のようなメールをもらいました。・・・
亀井勝一郎の文字に心が留まりました。2001年に亡くなった父も亀井勝一郎の本を愛読していました。長年親しみ線引きまでして読みこんでいた本を捨てた瞬間、田池先生からお電話をいただいたことがありました。私自身も奈良には何度も出かけてきました。ともに思いを向け真実の世界を学んでまいりましょう。
2017.03.31
 
782) 肉を持って肉の中で生きていく難しさ、大変さは確かにあるでしょう。だけどもう難しいこと、面倒なことはいいんです。肉で不誠実はいただけないけれど、肉のことは程々にしましょう。
2017.03.30
 
781) 素直になってください。素直に自分の心を開いていきましょう。現象の時間に前に出られて身体がじっとして動かない人は、自分のエネルギーを確認する手始めとして、自分の口を開いてください。
2017.03.29
 
780) 楽しくて嬉しいセミナー、ありがとうございました。あなたがいるから私は嬉しい。あなたがいるから私は楽しい。そんな思いを感じながら、私は私の勉強を進めていけました。すべては自分の勉強です。
2017.03.28
 
779) 「あれはいいけれどこれは嫌。あれは受け容れられるけれど、これはダメ。」としてきたけれど、「すべてがよかった。」この心境に少しずつでも近づいていければ、その分、自分の中は軽くなっています。
2017.03.26
 
778) 最近、学びの友からのメールを何通か読ませていただき嬉しい思いを感じています。それぞれみんな自分の歩みをしていこう、本当に学んでいこうという喜びが伝わってきます。
2017.03.25
 
777) 真実の世界は限りがありません。従って、ここまで行けばという到達点はもちろんありません。あるのは喜びだけです。
2017.03.24
 
776) 学びを修行ととらえていると以前にワンポイントを示された人が、自分では思い当たらないから具体的にこういう考え方、思い、行動等がそれに相当しますというアドバイスがほしいということで、メールをいただきました。
2017.03.23
 
775) 宇宙を思って瞑想をしていますか。宇宙を本当に愛しく、ありがとうの喜びで思えますか。連日のポッドキャスト、いかがでしょうか。
2017.03.22
 
774) ぶれずに学びを進めていきましょう。学びの本質からぶれずに、ポイントを外さずにということです。
2017.03.21
 
773) どうすれば本当の幸せが分かるのか、本当の喜びが感じられるのか、答えは簡単です。そして学びに触れた人はみんなその答えを知っています。あとは実践あるのみです。
2017.03.20
 
772) ありがとう。私は幸せ者です。学びの仲間がたくさんいます。ともに瞑想をする喜びと幸せを今日もまた味あわせていただきました。
2017.03.19
 
771) どんなにしても分からなかったはずです。本来の自分を見失った状態だったということも知らずに、なぜ、なぜの思いばかりが膨らんでいって、結局は何をしてもどう生きても、苦しみから抜け出すことはできなかったこれまでだったと、はっきりと知った今世でした。
2017.03.18
770) ポッドキャストで触れましたが、「意識の流れ」の本文、P.228~P.232の箇所、大切です。いつも原点からという思いを忘れずに、今世の学びを締めくくりましょう。
2017.03.17
 
769) 瞑想をする喜び、幸せを感じていますか。瞑想は喜びです。
2017.03.16
 
768) 学びに触れ、心を見ることを知り、瞑想する楽しみ、喜びを感じ、あと何が要りますか。あなたが今、本当にそういう状態であるならば、当然生活は整っています。
2017.03.15
 
767) 学ぶ動機の修正。絶対に軽んじないでください。特に変に敏感な状態で学びに触れ、安易に我流に瞑想をしていくと益々変になっていきます。もちろん、その人達だけというわけではありません。
2017.03.14
 
766) 焦らなくてもいいから、だけど真剣に真摯に、そして素直に自分と向き合っていってください。
2017.03.13
765) 2週間後に琵琶湖セミナーが始まります。関西でのさくらの開花の便りとともに、2017年最初の本セミナーです。
2017.03.11
 
764) 「諦めず、自分を見捨てず、前を向いて学びを続けていこうと思いました。」嬉しいメールをいただきました。諦めようとしたのは偽物の自分。
2017.03.10
 
763) 田池先生との思い出話をひとつご紹介。「お元気ですか。」「ピチピチパチパチ、元気です。」の対話からいつの間にか、「お元気ですか。」「まあまあ、ぼちぼちです。」本当に時間の経つのは速いです。
2017.03.09
 
762) 自分の間違いに気付く、これは難しいことかもしれませんが、間違ってきた、間違っているということを自分で気付かなければ、修正に繋がっていかないことも確かです。
2017.03.08
761) ふるさと苑で新生活をスタートされた方達、もう慣れましたか。気分良く志摩ホールを活用していますか。
2017.03.07
 
760) 私達は肉、肉で生きてきました。それは確かなことです。形の世界を本物として、自分の本当の姿を見誤って、それなのに私は偉い、私は正しい、我に従えとやってきた私達でした。
2017.03.06
 
759) 学びの仲間がいる、それって素晴らしいこと、本当に幸せなこと、そんなことを昨日の北摂のスカイプ瞑想会で感じさせていただきました。
2017.03.05
 
758) 嬉しい思いはどんどん広げていきましょう。私達の中には尽きることなく無限に湧き出てくる愛の源泉があります。
2017.03.04
 
757) 肉に流れながら流されない生き方、存在の仕方をぜひとも身につけてください。それが自分の中で自然になっていけばいいのではないでしょうか。
2017.03.03
 
756) UTAブックさんのほうに寄せられたメールの中に次のようなことが書かれてあったそうです。
2017.03.02
 
755) なぜ自分は学ぼうとしているのか、どういう理由から学ぼうとしているのか、いわゆる学びの動機はどこにあるのか、自分の中で精査していくことが絶対に必要です。
2017.03.01
 
754) みんな平等に公平に自分の中にあるエネルギーの凄まじさを知っていく過程にあります。肉を通してこうなんだと知ったからには、それをしっかりと活かしていく以外にないでしょう。
2017.02.28
 
753) 落ち着いてゆったりとした時間の中で、自分を産んでくれた母に使ってきた思い、出してきたエネルギーを思い起こしてください。
2017.02.27
 
752) すべては田池先生が整えてくれていました。亡くなられて時間が経つに連れて本当にそう思います。
2017.02.26
 
751) 今、学びに触れて嬉しいんだと素直に思っている人もあれば、そうは思えない人もいます。同じようにセミナーに参加されて、田池留先生とともに学んできたのに、この差はいったいどこからくるのでしょうか。
2017.02.25
 
750) あなたの人生はあなたのものです。その人生の時間はあなた自身です。その中であなたが本当に幸せであるならば、それでいいと思います。
2017.02.24
 
749) 桜開花の花だよりとともに、桜満開のカバーをつけてもらって復刻版「愛と死の真実」が誕生します。
2017.02.23
 
748) みんな狂う要素はまだまだしっかりと持っています。条件が重ねっていけば、ある瞬間引き金が引かれて、中のエネルギーが飛び出してくる危険性は充分にあります。
2017.02.22
 
747) 彷徨い続け狂い続けてきたから、もう私は後戻りしません。
2017.02.21
 
746) 間違えずに正しく生きてきた人などいません。しかも何を間違えてきたのか全く分からずじまいにこの世を去っていく人が殆どです。
2017.02.20
 
745) 学びを前向きに進めてください。自分を明るく喜びで見てください。今の時間は大変大切なかけがえのない時間です。
2017.02.19
 
744) 2008年初版発行の「愛と死の真実」、所々筆を加え、昨晩UTAブックさんのほうに原稿を送信しました。
2017.02.18
 
743) 瞑想、嬉しいですか。瞑想、幸せですか。学びに出会ったこと、学ぶ仲間がいること、あなたの最大の宝物になっていますか。
2017.02.17
 
742) 年齢を重ねていけば、以前はスムーズに動いていた頭や身体がそうでなくなっていきます。若い頃は複雑な動きにも対応できていても、段々と難しくなっていくでしょう。
2017.02.16
 
741) あなたがもし学びをして苦しんでいるならば、あなたがしている学びはポイントを大きく外しています。学んでいるようで全く学んでいないと言ってもいいと思います。
2017.02.15
 
740) 何もかもかなぐり捨てて、なりふり構わずに自分の流してきたエネルギーを知っていこう、そう強い思いを持って学んでいくある一定の時間が必要だと私は思っています。
2017.02.14
 
739) アマテラスとともに母なる宇宙へ帰りましょう。闇黒の宇宙を母なる宇宙へ。自分の中の温もりと優しさに触れ、そしてそれをどんどん広げて宇宙をどんどん呼んでください。
2017.02.13
738) 今までもそうでした。これからは益々学びに繋がって嬉しい、ありがとうと感じていく人達と、やはり泥沼の中から抜け出せなくてもがき苦しむ人達の差が歴然としてきます。
2017.02.12
737) 今日兵庫の方達とのスカイプ瞑想会がありました。会場の設備がよかったのでしょうか。参加されている方達の音声がよく聞き取れてよかったです。
2017.02.11
 
736) 自分の軌道を修正するために生まれてきました。真実の波動の世界と出会うために生まれてきました。
2017.02.11
 
735) 週末にかけて大雪ということ、まだまだ寒い日が続きます。しかし、季節は確実に移っています。
2017.02.10
 
734) これからどうしていけばいいのか、どう生きていけばいいのか、誰でもそういう思いが突き上がってくる時期があると思います。
2017.02.09
 
733) 志摩セミナー、どうでしたでしょうか。参加された方達から早々と嬉しいメールをいただき私もとても嬉しいです。3月の琵琶湖セミナーが待ち遠しいです。
2017.02.08
 
732) またひとつ幸せの時間と空間をありがとうございました。田池留吉、その肉無き今、だからこそ喜びと真実への確かな道がはっきりと感じられます。
2017.02.07
 
731) 明日、5日から志摩セミナーです。私は4日に行きます。ともに田池留吉を思い、アルバートを思い、そして宇宙を思える時間と空間を共有できることをただただ喜んでまいりましょう。
2017.02.04
 
730) 何度も何度も戻ってください。肉を持ってこの世に出現してきたこと、その本当の意味を何度も何度も確認してください。
2017.02.03
 
729) 私達には時間がありません。今世は、田池先生とともに学ばせていただいたということがすべてでした。ではそれに当てはまらない人達、たとえば、新しく集ってこられる人達についてはどうなのかということになりますが、大丈夫です。
2017.02.02
 
728) 肉で生きる、肉に生きる、学びに触れたからこそ、そういう生き方は本来の生き方ではないと少なくとも頭では理解している私達です。
2017.02.01
 
727) 嬉しい、ありがとうの思いとともに学びを前向きに積極的にやっていこうとしている多くの人達。その一方で、不安定な状態の中で苦しんでいる人も確かにいます。
2017.01.31
 
726) もうそろそろ喜びと幸せというものについて思い、考えが変わっておられるでしょうか。
2017.01.30
 
725) 経済的にゆとりがあって、時間も充分にあって、身体もそこそこ元気であってもそれだけではダメ。またどんなに仕事に恵まれ、家族に恵まれていても、それだけではダメ。
2017.01.29
 
724) 余程特別な事情が起こらない限り、セミナー会場は伊勢志摩ロイヤルホテルに集中していくでしょう。琵琶湖も橿原もお世話になっています。
2017.01.28
 
723) ともに歩む仲間がいる。ともに母を思い、田池留吉を思い、アルバートを呼び、そして母なる宇宙に思いを馳せる今がある。幸せです。
2017.01.27
 
722) 瞑想は楽しい、嬉しい、ありがとうです。すべてのものをぶった切り、破壊し尽くし自滅してきたエネルギーもまた嬉しからずやです。
2017.01.26
 
721) どうぞ、250年、300年に至る道を自分の中で見つけ、確立の方向へ一歩歩み出してください。
2017.01.25
 
720) 志摩のことばかりで恐縮ですが、私、行くところができて単純に喜んでいます。田池先生、ありがとう。そのうちインターネットの環境が整いますので、志摩から発信できるのも楽しみです。
2017.01.24
 
719) 土曜日にUTAホール志摩でのお勉強を済ませ、翌日ふるさと苑の内覧会に行かせていただきました。
2017.01.23
 
718) 毎日、毎日、失敗の連続ですよね。本当に愚かな自分と毎日、出会っていけることが幸せだというふうになっていますか。
2017.01.21
 
717) 明日、志摩ホールに50名を超えて人が集まります。少々窮屈かもしれませんが、ともに学んでまいりましょう。
2017.01.20
 
716) 2015年スタートのホームページです。宇宙を思って瞑想をしましょうというテーマーも№1から始まって№716となりました。
2017.01.19
 
715) 意識の流れを肉を持って伝えにきてくれた田池留吉の意識の世界です。その肉とともに学ばせていただいたことを最大の宝物と感じ入っています。
2017.01.18
 
714) 学びは実践です。実践なくして田池留吉が伝えようとしてくれたことを分かることは絶対にありません。決して傍観者にならないでください。
2017.01.17
 
713) 今週末、志摩の共同住宅に入居予定の方達と志摩ホールにて勉強会です。内覧会を兼ねてという予定です。2月1日から順次移住されてこられます。
2017.01.16
 
712) これまでに学んでこられた方達、今、学びに対してどのように向き合っておられますか。大抵は学んでこられてよかったという感想を持っておられると思いますが、何がどのようにいいのでしょうか。
2017.01.14
711) 本にもホームページにおいても、もうすでに充分に書かせていただいていますが、結局は自分の心での気付きが必要です。
2017.01.13
 
710) たったひとつの明確な目的を持って日々の生活をすること、できることに幸せを感じています。どうして生きていけばいいのか、ようやく今世はっきりと分からせていただきました。
2017.01.12
 
709) 学びをするならする、やらないならやらない。思いは明確に。中途半端に学びに関わっても結果は出ません。
2017.01.11
 
708) 瞑想をする時間は絶対に確保してください。毎日瞑想してください。日々の雑事に流れて瞑想をする時間が取れないという生活は、即刻止めてください。
2017.01.10
 
707) 7日には滋賀の方々とそして8日には50歳未満の方々と、ともに瞑想をする時間をいただきました。学びの仲間達のご協力を得てこうして学ばせていただけることを嬉しく思います。
2017.01.09
 
706) 人は喜びや幸せ、生きる意味を感じるのに色々なものを必要とします。それが物であったり人であったり、お金、地位名誉であったり、その他まだまだあると思います。
2017.01.08
705) 日本各地で世界各地で色々なことが起こっていて、そこでは色々な思いが錯綜し、それらすべてが宇宙を汚していくどす黒いエネルギーだけど、本当のことを何もかも忘れ去ってしまった私達人間が最終的に辿り着けるように、愛のエネルギーはただ待っているだけなんだとしみじみ感じます。
2017.01.07
 
704) 自分を思う幸せ、喜びを感じていますかということですが、それは、自分の動く心を見て、自分の瞬間出すエネルギーを感じて、そしてまた自分の中に戻っていくということ、そのとき苦しみを増幅させるのではなくて、喜びと出会い喜びに変換していく、していける自分だったと知ることです。
2017.01.06
 
703) 自分のこれまでに疑問があるからいいんです。人生の行き詰まりというのは、少々大袈裟かもしれませんが、何か自分は忘れてきた、大切なものがない、そんなふうに微かにでも感じられたならば、その人に今起こっている出来事は愛ということになるでしょう。
2017.01.05
 
702) 「結果を出してください。本当に学べば結果が出ます。」田池先生は生前、繰り返しおっしゃいました。では、結果とは何なのでしょうか。
2017.01.04
 
701) すべて田池留吉の意識の世界の計らい。志摩のことを思うに、意識の流れに沿って流れているんだと感じます。
2017.01.02
 
700) 志摩への搬入も無事終わり、2017年より、大阪と志摩を行き来します。私の中のアマテラスとともに、今世の締めくくりに向けて歩んでいきます。
2016.12.31
 
699) ちらほら漏れ聞くところによると、ポッドキャストなかなか評判がいいみたいです。一人で、そして学びの友と瞑想をする際に活用していただければ嬉しいです。
2016.12.30
 
698) 毎日が日曜日で悠々自適の生活をしている方は別として、日頃時間に追われている方達は、年末年始のまとまった時間はありがたいと思います。ゆったりとお過ごしください。
2016.12.29
 
697) 限りのない意識の世界、波動の世界に思いを馳せていけばいくほどに、肉は絶えず原点、基本に戻り、真摯な思いで自分の今を見つめることが大切だとなってきます。
2016.12.28
 
696) 自分のレベルを上げてください。日々、正しい瞑想を重ね自分のレベルアップを心掛けてください。
2016.12.27
 
695) 本当に充実した幸せの人生を築いてください。肉の喜びも幸せも、真実の道をしっかりと自分の中に見出せなければ味わえないものです。
2016.12.26
 
694) 昨日、UTAホール大宝で50歳未満の方を対象にした勉強会がありました。若いっていいなあと一昔前の闇出し現象を思い起こしていました。
2016.12.25
 
693) UTAブックさんからの転送メールより。
2016.12.24
 
692) 昨晩のポッドキャストの中で、地域の勉強会のことを触れましたが、ともに学ぶ仲間を大切にしてください。
2016.12.22
 
691) 睡眠を十分取っていますか。遅くとも23時には消灯しましょう。7時間睡眠を心掛けましょう。
2016.12.21
 
690) 喜んで前向きにあなたの中のアマテラスを供養してください。
2016.12.20
 
689) 2014年8月を第1回目として、クボハウス(UTAホール大宝)で月に一度、学びの時間を持たせていただいています。
2016.12.19
 
688) 瞑想、単なる瞑想ではなくて正しい瞑想がいかに大切であるか、日々自分の瞬間出るエネルギーを感じながら、しっかりと学んでいるでしょうか。
2016.12.18
687) 死ぬまで元気で楽しく学びを継続していきましょう。私達は思いの世界にのみ生きていることを片時も忘れないようにしましょう。
2016.12.17
 
686) 学びを頭で理解しようとすることは徒労でしかありません。ある程度のところまでだったら、ああそうか、なるほど、そういうことかというふうになりますが、そこから先には進みません。
2016.12.16
 
685) これから益々住みにくい世の中になっていくけれど、自分の中の真実だけは絶対に変わることなく現存します。目を閉じて思いを向けると応えてくれる波動の世界です。
2016.12.15
 
684) 私達は友です。あなたは一人ではありません。あなたの中から優しい母の温もりと呼び掛けが伝わってくるはずです。
2016.12.14
 
683) 自分をいたぶらないでください。いたぶるとは、いじめる、痛みつけるという意味です。自分を小さくしたり大きくしたりして、粗末に扱うなということです。
2016.12.13
 
682) 思える幸せを堪能してください。何を思っていればいいのか、何だけを思っていればいいのか、十二分に自分の中に伝わってくれば、もうあなたは本当に幸せなはずです。
2016.12.12
 
681) 目に見えない世界、真実の波動、エネルギーの世界が実在するのを証明するのは、自分の心です。証明できるのは、自分の心です。
2016.12.11
 
680) 宇宙を思う瞑想、あなたの中で手ごたえはありますか。宇宙と思えばどんなエネルギー、波動を感じるでしょうか。
2016.12.10
 
679) 楽しみながら、喜びながら愚かな肉を通して、真実の波動の世界に触れていける今、それはもう喜びでしかありません。
2016.12.09
 
678) 2017年、さらなる飛躍をしていきましょう。志摩から発信できる喜びとともに、さらなる歩みをともに進めていきましょう。
2016.12.08
 
677) 第5回NPO法人UTAの輪セミナー、参加された方どうでしたでしょうか。自分を学ぶという点にポイントをしっかりと置いて、学びの歩みを着実に進めてください。
2016.12.07
 
676) 生活が成り立たない限り、学びを充分に進めていくことはできないでしょう。肉一色で生きてきた私達には、悲しいかなそれが現実です。
2016.12.04
 
675) 思いを溜め込まずに、素直に自分の思いを語ることは必要です。しかし、口は災いのもとです。
2016.12.03
 
674) 私は、今、ポッドキャストで「愛と死の真実」という本の朗読をさせていただいています。そろそろ終わりに近くなってきまして、昨晩から連続で朗読をして最後に宇宙に向ける瞑想をして締めくくりたいと予定しています。
2016.12.02
 
673) 何かと忙しいときは、忙しい、忙しいと言いながら、それで結構毎日が充実しているように錯覚します。錯覚です。
2016.12.01
 
672) 死んでも持っていけるものを大切にしていきましょう。死ねばお金は要らないんです。健康も容姿云々も要りません。名誉も家族も仕事もそこに存在しません。
2016.11.30
 
671) 私達の時間は限りなく続いています。そして、それが私達なんです。肉体というひとつの形を持っている時だけが大切なのではありません。肉体があってもなくても、限りなく存在し続ける私達です。
2016.11.29
 
670) 当然のことながら、それぞれに家庭環境が違い、年齢等の肉的条件が違います。どのような環境なら、どのような肉的条件を整えていれば、学びをしていくのに有利かということはありません。
2016.11.28
 
669) 来年2017年には、志摩の家に月に一度のペースで宿泊して、伊勢志摩ロイヤルホテルにも宿泊してというパターンで、志摩のほうでともに瞑想をする時間が増えます。
2016.11.26
 
668) 「本当にこれでいいのか。これでよかったのか。」誰しも死ぬまでに一度は自分の人生を振り返る時がきます。
2016.11.25
 
667) 毎日の生活の中で、自分のエネルギーを感じられることが喜びです。目に見えて、あるいは耳に聞こえて、肉があるからこそ動く心、一瞬出すエネルギーを確認できるんです。
2016.11.24
 
666) 志摩ホールセミナー、最初の最初の最初。種水を床に転写して愛のお部屋にしてからセミナーが始まりました。
2016.11.23
 
665) 第5回NPO法人UTAの輪セミナーの参加者名簿が届きました。さっとパソコン上でお名前を眺めさせていただきました。志摩から帰ったあと、組分けの作業が待っています。
2016.11.19
 
664) 自分の人生です。それはあなた自身です。あなたの人生、あなた自身に責任を持ってください。
2016.11.18
 
663) 11月20日から志摩ホールで勉強をします。宿泊はロイヤルホテルということで少々忙しいですけれど、参加される40数名の方達とともに瞑想をしていく楽しみ、喜びがあります。
2016.11.17
 
662) 忙殺のとき、あるいは人と群れて楽しいひとときを過ごしているとき、私達は自分の中の根源的な寂しさに触れずにいます。心を見る学びに繋がった今も、自分の中の奥底の底にある寂しさに気付けていない現実があるのではないでしょうか。
2016.11.16
 
661) 第5回NPO法人UTAの輪セミナーの申し込みも締め切られ、2016年最後の本セミナーがもうすぐ始まります。
2016.11.15
 
660) 各地域でともに学びをしていく仲間がいることはいいことだと思います。
2016.11.14
 
659) 限りがある肉の時間の中で、自分を学ぶ、真実の波動の世界を学ぶ計画を自ら立ててきたことについて、あなたはどう思われていますか。
2016.11.13
658) 本当に学んでいこう、自分の人生今度こそ本当の人生にしていこう、真っ直ぐに思うならば、それぞれの学びの環境は整い、その自分の真っ直ぐな思いを実現できるように自ら計らっていきます。
2016.11.12
 
657) 意識の世界のしっかりとした道筋。それはもちろん、目に見えるはずはありません。自分の心で感じていく以外にはありません。
2016.11.11
 
656) 意識の世界のしっかりとした道筋。それはもちろん、目に見えるはずはありません。自分の心で感じていく以外にはありません。
2016.11.10
 
655) 私も少しずつですが、身辺整理をし始めています。志摩にとりあえずは一カ月に一回訪れるということがきっかけになっています。
2016.11.09
 
654) 肉として、一人の人間として、いい人、立派な人は星の数ほどおられると思いますが、本当のところはそうではありません。
2016.11.08
 
653) 何の欲もなくただひたすらに、田池留吉をお母さんを思うのは難しいかもしれません。学びをどのようにとらえているか、学びに集った動機の修正が依然としてできていなければ、思うことに欲があります。思うことが喜び、思えることが喜びとはなりません。
2016.11.07
 
652) 日々瞑想をして、そして暮らしていく。その中で、意識の転回は難しいと実感があると思います。しかし、意識を転回していくことが絶対必要です。
2016.11.05
 
651) 私達人間は感じる心を持っています。ただし、心というのは、私達の身体の中、たとえば、胸であるとか、頭であるとかそういうところにありません。
2016.11.04
 
650) 「あなたは人生の目的を知らない。人生の本当の目的をずっと知らずにきた。ずっと間違えてきた。」あなたの中で、このメッセージを受け取ってきましたか。
2016.11.03
 
649) 志摩に家が建って、志摩での学びが段々具体的になってきました。
2016.11.02
 
648) 母の温もりを感じ、そして本当に生まれてきたことを喜んでいる方であれば、自分の中に作ってきた闇のエネルギーに振り回されて、日常生活に支障をきたすということは絶対にあり得ないことです。
2016.10.31
 
647) 瞑想、正しい瞑想をすること、できることが唯一大切なことを私は知っています。実際、私は正しい瞑想をしています。宇宙を思い瞑想をすることで仕事をしています。
2016.10.30
 
646) 学びを継続していくには、基本的に真面目ということが必要です。真面目、それは肉的な生真面目、堅物というのではなくて、本当のことを追求していく思いに真面目ということです。
2016.10.29
 
645) 田池留吉、アルバートを思う瞑想をしてともにある喜びが波動として伝わってくる、響いてくる、それが信じられる、それが自分の現実なんだ、そんな今があることが喜び、幸せだと言えば、あなたはそうだと深く頷いていただけますか。それとも分からないと返しますか。
2016.10.28
 
644) 心で感じたものを信じるとはどういうことかということなんですけれど、それは瞑想をしたときに、自分の中に響いてくる温もり、優しさ、喜び、そして心の広がりを信じていくということです。
2016.10.27
 
643) それぞれの日常、それぞれの環境の中で、絶えず自分が生まれてきた意味、ここにいる意味、つまり人生の本当の目的とは何かを絶えず自分に問いかける思いを継続していくことは、なかなか難しいことなのではないでしょうか。
2016.10.26
 
642) 大変贅沢なセミナーでした。ゆったりとしたセミナー会場を用意していただきました。
2016.10.25
 
641) 思う喜び、思える喜びの瞑想をやっていますか。いわゆる正しい瞑想です。どんなに凄まじいエネルギーが噴き上がってきたとしても、それはすべて愛に帰っていこうとする喜びの雄叫びだと、心で感じておられますか。
2016.10.23
 
640) 気付き、促しと受け取ってください。起こることはみんなそうです。幸い、私達は心を見ることを学んでいます。心を自分の中に向ける大切さを学んでいます。
2016.10.22
 
639) 自分の中の愛に目覚めていく。自分の中の愛の復活に全エネルギーを注いでいく。真実の道、本道を歩くとはそういうことです。学んでいくとはそういうことです。
2016.10.21
 
638) 形の世界では、何とか帳尻を合わせてその時、その時を過ごすことができます。十人十色、千差万別、その他逃げ道を見つけるのに、あるいは理由づけに便利な言葉があります。
2016.10.20
 
637) セミナーで感じた喜びが日々の生活をしていくうちに薄れていく。瞑想をして感じ、出てくる思いに疑いを持つ。自分の感じているものが信じられない。こういう体験、経験、程度の差こそあれ、どなたにもあるのではないでしょうか。
2016.10.19
 
636) ひとつずつ、少しずつ、段々と、徐々に、まずは自分の身辺整理をしながら肉的にも身軽になりましょう。
2016.10.18
 
635) 学びをする材料は、日常のあちらこちらにゴロゴロ転がっています。心を見る材料はふんだんにあります。
2016.10.17
 
634) 一週間後は志摩セミナーです。当初は志摩ホールでお勉強する予定でしたが、完成には間に合わず伊勢志摩ロイヤルホテルが会場となっています。
2016.10.16
 
633) NPO法人UTAの輪のホームページに掲載されているように、志摩のほうも学びの形が整いつつあります。
2016.10.15
 
632) 殆どすべての人達が流れ沈み込む濁流の中に、どどっとともにでは学びに触れた意味がありません。
2016.10.14
631) ポッドキャストへということで、UTAブックさんから転送されてくるメールですが、最近は質問というよりも学びを自分なりに進められてよかった、嬉しいという内容です。順風満帆の人生で終わることなどあり得ないし……
2016.10.13
 
630) 冷房も暖房も要らない時期。少しの間だけど何も要らないことがいい。吹く風が爽やかで日差しが温かい。一日が始まり一日が終わる。24時間の大半は肉のことに終始でしょうか。
2016.10.12
 
629) 何を選択しても、どう生きても、あなたの自由だと語りました。今まで、私達は身勝手な自由の中で幸せになろう、なりたいとしてきたから駄目だったんです。
2016.10.11
 
628) 何を選択して、どう生きていくか、それはあなたの自由です。誰も何もあなたを縛ることはできません。
2016.10.10
 
627) ともに瞑想をする時間を持たせていただいてありがとう。学ぶ形を整えてもらって、今回もまたクボハウスでともにお勉強の時間をいただきました。
2016.10.09
 
626) 意識の世界には老いも若きも男も女もありません。ただ今の段階では、肉という形を持ってしか学べないというのが現状です。そうなってくると年齢というのは大きなハードルです。
2016.10.08
 
625) ゆったりと静かに伸び伸びと自分の思いの世界と向き合えることが、何よりも幸せなことでした。
2016.10.07
 
624) 悩んで憂えて苦しんで暗い顔をして不平不満愚痴、そして不安な思いの中で暗い涙を流してという状況、境遇の中という場合も、現実多々あると思います。
2016.10.06
 
623) 今を喜ぶ、今ここにあること、そして田池留吉をアルバートを思えること、これ以上の幸せはないと一日、一日を重ねながら、確認そして確信です。
2016.10.05
 
622) 私は、結婚する前はもちろん、結婚してからも自室を持っていました。一日のうちに一人になる時間があるという生活の中でこれまでずっときましたし、だから当然、学び始めてからも、自分の部屋で一人で学ぶということでした。
2016.10.04
 
621) ポッドキャスト(第13回目)で語らせていただいている通り、あなたのレベルアップをお願いします。。
2016.10.03
 
620) 2016年もあと3カ月を残すのみとなりました。時間はたちまちのうちに過ぎ去ります。一日、一日、肉はリラックスしながら、しかし意識の世界はただ一点をしっかりと見定める生き方の進捗度はどうでしょうか。
2016.10.02
 
619) 今更でもありませんが、セミナー参加が学ぶということではありません。学びは日常の中にあります。それぞれの人生が学びです。
2016.10.01
 
618) 今更でもありませんが、セミナー参加が学ぶということではありません。学びは日常の中にあります。それぞれの人生が学びです。
2016.09.30
 
617) 喜び幸せの人生を全うしましょう。自分に用意してきた時間、環境。その中で自分を感じ自分を知り、自分をたったひとつある真実の方向にいざなっていく喜び、幸せをそれぞれの心で体験、そして堪能してください。
2016.09.29
 
616) ここ数日間にポッドキャストでと質問を寄せていただいた中から、少しご紹介します。
2016.09.28
 
615) 学びは頭で分かることはありません。苦しみから喜びへと意識の転回を促されているのです。
2016.09.27
 
614) あなたの肉の思いとは一切関係なく、意識の流れはすこぶる順調に推移しています。
2016.09.26
 
613) 10年、20年、30年、あっという間に過ぎていきます。まだまだ私達には時間があると思わずに、体力、気力の充実している今だからこそ、学び一本の道筋を自分の中に確立してください。
2016.09.25
 
612) あなたの中心棒、芽吹きの兆しがありますか。まだまだ岩盤のひび割れはありませんか。はたまた粘土層に四苦八苦ですか。
2016.09.24
 
611) 学びは難しい、こんなこといくらやってみても・・・という思いが過り、自分に対する本当に真摯な誠実な喜びの思いが萎えていくという人が出てくると思います。
2016.09.23
 
610) ポイントを外した学び方をしていないでしょうか。心に感じるからいいのではないのです。もともと私達人間は心に感じる生き物です。
2016.09.22
 
609) 肉、形あるものが本物だとして、どこまでも形の世界の中で喜びと幸せを追い求めてきた心。その思いの世界を180度転回していくのは、至難の業と言っても言い過ぎではないでしょう。肉の基盤がこびりついているということだと思います。
2016.09.21
 
608) ポッドキャストでということで質問をくれた方達の中に、その後、自分の学びを進めていくについて何かいい方向にいっていると感想を寄せてくる方がちらほらいます。嬉しいです。
2016.09.20
 
607) あなたは一日に何度、田池留吉を思っていますか。田池留吉に心を向けていますか。
2016.09.19
606) 学びに触れながら、しかし、何らかの理由で学びを捨て相当期間学びから心を離した状態で、今また学びに集っているという方が何人かおられると思います。
2016.09.18
 
605) 「あんたは、意識の世界のお勉強はすこぶる快調で合格点だ。あとはもう少し肉のお勉強しいや。」常日頃から田池先生から言われてきました。
2016.09.17
 
604) 思う、瞑想をする時間を持つ、持てる、こんな幸せな人生はありませんでした。本当にありませんでした。温かく広がっていく思いの世界に委ねていける喜びは何物にも代えられない幸せです。
2016.09.16
 
603) 喜びの状態が自然でした。怒ったり、悲しんだり、悩み落ち込んだり、得意げになったり、寂しい思いを抱えたりと、私達は本当に忙しくやってきましたが、本来は喜び一色だったと伝えてもらった今世でした。
2016.09.15
602) セミナーはやっぱりいいですね。セミナー中一言も話さずとも、また失礼ながら名前も知らずとも、こうして、セミナー会場へ遠くからやってきて、そして、ともに心を向けようとしてくれる肉がそこにあります。
2016.09.14
 
601) 第4回の伊勢志摩セミナー、ありがとう。田池留吉、アルバートの意識の世界とともに学べることがただ嬉しいだけです。
2016.09.13
 
600) ただ心を向けるだけ。心を向けていけば、広がっていきます。温かい温もり、優しい思い、そしてともにという力強い呼び掛け。
2016.09.11
 
599) 色々なしがらみがあります。複雑怪奇な社会に身を置いています。本当のことを見失ったまま、目先の幸せと喜びをみんな求めています。
2016.09.10
 
598) 瞑想はゆったりとしてください。心も身体もリラックスして楽しんでやってください。何かを感じなければ、こう感じなければ、感じたい、そんなことで自分を縛りつけてする瞑想は瞑想でもないし、従って、自分の中が少しも楽になりません。
2016.09.09
 
597) いくつか質問のメールを転送していただいています。その中に、眉間に意識を向けてする瞑想と、後頭部に意識を向けてする瞑想とは格段の違いがあると、私が前にどこかで綴っていたみたいで、それはどういうことなのかというものがありました。
2016.09.07
 
596) すべてにありがとうと言えますか。これはなかなか難しいです。だけど、本当にすべてにありがとうなんですね。すべてをありがとうと受け取っていける状態になるには、やはり、自分の中に真実の波動の世界をしっかりと確立する方向に歩みを進めていく必要があります。
2016.09.06
 
595) 私達は、今世、自分の中に思いを向ける、自分の中に戻っていくということを学ばせていただいています。
2016.09.05
 
594) 立派に生きてきた、賢く生きてきた、それなりに幸せだ、あなたの人生そうだったかもしれません。
2016.09.04
 
593) №591について、いくつかのメールをいただきました。共通なのは、正しい瞑想に完成度などありませんということでした。
2016.09.03
 
592) クボハウスでの学びの一部を掲載します。大阪弁のところもあって、少々読みづらいかもしれませんが、学びの参考になればと思います。
2016.09.02
 
591) 次のような質問をいただきました。あなたならどのように答えますか。
結果というのは、正しい瞑想の完成度を少しでも、高めて行く、と捉えて良いのでしょうか。
2016.08.31
 
590) №584、587に関連しての質問をいくつかいただいています。こういう症状の方は瞑想をしないでください、止めてくださいという一文に、私の場合はどうかなあということなんでしょう。
2016.08.30
 
589) 自分の心で感じ感じたものを信じていく、これは簡単なようで難しいです。肉を自分だと思い込んでしまった私達は、自分を信じるということがどういうことなのかを忘れ去ったからです。
2016.08.29
 
588) たとえばセミナーに参加する場合、色々と周りの人達のご協力が必要であるかもしれません。だから学びする以上、それなりの思いで、いいえ必ず結果を出してください。
2016.08.28
 
587) №584を読まれて質問された方にというんでもないけれど、こういう症状のある方で、ご家族が学びに集われていて実際学びを実践されている方がおられる場合は、そのご家族のご協力があるでしょうから、ともに瞑想をしながら、ともに学びを進めていってください。
2016.08.27
 
586) この学びは単純明快です。自分の心で感じ感じたものを信じていく姿勢を確立してください。
2016.08.27
585) 8月橿原セミナーに参加された方の反省文です。一読してください。
2016.08.27
 
584) 夜、薬なしでは眠れない。したがって昼間はぼぉーとしている、食欲がない。こういう症状の方は、瞑想をしないでください。まず適切な治療を受けて、夜、薬なしで眠れて、過食拒食なくという生活のパターンを取り戻してください。

2016.08.26

 
583) あなたに、ともに瞑想をしよう、ともに田池留吉、アルバートをお母さんを思いましょうと言えるお友達、そして家族がいれば、もうそれは最高に幸せなことでしょう。

2016.08.25

 
582) 8月橿原セミナー、ありがとうございました。みんなとともに瞑想、思いを向けることが嬉しかったです。

2016.08.24

 
581) 田池留吉と心から呼べる幸せを味わっていますか。アルバートと心から叫ぶ喜びを味わっていますか。

2016.08.21

580) 田池留吉を思い、宇宙を思い、限りない世界の一端を垣間見れる喜び。こうして肉を持っているからこそ、そのような幸せの時間と空間に自分をいざなっていけるんです。

2016.08.20

 
579) 何を信じていくか、どこに自分を向けていくか、確信するまで、できるまでになってください。そしてもちろんそんなことで終わりではありません。そこからがスタートです。

2016.08.19

 
578) 真実の世界からひとつの肉体を持って伝えてくれたという事実があります。分かる、分からない、信じる、信じないに関わらず、その事実があります。

2016.08.18

 
577) 全部、全部自分で用意してきたものばかりです。本当のことを知ろうと、本当の自分の存在に気付くために、みんな、すべてすべて整えてきました。

2016.08.17

 
576) 学びのポイントは、自分が今学んでいることを、本当に自分の次の転生に繋いでいくことができるかにあります。

2016.08.16

 
575) 丹田呼吸をして、軽く目を閉じて思う。この思うというのは学びでいうところの思うです。

2016.08.15

 
574) 「学び一本やで。この道を真っ直ぐに歩いていきや。」もちろん、私の中の田池留吉は大阪弁では伝えてきません。これは、田池先生からあんた一人でも歩いていくんやでと何度も言われた言葉です。

2016.08.14

 
573) 思えば本当に月日の経つのは早いもので、田池先生が入院されて第1回目の手術を受けられたのが去年の8月でした。

2016.08.12

 
572) 『田池先生が生前、「私が肉を脱いだら一時間以内に塩川さんを通してメッセージをおくります」と言われていたように記憶しているのですが、田池先生が肉を脱がれてすぐのメッセージとはどのメッセージでしょうか。』というメールをいただきました。

2016.08.11

 
571) ポッドキャストを通してともに学びましょうということで、第1回目がアップされています。

2016.08.11

 
570) ポッドキャストを活用するにあたり、いくつかのメールをいただきました。ありがとうございます。まもなく第1回目が流れると思います。

2016.08.10

 
569) 今どんな環境であろうがいいんです。その中で逃げずに思いを逸らさずに、ただひたすらに自分の出してきた思い、エネルギーを知っていきましょう。

2016.08.09

 
568) 自分の心で感じ、学び、そして自分の心で分かっていきましょう。

2016.08.08

 
567) 今世、学びに触れるということは、千載一遇のチャンスだとしっかりと自分の中で確認をお願いします。

2016.08.07

 
566) UTAブックさんのホームページに掲載されていましたが、これからぼちぼちポッドキャストというものを活用させていただき、音を通して波動を発信するということをしていこうと思っています。

2016.08.06

 
565) お元気ですか。連日、暑いです。私の住む大阪は36度の猛暑日が週末にかけて続くようです。半身浴やっていますか。暑いからといってシャワーだけで済ませていませんか。

2016.08.05

 
564) 朝、ストレッチ体操をしているとき、「今を生きる」という短い言葉が過りました。

2016.08.04

 
563) 「どんなときも何よりも私を思ってください。どんなときも私を思えるようなあなたであってください。」伝わってくるメッセージです。

2016.08.03

 
562) ただひたすらに瞑想です。正しい瞑想ができるようになってください。正しい瞑想とは、真っ直ぐに田池留吉、アルバートを呼べる状態になることです。

2016.08.02

 
561) 心をひたすらに向けていく、いわゆる正しい瞑想をする習慣になっていますね。その習慣をつけて、しっかりと自分の中を確立してください。中心棒の確立です。

2016.08.01

 
560) あなたは自分の進むべき道が見えていますか。その道に沿って着実な一歩を歩み出していますか。

2016.07.30

 
559) 肉はみんな愚かです。馬鹿です。ひと癖もふた癖もありす。ただ、そんな愚かで、それぞれに癖があっても、正しい瞑想をしましょう、してくださいと伝えてもらって、そしてそれをそれぞれが真摯に素直に取り組んでいくならば、愚かで馬鹿な肉もまた少々変わってきます。

2016.07.29

 
558) 喜んで喜んで今という時を過ごしていきましょう。自分の凄まじいエネルギーを感じられることは、それはもう喜びでしかありません。

2016.07.28

 
557) 自分達が狂い続けてきたことは、それぞれ自分の心の底の底の底のまたずっと奥底を垣間見ることで、感じているでしょう。

2016.07.27

 
556) 「あなた、幸せですか。」時折、自分に聞いてみてください。自分に聞いて自分が答えたものを参照にして、自分の学びを進めていってください。

2016.07.26

 
555) 夫をやりながら妻を演じながら、その他様々な肉の状況の中で、それぞれの役をこなしながら、ただ見ていくのは自分の中。自分の思いの世界、意識の変革に努めましょう。

2016.07.25

 
554) 本道を真っ直ぐに進んでいこう、やっていこうと欲得なしで学んでいく人達と学んでいきたいです。救ってくれ、何とかしてくれ、我を見よ、もうそういう思いとは決別してください。

2016.07.24

 
553) 何はさておき、自分に本当のことが心から伝えられている今であるか、そういう状態の意識の世界であるか、自分を精査することが肝心です。

2016.07.23

 
552) 田池留吉と呼ぶことが嬉しくて、アルバートと呼ぶことがただただ嬉しくて、これに勝る喜びも幸せもないことは、目を閉じて心を向ければはっきりと伝わってきます。

2016.07.22

 
551) 自分の心で分かっていくしかありません。色々、色々自分なりに試行して、肉の終える最後の最後の瞬間まで、肉を持ってきたありがたさを感じて、自分と向き合っていきましょう。

2016.07.21

 
550) 肉を持っている間に、どうぞ、自己確立に努めてください。瞑想をして心に感じ響いてくるならば、なおさらに自己確立に専念してください。
2016.07.20
 
549) 復刻版「ありがとう」の朗読を済ませました。今回の朗読は、ポッドキャストという方法で一般に公開されています。予定は未定ですが、この方法をもう少し活用させていただこうかなあと考えています。
2016.07.19
 
548) 私達はあのふるさとを捨てたんです。お母さんの心を捨てました。お母さん、お母さんを、お母さんをもう本当に見捨ててきました。しかし、お母さんは見捨てなかったんです。
2016.07.18
 
547) 正しい方向にきちんと針を向けていく、合わせていくことは難しいことですが、向けていこう、合わせていこうと素直に真摯にやっていくことは、どなたでもできます。
2016.07.17
 
546) 今朝、メールで大変残念な知らせを受けました。どうぞ、学びを軽んじないでください。
2016.07.16
545) 瞑想をしていたら、二足の草鞋という言葉が出てきました。二足の草鞋ということについて、それぞれに考えてみてください。形の世界では、器用に渡り歩くということは可能かもしれないけれど、意識の世界ではそれは全く通用しない、そういうことはあり得ないことだと思っています。
2016.07.15
 
544) あなたが250年後、どのようなところから、ともに次元を超えていこうというメッセージに触れられるか分かりませんが、私達は250年後、このメッセージを肉を持ちしっかりと発信していきます。
2016.07.14
 
543) 学びに繋がってくるのは決して特別なことではないけれど、学びをしていく、本道を歩いていくということは大変なことです。
2016.07.13
 
542) 学びに繋がっている、学んでいるということは、決して特別なことではありません。もうここに至って、そういうことで自分達は特別だという思いを持っている人はいないと思いますが、ゆめゆめ学びに触れていない人達、触れようとしない人達を見下さないようにしましょう。
2016.07.12
 
541) 一にも二にも正しい瞑想だと病室においても伝え続けてくれた田池留吉氏の思いを、心でしっかりと受け止めていきましょう。
2016.07.11
 
540) 自分の今の状態がどんな状態であろうと、またどんなに凄まじい思いを垂れ流してきたとしても、心をこちらに向けなさいと伝えてもらった機会に巡り合ったことは、何にも代えられない幸せだと思いませんか。
2016.07.10
 
539) 己一番、闘いと支配のエネルギーを垂れ流し続けてきたけれど、そして温もりにパワーなどないと、温もりを徹底的に否定してきたけれど、そんな私にもこうして、自分を真っ直ぐに見つめなさい、受け容れていきなさいと、十二分に学ばせていただけるチャンスが巡ってきました。
2016.07.08
 
538) 自分の年齢、環境、色々なことを考えながら、自分の予定してきた学びのルートを見失わないように、日々喜んで生活をしていきましょう。
2016.07.07
 
537) みんなとともに学べる時間、空間に自分の肉を運べる、これほどの喜び、幸せはないと感じられたのではないでしょうか。
2016.07.06
 
536) あなたの事情が許せるならば、できるだけセミナーにご参集ください。ともに瞑想をしてまいりましょう。
2016.07.03
 
535) 学びは宗教ではありません。その認識を新たにしてください。
2016.07.01
 
534) 昨日の朝、ホームページに挿入した音声は、「ありがとう」の復刻版の中の「Fさんの反省」から選んだものです。
2016.06.30
 
533) もともと間違った偽の世界(世の中)に肉という形を持って出てくるわけだから、心を見ることを知らない限り、何が間違いかなんて分かるはずはありません。
2016.06.29
 
532) 大切なことだから、何度も何度も自分の中で確認してください。それは、死ねば、肉体がなくなれば何もないということです。あるのは思いの世界だけです。
2016.06.28
 
531) 今世、このようにして生まれてきて、色々なルートから学びに繋がり、自分の心を見る、母の反省、自己供養をするという人生の唯一の目的を教えていただきました。
2016.06.27
 
530) それぞれがこれから、どのように自分の学びを進めていくかは、それぞれの問題ですが、意識の流れはすこぶる順調に推移しており、その意識の流れからのメッセージは、250年後、必ず、必ず、私達と出会ってくださいというものです。
2016.06.26
 
529) お母さんを思う瞑想、本当に大切です。お母さんを思う瞑想、できない人いませんか。
2016.06.25
 
528) 来月早々、橿原でまたともに学ばせていただきます。それぞれに都合をつけて参加されると思いますので、どうぞ、二泊三日、ご自分のこれからに繋げられるように喜んで学んでいきましょう。
2016.06.24
 
527) 肉を持つ時間には限りがあります。当たり前です。肉というのは形だから、どなたもいずれはその形は消えていきます。
2016.06.23
 
526) 早い、早い、時間が経つのが早いです。今年ももう半分が過ぎ去ろうとしています。
2016.06.22
 
525) あなたは、自分の肉の思いと関係なく、自分の頭とは全く関係なく、自分の中から突き上がり、噴き出してくるエネルギーと出会っていますか。
2016.06.21
 
524) 学びに至る道は一本道です。中心、愛を目指していく道筋、ルートが放射線状的にあちらからもこちらからも伸びてきて、そしてそのままそれらが愛を目指していくわけではありません。
2016.06.20
 
523) 今年、6月から12月計7回、大宝のクボハウスで50歳未満の方達とともに瞑想をする時間を設けていただいています。
2016.06.19
 
522) 何を思っているか、思えるか、とても大切なことです。何をしててもいい、どんな生活でもいいんです。本当に田池留吉の世界を感じ、真っ直ぐに思っているならば。
2016.06.18
 
521) このホームページに音声を挿入しています。聞いていただけましたか。
2016.06.17
 
520) 人生の目的、なぜ生まれてきたのか、なぜ死んでいくのか、自分はどんな存在なのか、学びの指針に沿って真摯に学んでいけば、自分の中から明確に答えが出てくるはずです。
2016.06.14
 
519) 自分の中の愛、自分が愛だったと信じられる方向に歩みを進めていく以外に、自分を救う道はありません。
2016.06.13
 
518) 宇宙には自分しかいないと語りながらも、こうして、肉を持ってともに学ぶという幸せは十二分に感じています。
2016.06.12
 
517) 私は、昔、昔のいわゆるセミナー会場における闇出し現象と喜びの現象の両輪で本当に田池留吉の肉を通して学ばせていただきました。
2016.06.11
 
516) 学びに触れながら、基準がこの世の流れにあるならば、学びをすればするほど苦しくなり、矛盾を感じ、やがては学びから離れていきます。
2016.06.10
 
515) 思えば嬉しい、思えば喜び。田池留吉、アルバートと呼べることが嬉しい。
2016.06.09
 
514) 「お母さん、ありがとう。」心から噴き出してくる叫びです。噴き出してくるんです。それは道徳的な「お母さん、ありがとう。」ではありません。
2016.06.08
513) 学びに繋がった方、まずはどなたも敏感になってください。理想を言えば、学びに集う前から敏感よりも、学びに集ってからどんどん敏感になるパターンがいいんです。
2016.06.05
 
512) 私達の世界には限りがありません。しかし、殆どの方が自分が作った小さな穴蔵に閉じ籠っています。
2016.06.03
 
511) 次元移行云々を言われても、確かに自分の心に響いてこない限り、ピンときません。
2016.06.02
 
510) 田池留吉氏との出会いがあったこと、学びに繋がったこと、そのありがたみをじっくりと味わいながら、自分の肉を持つ時間を大切にしていきましょう。
2016.06.01
 
509) UTAブックさんが、先日の橿原セミナーでのアマテラスに向ける瞑想のときに巫女の思いを感じた方は、その体験文をと募集されています。
2016.05.31
 
508) 後期高齢者と言われる年齢あたりになってくると、踏ん張りがきかなくなってきます。
2016.05.30
 
507) 私はこれだけ感じているんだ、これだけ分かっているんだ、そのような思いでせっかくのチャンスを握りつぶすのは止めにしましょう。
2016.05.29
 
506) 先日の橿原セミナーで、アマテラスに向ける瞑想の時に巫女という言葉を出しました。
2016.05.28
 
505) 大阪府在住の方、及びその近辺にお住まいの方へ。
2016.05.26
 
504) みんなとともに学べる時間と空間を用意していただいて、本当にありがとうございました。ともに思いを向けていけることが嬉しいと学ばせていただいています。
2016.05.25
 
503) 喜び、喜びだけです。喜びがさらに愛の中に喜びを作っていくんです。
2016.05.22
 
502) 頭を先行させていませんか。自分の頭で納得しなければ、学びで伝えられていることを信じられないとなれば、どうでしょうか。
2016.05.21
 
501) 「我が人生もセミナーとともに」どうぞ、田池留吉氏の思いに沿って、田池留吉氏の思いとともに、セミナーを中心にして我が人生を楽しみ喜んでいきましょう。
2016.05.20
 
500) 昨日、第3回NPO法人UTAの輪セミナーの参加名簿をいただきました。UTAブックさんからは復刻版「ありがとう」が届きました。
2016.05.19
 
499) 人それぞれの環境、事情があります。それを充分に考慮して無理をせずに、だけど真摯に誠実に、学びに、人生の目的に、真っ直ぐに向き合ってください。
2016.05.18
 
498) 今年7月以降、種水の判定を実施して、それをもとに2017年の橿原セミナー2回を募集します。
2016.05.17
 
497) 一週間後の橿原セミナー、参加人数約200名ということなので、全員参加で現象を楽しみましょう。アマテラスが待っています。
2016.05.16
 
496) 学びは修業でないから、あれをしたらいけない、これをしたらいけないと自分の生活を縛ることはありません。
2016.05.15
 
495) みんなとともに会場で思いを向けられる喜び。田池留吉を思い、アルバートを思い、宇宙に思いを馳せる喜び。
2016.05.14
 
494) 私は、朝、半身浴のときにふるさとの替え歌を歌うことが日課です。浴槽に沈めた愛の円盤とともにいい時間をいただいています。
2016.05.13
 
493) 忙し過ぎても、暇過ぎても、学びに適した環境とは言えません。
2016.05.12
 
492) 2017年のセミナー予定。宿泊を伴うセミナーの会場の内訳は琵琶湖グランドホテル2回、橿原ロイヤルホテル2回、伊勢志摩ロイヤルホテル6回の計10回です。
2016.05.11
 
491) 日々、幸せを実感していますか。もちろん、瞑想を通して、幸せ、喜びはじわじわ、あるいはどんどん心に響いてくるということは、殆どの方が体験済みだと思います。
2016.05.10
 
490) セミナーに一度来てそれっきりの人、何度か来られて熱心かなあと思っていたら何かがあって突然パッタリ来なくなった人、振り返ればそんなこと、あんなことありました。もったいないと思います。
2016.05.09
 
489) クボハウスを活用、あるいはそれぞれのお住まいのところで会場を用意して友とお勉強。もちろん、セミナー以外普段は一人でお勉強という方もおられるでしょう。
2016.05.08
 
488) 学びの友が、クボハウスでの勉強の録音したものを文字にしてくれました。
2016.05.07
 
487) 心癖、思い癖、基準、しぶといと思います。元の木阿弥、喉元過ぎれば・・・ということは往々にしてあります。
2016.05.06
486) 今年の10月、11月の志摩での勉強会に、北海道、東北、新潟、九州、沖縄そして海外在住の方達で参加ご希望された学びの友が来られます。
2016.05.05
 
485) 昨日、クボハウスで約2時間、学びの友とともに瞑想をさせていただきました。後半のアマテラスに向ける瞑想で感じさせていただいたことは、まだまだアマテラスにがっちりという方が多かったということでした。
2016.05.04
 
484) 「どんなときも、どんなときも、何よりも、何よりも私を思いなさい。私、それは田池留吉です。そしてそれはあなた自身です。あなたの中の愛、本当のあなたを信じて信じて、思うはそれだけです。あとは全部ブラックです。いいでしょうか。死ぬまで、ただひたすら私を思ってください。思いの向け先はただひとつです。」
2016.05.03
 
483) ゴールデンウィークの最中、みなさんどのようにお過ごしでしょうか。身体を動かすのには丁度いい時期、家の片づけも捗ります。
2016.05.02
 
482) 肝心なことに自分の中で確信が持てたら、あとはどうでもいいことです。AであろうがBであろうがそれによって、肝心要のところが変わるわけではないからです。
2016.05.01
 
481) 明日から5月。今、ツツジが綺麗です。青葉若葉も美しい。クボハウスにスカイプ瞑想、橿原セミナーと、みんなと学べる時間をいただいて嬉しいです。
2016.04.30
 
480) どんなことがあっても、見て聞いたときに自分の中に瞬間上がってきた思い、出すエネルギーを確認していくことが心を見ることであり、それが学びのすべてです。
2016.04.28
 
479) 2016年も4か月が過ぎようとしています。1/3年終了。2017年1月~のセミナーの計画を検討しています。
2016.04.27
 
478) 田池先生が亡くなられて思うことは、色々の意味で防波堤になってくれていたんだということです。
2016.04.26
 
477) 今年の10月、11月に志摩のUTAホール(仮称)で、二泊三日のセミナーの予定があります。
2016.04.25
 
476) 私達は自分が愛だったと心から知るために、この肉体を持って、ここにいます。お母さんに生んでいただきました。
2016.04.24
 
475) 自分は愛でしたと心から分かれば、自ずと向いていく方向は同じです。
2016.04.22
 
474) 肉を持っている間、学ぶチャンス、学べるチャンスを大いに活用して、たくさんの自分とともに喜び、喜びの道を歩いていきましょう。
2016.04.21
 
473) あなたの今世の時間で、何が一番よかったですか。幸せを一番に感じたものは何ですか。
2016.04.20
 
472) 帰るところ、帰れるところ、戻っていくこと、戻っていけること、しっかりと自分の中で確認、確認、そして確信、確信してください。
2016.04.19
 
471) 日々、自分に用意した肉とその環境、この時間の中で、自分はこれまで間違ってずっと存在し続けてきたと、はっきりと心で分かるほど幸せなことはありません。
2016.04.18
 
470) なぜ、ここ日本の国から最初に学びが発信されているのでしょうか。なぜ真実の意識の世界が初めて肉を持ったのが日本の国なのでしょうか。
2016.04.17
 
469) 程なく、「ありがとう」復刻版が出来上がってきます。私は楽しみにしています。
2016.04.16
 
468) 田池留吉をいつも思っていますか。いつも喜びで思っていますか。
2016.04.15
 
467) 私は田池留吉氏とともに22年間学ばせていただきました。ともに肉を持って学ぶという時間が22年間でした。
2016.04.14
 
466) 何で生まれてきたのか、産んでもらったのか、その答えを自分の心で知らない人生は闇黒の人生です。
2016.04.13
 
465) 「我は神なり。我に従え。我の宇宙は一番なり。」自覚があるかないか関係なく、私達は誰一人例外なくこの思いでずっと存在し続けてきたことは確かなことです。
2016.04.12
 
464) 僅か2時間なのに、遠いところから来てくれる人もいます。
2016.04.11
 
463) 自分の道が見えていますか。あなたにとって自分の道とは何ですか。
2016.04.10
462) 「ありがとう」の復刻版を出していただけることを喜んでいます。
2016.04.08
 
461) 満開の桜は、今日の雨で花絨毯に変身です。それもまた綺麗だし、近くの公園のしだれ桜はこれからが見ごろ。
2016.04.07
 
460) 「あなたは今、幸せですか。」私はこれまでに何度か田池先生から聞かれたことがありました。
2016.04.06
 
459) 日々、ゆったりと喜んで正しい瞑想が継続できる、そんな時間空間にいざなわれている、それぞれ実体験がおありだと思いますが、これほど幸せなことはないと私は心から思います。
2016.04.05
 
458) 愛知のスカイプ瞑想会、UTAブックさんのほうではトラブル発生ということですが、私のほうは1時間、楽しく私の勉強をさせていただきました。
2016.04.04
 
457) 今こうして同時期に肉を持って、お母さんを呼べる幸せ、田池留吉に心を向けていこうとする幸せを学ばせていただいていることが嬉しいです。
2016.04.03
 
456) 死ぬまで元気に、ただひたすら正しい瞑想ができるような自分達でありましょう。
2016.04.02
 
455) 自分の心と真向かいになれる今、つまり自分の中に思いを向けようとしている今、どんなに幸せなときであるか、どんどん心に感じ広げていきましょう。
2016.04.01
 
454) 「みんな仲良うになあ。」田池先生の思いを肝に銘じてください。
2016.03.31
 
453) 学びの友より、セミナーの感想のメールをいただきました。一部ご紹介させていただきます。
2016.03.30
 
452) ともに学ばせていただいた三日間、ありがとうございました。
2016.03.29
 
451) あなたは、あなたの中とともに瞑想を続けていますか。下記の文章を一読してから、母なる宇宙を呼んでみてください。
2016.03.26
 
450) 「ありがとう」を読み返しています。その中に下記の一節がありました。
2016.03.25
 
449) 今を喜んで生きる喜びを、瞑想を通して心から知っていきましょう。目を閉じてすうっと心を向けていく喜び、幸せを感じていけるのは、こうして産んでもらったからです。
2016.03.24
 
448) 今、「ありがとう」復刻版に向けて作業を進めています。
2016.03.23
 
447) 季節は巡り、桜開花の時期がやってきました。UTA会セミナーから、UTAの輪のセミナーとなって1年が過ぎました。
2016.03.22
 
446) 心で感じる世界、感じられる世界をどうぞ堪能していきましょう。自分の頭など何の役にも立たないことに気付いてください。
2016.03.21
 
445) 自分に用意した肉を持つ時間。どうぞ、自分の納得のいくように、後悔しないように、絶えず自分の中と対話しながらお過ごしください。
2016.03.20
444) 6月から50歳未満の方限定の勉強会がクボハウスで始まります。お名前とお顔が一致しない方も多いですけれど、名簿から伝わってくるものがあります。
2016.03.19
 
443) 数え切れない転生の中で、限りなく積み重ねてきた肉という思い。何の疑問も持たずにずっときたんです。
2016.03.18
 
442) 数え切れない転生の中で、限りなく積み重ねてきた肉という思い。何の疑問も持たずにずっときたんです。
2016.03.17
 
441) 「みんな仲良ようになあ。」その思いで、その言葉で、どんなときも締めくくりをされていた田池先生でした。
2016.03.16
 
440) NPO法人UTAの輪のホームページの学びの友からのお便り、岩手の方の友との勉強会、嬉しく拝読させていただきました。
2016.03.15
 
439) 喜びはパワーです。喜びこそがパワーです。喜んで学びを進めていれば、自分の感じている喜びは、本当のところどうであるのか分かってきます。
2016.03.15
 
438) 心を向ける喜びを感じていけば、瞑想をしたくなります。目を閉じて思いを向ければ、心の中から突き上がってくる喜びのエネルギー、温かい温もりをはっきりと感じるからです。
2016.03.14
 
437) 人が集まって何かを始めようとすると、そこには、それぞれの思惑もあり、ちょっとした行き違いの積み重ねにより様々な軋轢が生じます。
2016.03.13
 
436) セミナーは現象中心です。自分の心で感じることを主眼にしています。だから、なるべく全員の方に現象に参加していただき、そこから自分の学びを進めていただきたいと思っています。
2016.03.12
 
435) 自分の中に田池留吉の世界が息づいているということを、瞑想の中で感じていますか。思うことがすべてなんだと心で感じていますか。
2016.03.11
 
434) あと2週間ほどで、第2回UTAの輪のセミナーです。半年ぶりに琵琶湖畔で学ばせてもらえるのを楽しみにしています。
2016.03.10
 
433) お母さんに産んでもらって、今こうして学びに繋がっているんだから、もうどんなに恵まれている私達なのでしょうか。本当に幸せですよ。「私、田池留吉を思ってごらん。」あなたの中に聞こえませんか。
2016.03.09
 
432) 自分の中の中心棒の成長だけを念頭に、日々学んでいきましょう。
2016.03.08
 
431) 「異語を出してください。異語で語ってください。」私は、こんなふうに語り掛けるときが割とあります。
2016.03.07
 
430) 昨日沖縄の方達とともに瞑想をする時間を持たせていただきました。
2016.03.06
 
429) 死ぬまで自分としっかりと向き合っていきましょう。
2016.03.05
 
428) 本当の自分に復活していこうと自分でみんな計画を立ててきたことに納得していますか。
2016.03.04
 
427) 1月の終わりにアメリカ在住の方達とスカイプを使って勉強会がありましたが、そのときに一斉に田池留吉のメッセージを受けてみましょうと3分間試みました。昨日その結果を整理したものをUTAブックさんから送られてきました。
2016.03.03
 
426) 先日のクボハウスでの勉強会のときに、瞑想、田池留吉を思う瞑想、愛、心のふるさとを思う瞑想、母なる宇宙を思う瞑想、アルバート、文言はどれでもいいんですけれど、それぞれが自分なりに定めて、そこに思いを向けて瞑想をする時間を、15分~20分持ちました。
2016.03.02
 
425) 私達を繋ぐものは波動です。波動の中で感じ合い響き合う喜びと幸せを味わっていますか。
2016.03.01
 
424) 意識の世界は言うまでもなく限りがありません。従って最後は瞑想ですという学びについても限りはありません。
2016.02.29
 
423) 今日また志摩へ転居しようかという人のお話を聞かせてもらって、私は内心嬉しいなあと思いました。
2016.02.27
 
422) 思う喜び、思える喜びを味わっていますか。「田池留吉を思って瞑想。」このすごさを心で感じていますか。
2016.02.27
421) 肉を持っている今、喜んで喜んでただ一点を思い瞑想をしましょう。お母さんと心の底から呼んでください。
2016.02.26
 
420) 「自分の中心棒、感じていますか。」心棒です。それは、肉的な頑固で意固地な芯ではなくて、愛に帰りますという心棒です。
2016.02.25
 
419) 私達は地獄の底の底のもっとずっとずっと奥底から、今、こうして一つの肉体を持って這い上がってきたんです。それをいつも忘れることのないようにと思います。
2016.02.24
 
418) 学びについて、学びに関連する肉的なことについて、自分が決断すべき時にはきちんと決断し、それを断行するということでなければ、どんなに学びを一生懸命にしようとしても、どんなに心が敏感で意識を受け語ることができても、それは真実に通じていく道ではありません。従来の他力の中から抜け出せていないということは明らかです。
2016.02.23
 
417) 私達は、いつもいつも田池留吉とともにあります。本当はこのことは、どなたの心にももうすでに伝えてあります。
2016.02.22
 
416) 今。今にすべてがあることを瞑想の中で感じておられますか。今の一点に集約されている意識の世界です。
2016.02.21
 
415) 今はもう何が起こっても決しておかしくない時を迎えています。世の中の色々な狂った出来事を見聞きしながら、やはりどこか他人事のように思っていませんか。
2016.02.20
 
414) 肉の中に埋没してきた私達にとって、ひたむきに真摯に学んでいくということは難しいものです。
2016.02.19
 
413) 従来の条件をクリアすればどなたでも申し込めるセミナー以外に、もう少し人数を絞って、ということは従来の条件にある条件を追加して、ともに学ぼうという場を設けて、ともに喜びの時間を持ちたいと思っています。
2016.02.18
 
412) アマテラス。あなたの中のアマテラス、今どのような状態でしょうか。これからともに歩んでいく喜びを感じていますか。
2016.02.17
 
411) 志摩へ移住しようとする話がちらほら耳に入ってきます。自分自身のことはさておき、志摩へ移住されるという話を聞けば、何か嬉しいです。
2016.02.16
 
410) 自分の中に戻っていこう。自分の中の優しさと温もり、そして喜びに触れていこう。もっともっと知って、触れて、そして信じていきましょう。
2016.02.15
 
409) 来月、3月を皮切りにして、2016年のセミナーが、本格的に始まります。
2016.02.13
 
408) 何度でも、繰り返し、繰り返し感じられるから、心に響いてくるから、この温もりの世界、喜びの世界、ともに行こうといういざない、それらが自分の中の現実だとなってくるのではないでしょうか。
2016.02.13
 
407) 瞑想は退屈ですか。義務であるいは惰性でやっていませんか。
2016.02.12
 
406) 絶対に変わらないものを大切にしてください。絶対に変わらないものとは何ですか。
2016.02.11
 
405) 「嬉しいね。よかったね。思える喜びを知ったことがこんなに幸せだったとは。」自分の外の世界に喜びとか幸せ、温もり、安らぎを求めてきたたくさんの私から、そのような思いが返ってきます。
2016.02.10
 
404) 思う喜び、思える喜びをしっかりと心に広げていきましょう。
2016.02.09
 
403) 「ともに次元を超えていこう」のページ、読んでいただいているでしょうか。時々更新しますので、よろしくお願いします。
2016.02.08
 
402) 私は愛でしたという信が芽生え、それが成長していくにつれて、次元移行は自分の中で現実のものとしてはっきりと響いてきます。
2016.02.07
 
401) 今、瞑想ができる喜びを心でしっかりと感じていきましょう。
2016.02.06
 
400) 下記の文章は、先日のクボハウスでの勉強会のもので、録音したものを書き起こしてくれてメールしてくれました。その一部で、少々長いですが、一読してみてください。
2016.02.03
399) 私達は、250年後、アメリカに最終の転生を持ちます。その舞台設定はすでに整えられています。
2016.02.01
 
398) 大阪とロサンゼルス。直線で約9200キロ、時差は17時間。日本でセミナーがあるからといって、そんなに簡単には参加できません。
2016.01.31
 
397) 喜び、幸せ、温もりを感じるのに、いったい何が必要なのでしょうか。
2016.01.30
 
396) UTAブックのホームページでご存じの方もおられると思いますが、アメリカ在住の学びの人達とスカイプを使って1時間勉強する予定となっています。
2016.01.29
 
395) 思いはエネルギーです。思うことはエネルギーを流すということです。そして、エネルギーだから仕事をします。必ず現象化します。
2016.01.27
 
394) 何だかんだと理由づけをしてみても、本当にするべきことはひとつしかないのです。
2016.01.26
 
393) ともに、ともに歩みを進めていこうという田池留吉からの思いを感じるがゆえに、昨日の学びの友との勉強でも厳しいことしか語れませんでした。
2016.01.25
 
392) 250年、300年に心を向けていけば、今、本当にするべきこと、喜びで伝えてくれると思います。
2016.01.24
 
391) 自分の心のふるさと、愛を捨て去り、忘れ去った私達人間社会は、益々生きにくくなっていきますが、それでも、こうして、今ひとつの肉を持って、自分の心を見ることを伝えていただきました。
2016.01.23
 
390) いい学びの友を作ってください。そして、本当に学びをともにやっていこうと思うならば、学びに関連することで互いに気付いたことは、真っ直ぐに言えるようにしましょう。
2016.01.22
 
389) 肉の世界は、不公平で不平等で、優劣があってというのが当たり前で、だからこそ、その中で競い合い、闘い、雌雄を決することに全エネルギーを傾けてきたんです。
2016.01.21
 
388) 私は、今の肉を通して、田池留吉氏の指し示してくれた方向に自分の針を向けて存在していく術を学ばせていただきました。
2016.01.20
 
387) 肉の世界に軸足を置きながら、私は学んでいます、学んでいるからとやっていませんか。過去はどうであれ、私は学びに触れているのだからと、どこか安直に考えていませんでしょうか。
2016.01.19
 
386) 母なる宇宙が待っています。大きく、大きく心を広げなさい。母なる宇宙が伝えてくれています。
2016.01.18
 
385) 形のない中に本当のことがあって、それは自分の心でしか分からないことであり、また自分の心で感じているものが真実の世界と通じているのかどうなのかも、自分の心でしか分からないとなると、余程しっかりとした中心棒が必要となります。
2016.01.17
 
384) ともに同じ方向を向いて、ともに喜びと幸せを。本当の喜びと幸せと温もりの世界を、波動の世界を味わっていきましょう。
2016.01.15
 
383) 意識の流れに沿って生きていこう、歩んでいこうと、あなたの中は伝えてきませんか。
2016.01.14
 
382) 自分がどれほど幸せな状態であるか、段々と心で分かってきているでしょうか。
2016.01.13
 
381) 「ともに次元を超えていこう」というページを作成しましたので、読んでいただければと思います。
2016.01.12
 
380) 愛を信じていこう。私は愛でしたということは、なかなか、なかなか心から信じることは難しいというのが現状だと思いますが、それでも、日々、淡々と愛を信じていける方向に、喜びの瞑想を続けていきましょう。
2016.01.10
 
379) どうぞ、自分の生活のリズムをなるべく一定にして、肉体細胞の思いに沿っていきましょう。
2016.01.08
 
378) 瞑想は至福のときです。温もり、優しさ、安らぎ、そんな世界との出会いがあるからです。
2016.01.07
 
377) 田池留吉と素直に喜びで、ただただ喜びで呼ぶ、呼べること、思う、思えることだけが、幸せに、喜びへと自分をいざなっていきます。
2016.01.06
 
376) 愛へ帰ろう。愛へ帰ろう。みんなともに愛へ帰ろう。ふるさと、あの優しい温かな広い、広い宇宙に帰りましょう。
2016.01.05
 
375) 私は、月に一度、クボハウスでともに瞑想をする時間をいただいています。
2016.01.04
 
374) ともにある、ともに生きる、ともに歩む、ともにセミナーをする。繰り返し伝えてくるメッセージは嬉しい限りです。
2016.01.03
 
373) みんな、その気になって、本当に自分の残りの時間を見つめながら、その気になって、思いを向ける時間を持てば、どんなに幸せな自分だったか、どんなに幸せな時を用意しているか、自ずと感じていきます。
2016.01.02
 
372) 2016年、申年。そして、酉、戌。2015年田池留吉氏没後、3年くらいの間にセミナーもそう、志摩での仕事もそう、状況が段々と整い、そしてその後は順調に流れていくでしょう。
2016.01.01
 
371) 下記の文章は、田池先生が、「直感」という題で綴られた文章から抜粋したものです。
2015.12.31
 
370) 心の中、意識の世界で出会った波動は、今世の大きな大きな宝物でした。今世、肉を持ったからこそ出会ったものでした。
2015.12.31
 
369) 田池留吉を思う瞑想、喜びとなっていますか。田池留吉を心から呼んでいこう、呼んでいます、思っています、となっていますか。
2015.12.30
 
368) 田池留吉の意識の世界は、田池留吉という肉を脱ぎ捨てて、まさに250年後、300年後に向かって力強く突き進んでいます。
2015.12.27
 
367) 今、私は、月に一度、クボハウスで学びの友とともに瞑想をする嬉しい時間をいただいています。
2015.12.27
 
366) 誰しも、気付き、促しのときを、何度か迎えます。
2015.12.26
 
365) 日々、ゆったりと喜んで心を向ける、思うことが、何よりも、何よりも大切なことであり、それが最高に幸せ、喜びなんだと、本当にしみじみ感じています。
2015.12.25
 
364) 間違った自分は、何度も、何度も出てきます。自分の中に培ってきたブラックのエネルギーは、人を変え、状況を変え、何度でも学習の機会を作ってくれます。
2015.12.24
 
363) セミナーの感想や、ホームページを読んでの感想などを、メールしてくれますが、どの方にも私は殆ど返信していません。
2015.12.23
 
362) ともに、ともに行こう。ともに、ともに、みんな、みんないっしょにひとつになって行こう。そんな思いが田池留吉の世界から伝わってきます。
2015.12.22
 
361) 私は田池留吉です。私とあなたの違いは、肉があるかないかだけです。
2015.12.21
 
360) 戯れ言だと思ってください。今日、自転車に乗っているとき、なぜか、田池先生が亡くなられた日時がしきりに出てくるんです。
2015.12.20
 
359) 今、肉を持たない田池留吉の意識の世界は、文字通り肉に時間を割く必要がないから、ストレートにただただ伝えてきます。すごい勢いで伝えてきます。すごい波動です。言葉に変換してみました。
2015.12.19
 
358) 私は何が嬉しいって、田池留吉の肉を通して、アルバートの波動と出会ったこと、これほどの喜びはありません。
2015.12.18
 
357) 2015年、平成27年。まもなく終わりますが、節目の年でした。UTAの輪が始動し、田池留吉、アルバートの世界に標準を合わせ、宇宙の友としっかりと愛へ向かって、一歩、一歩喜びの道を進んでいくことを改めて確認して、昨晩の瞑想を終え、今朝、ホームページを更新しています。
2015.12.17
 
356) 田池留吉を思う瞑想をしっかりとやり続けていますか。あなたの中に伝わってくるものはどんな思いでしょうか。
2015.12.16
 
355) 私は、田池留吉、アルバートとともに歩む、存在していく意識であると自分に目覚めています。だから、それに抵抗する思い、反抗勢力が自分の周りにあれば、さっさとそのようなところから離れていきます。
2015.12.15
 
354) 私達は喜びです。愛ある中に存在していることを感じてまいりましょう。
2015.12.14
 
353) 2016年のセミナー予定を報告します。3月、6月、9月、12月のUTAの輪セミナーの他に、50名、または200名規模のUTAの輪セミナーを5月、7月、8月、10月、11月に開催します。
2015.12.13
 
352) 一人で瞑想、あるいは学びの友と瞑想を継続されていると思いますが、あなたの瞑想は変わってきましたか。
2015.12.12
 
351) 田池留吉の肉があってする学び。そして、そこから田池留吉の肉がなくてする学びへ移行した2015年。
2015.12.11
 
350) どうぞ、それぞれが本当に真剣に真摯に自分のこれからを思ってください。
2015.12.10
 
349) 私は田池留吉です。はいどうもありがとうございます。ともに、ともにセミナーをさせていただきました。
2015.12.09
 
348) 5日、伊勢志摩ロイヤルホテルへ行くために乗車した近鉄特急の中で、田池先生が亡くなられたと一報を受けました。
2015.12.08
 
347) ひとつ、ともにともにという題をつけて、UTAブックさんが作ってくれた日めくりカレンダーの裏に、思いを書いてくれた田池先生です。
2015.12.05
 
346) 私はあなたの中にあります。私は田池留吉の意識。ともに、ともに歩んでいく意識です。愛を目指して、私達はともに歩んでいきます。
2015.12.04
 
345) 自分の中に帰っていく、戻っていく、戻っていける喜びと幸せを、日々の瞑想の中で味わっていますか。もうまもなく、第4回UTAの輪のセミナーです。
2015.12.03
 
344) 確かに田池留吉の肉体はまだそこにあります。しかし、もうすでに意識はその肉体を離れていると、数週間前から伝わってきていました。
2015.12.02
 
343) 今のその肉体を持っているあなただけがあなたではないことを、もうそれぞれ本当に自分の心で感じていってください。
2015.12.01
 
342) 心を外に向けるのではなく、中に向けたとき、自分を感じ、そして自分の中から湧き起こってくる喜びであるとか、温もり、優しさを何度も、何度も体験し、思えば通じる意識の世界を確認できることが、幸せなことではありませんか。何もなくても、思える心、思う心があります。
2015.11.30
 
341) 私が広げてきた宇宙達。こうして一つの肉を持ち、温かな優しい温もりを伝えることができて嬉しいです。
2015.11.29
 
340) 皆さん同じだと思いますが、私には瞑想をすれば、いつも心に響いてくる思いがあります。それは今世に懸けてきた思い、強い決意です。
2015.11.28
 
339) 心の揺れ、ざわつき、沈み、あるいははしゃぎ。心を見ることを学んだ方ならば、瞬間、瞬間の自分の心の動きに着目して然るべきでしょう。
2015.11.27
 
338) 瞑想を楽しんでいますか。温かな優しい喜びの波動を感じていますか。
2015.11.26
 
337) 肉の中で、肉に生き、肉にまみれ、肉に溺れ、肉に沈み、それでもそれが日常だったから、何の不思議もありませんでした。苦しみは、悲しみはどこから来るのか。肉にあるとは思いもしなかったことでした。
2015.11.25
 
336) 一人ひとりが素晴らしい存在であることを伝えてきます。もちろん、それは肉、形を言っているのではありません。
2015.11.24
 
335) 第4回UTAの輪セミナーに、田池先生が来られることは、残念ながらありません。
2015.11.23
 
334) 私は、セミナーを20年間と田池先生から言われていますので、その通りにやっていきます。
2015.11.22
 
333) 瞑想をする喜びと幸せを、一人でも多くの方が、本当に自分の心で味わい尽くしていただきたいと心から思います。
2015.11.21
 
332) 私は思えば喜びです。あなたはどうですか。私は田池留吉、アルバートと思えば喜びなんです。
2015.11.20
 
331) 目を閉じて思いを向けていくことができるのは、喜びであり幸せなことです。
2015.11.19
 
330) 日々、心は穏やかでしょうか。田池留吉を思い、愛を思い、意識の流れを思う瞑想を継続していますか。
2015.11.18
 
329) 瞑想の中で、ふっと肉体細胞と出てきたので、そのまま思いを向けてみました。
2015.11.16
 
328) これは決して田池先生の本意ではないけれど、私は、もし在宅医療が可能な状態になったときは、即そうしていただきたいと思っています。
2015.11.15
 
327) 思えば出会えている、そんな喜びが広がっていきます。
2015.11.14
 
326) 田池先生の現状は、捗々しくないです。想定外だという思いは出ますが、中から伝わってくる波動は全く違います。
2015.11.13
 
325) 自分の中にすべてがあることを、一日も早くしっかりとはっきりと分かってください。
2015.11.12
 
324) ともに歩みを進めていきましょう。2015年、ひとつの大きな局面を迎えています。
2015.11.11
 
323) 田池先生の現状をご報告したい思いに駆られますが、おそらく先生は、今、自分の生まれてきた意味を自分の中で知る前の50年間の最後の反省をする時間を持っておられるのだと私は思っていますから、もう少し静観します。
2015.11.10
 
322) 夫婦で、あるいは友と瞑想をするのはいいことです。しかし、それと並行して、いいえそれ以上に一人で瞑想をする時間をしっかりと確保してください。
2015.11.09
 
321) 今、肉的に不幸せであるとか、何をやってもうまくいかない、今の環境、肉的なことに不満がある、苦しみがある、悩みがある、だから現実逃避的な思いで、縋る思いで、今をリセットしたくて、学んでいこうとしている人はおられませんか。まずそういう人は学べないでしょう。
2015.11.08
 
320) 12月開催の第4回UTAの輪のセミナーに、田池先生が来られる予定となっていますが、その予定が少々厳しくなってきました。
2015.11.07
 
319) あなたは種水を持って瞑想をしていますか。特にということはありませんし、強制でもありませんが、種水を持って瞑想をしてみるのもいいですよ。
2015.11.06
 
318) 心は揺れるものです。揺れ動くから心なんです。肉を基盤とする心に不動はあり得ません。
2015.11.05
 
317) 「あなたが信じるものは何ですか。肉ですか。それとも意識ですか。あなたは心を中に向けていますか。中にある本当の自分の思いと出会っていますか。それはどんな思いでしょうか。どんな世界でしょうか。」
2015.11.04
 
316) 私は、これまで自己確立の重要性を強調してきました。これからも変わりはありません。自己確立こそ最重要課題です。
2015.11.03
 
315) 私は、セミナー会場で、あるいはクボハウスで、ともに瞑想をしましょうと呼び掛けていますが、そのときの思いは文字通りともにという思いなんです。
2015.11.02
 
314) 繰り返しになります。しかし、私の心に伝わってくるからこれからも何度も伝えるでしょう。
2015.11.01
 
313) 心を中へ向ける大切さを強く思います。自分の中にすべてがあったことを、どなたも一日も早く自分の中で確信することが何よりも大切なんだと思います。
2015.10.31
 
312) 季節は巡り、2015年もあと2カ月を残すだけとなりました。本当に時の経つのは速いです。自分自身の学びも折り返し点をすでに通過しています。
2015.10.30
 
311) 何を信じていけばいいのか、これだと確信するところまで、ご自身の学びは捗っていますか。心をきちんと向けていけば、きちんと応えてくれることを実感していますか。
2015.10.29
 
310) 12月開催の第4回UTAの輪のセミナーには、田池先生がある目的のために出席される予定です。
2015.10.28
 
309) 思う喜びとか大切さ、思える喜びとか大切さ、そういうことを知らずに、心を外に向けたまま時間が過ぎ去っていく人生でなくてよかったと思っています。
2015.10.27
 
308) 私は自分が何をしたいのか、するべきなのか、どの方向を向いて生きていけばいいのか、もうすでに自分の中から確実に伝わってきています。
2015.10.25
 
307) 自分の心を見ることだけに専念する。一生懸命に自分の心を見る。それでも私達に残された時間は充分ではないと感じます。
2015.10.24
 
306) 時の経過とともに状況が変わる、事情が変わる、変更を余儀なくされる。そしてそれとともに心は動き、一喜一憂の中で時間が流れていく。
2015.10.23
 
305) 私達の心の中にはまだまだ教祖と信者のエネルギーが残っています。
2015.10.22
 
304) 正しい瞑想ができる今こそ喜びです。どうぞ、正しい瞑想を繰り返しながら、健やかに生きてまいりましょう。
2015.10.21
 
303) やはり何と言っても瞑想、正しい瞑想の精度を高めていくことに尽きます。
2015.10.20
 
302) 肉でまみれた転生の数々。膨大な時間を経てきたから、肉から意識へ転回していくには大変厳しいです。
2015.10.19
 
301) 昨日、クボハウスで4グループに分かれての種水の判定が無事終了しました。合計121名の方とともに種水の転写、反転のお勉強をさせていただきました。
2015.10.18
 
300) いつも、どんな時も自分の中に戻っていこう。自分の中に戻っていける喜びを広げてください。
2015.10.17
 
299) 楽しみながら喜んで学びを進めていきましょう。愛を思い、宇宙を思い、母を思い、田池留吉、アルバートと心から呼ぶ。呼べる幸せ。異語で語り、波動の中でひとつを感じ、ともにある喜びと幸せ、温もりを感じる。みんな自分の中の出来事です。
2015.10.16
 
298) 本来肉など持つ必要のない意識の世界が、肉という形を持って来てくれたのが、今世でした。
2015.10.15
 
297) 愛へ帰る道、自分の中に見つけていますか。しっかりと自分の中に道筋がついていますか。
2015.10.14
 
296) 肉から意識へ、そして愛へ愛へと方向を転換していく難しさは否定しませんが、それをやっていく以外にないことも事実です。
2015.10.13
 
295) 日々、目から耳から、様々なニュース、情報が飛び込んできます。
2015.10.12
 
294) 要は愛へ帰る道をしっかりと自分の中に見つければいいんです。
2015.10.11
293) 「人生は喜びです。私は愛でした。」中からふつふつと湧いて出てきていますか。
2015.10.10
 
292) 喜んで生きていく姿が本来の私達の姿です。何があるから嬉しい、何がないからどうとかというのは、違っていました。
2015.10.09
 
291) 昨日も、私は嬉しい体験をさせていたただきました。
2015.10.08
 
290) 自分に心を向ける。つまり心を自分の中に向けることがどんなにすごいことであり、喜びであるのか、それは心で知らなければ絶対に分からないことです。
2015.10.07
 
289) 私達は自分の中に戻っていくしか道はありません。
2015.10.07
 
288) 私達はひとつ。そう伝えてもらっていたのは、今に始まったことではありませんでした。
2015.10.06
 
287) 瞑想をすると心から噴き上がってくる思いでした。嬉しい。田池留吉とともにある喜びは、すべての意識達に流れています。
2015.10.05
 
286) 本当にこれだ、これしかないと思っているならば、素直に真摯に自分の心を見て、自分が愛だったことを本当に信じられるように学びの一歩を進めてください。
2015.10.04
 
285) 肉としては起こってほしくないことが図らずも起こってしまったとき、まずその事実、現実を自分の中で受け入れることが苦痛です。
2015.10.04
 
284) 今朝も清々しい朝。清々しい朝だと思うのは私だし、喜びを感じていくのも私。
2015.10.03
 
283) 時間がたっぷりとあるから心をしっかりと見ることができるとは限りませんが、少なくとも、多忙な生活では心を見るとか、瞑想をするとかという習慣が定着していないと思います。
2015.10.02
 
282) 心を向けることができる、向け先を知っている、こんな幸せなことはありません。
2015.10.01
 
281) 第3回UTAの輪のセミナー、ありがとうございました。自分なりにともに学ばせていただきました。
2015.09.30
 
280) どのような時間を過ごしていくか、何に重点を置き、何を大切にして、何を思って生きていくか、全部自分の選択です。
2015.09.27
 
279) さあ、明日からUTAの輪のセミナーです。ともに喜んで心を向けていきましょう。
2015.09.26
 
278) 日々、ゆったりとそして生活を楽しみながらも、心は一点から離さずにしっかりと見て、いつも自分の中に戻り、自分の中を確認する毎日でないとダメだと私は思っています。
2015.09.25
 
277) 私は、朝、目が覚めて身体もそろそろ動き始めた頃、ふっと思うと何か嬉しいという毎日です。
2015.09.24
 
276) 今日でシルバーウィークも終わり。たっぷりの瞑想の時間を持たせていただいたことに感謝です。
2015.09.23
 
275) 真っ直ぐに自分の決めてきた道を行こう。愛へ帰る道、自分の中に見えていますか。
2015.09.23
 
274) 意識の世界は、単純明快なんです。明るいか暗いかです。
2015.09.23
 
273) 学びをしっかりと遂行していくためには、体力、気力が必要です。
2015.09.22
 
272) どんなに学びのことについて説明を受けても、そして耳から聞いて、なるほどそうだと思ったとしても、それはその時限りです。
2015.09.22
 
271) 第3回目の種水の判定も終了しました。
2015.09.22
 
270) 心で本当のことに出会えず、本当のことが分からず、人生の幕をまた引いてしまう人が殆どです。
2015.09.22
 
269) 何と言っても、自分を信じられることが一番幸せなことです。
2015.09.21
 
268) 淡々として粛々として心に感じる世界に生きていくことを伝えてきます。
2015.09.20